ペットフードリコール

先週末近所のペット用品屋に買い物に行った際に、キャットフードの棚の一部がごっそり空になっているのに気づいた。そこには張り紙が一枚。
『Recall Cat Foods』
リコールだ。全然知らなかった。と、その翌日あたりからテレビのニュースでも連日その話題でもちきりになった。被害は予想以上に大きかったようだ。すでに犬1匹猫9匹の死亡例が報告されている。
製造会社はMenu Food’sというカナダの会社で、多くのメーカーに商品を卸していたとのこと。サイエンスダイエット、アイムス、ニュートロなどおなじみのブランドもたくさんある。リコール対象商品は、猫用だけでも40品目。
許せないことに、リコールが発表になる前にすでに7匹のペットが死亡していたそうだ。ひどい話だ。事件発覚後Menu Food’s社の株価は大暴落している。こんな会社潰れてしまえばいいのに。

原因はこちらのABCNewsのサイトによると次の通りで、ペットフードに使われていた小麦グルテンがカビに汚染されていたのではないかという。ちなみに小麦グルテンというのは、人間用にもいろいろな食品で普通に使われているものだ。
Monday, the Food and Drug Administration said it believes that the wheat gluten used in the pet foods may have somehow become contaminated with mold or another toxin. The ingredient was used in plants in Kansas City and New Jersey.
(※FDA(US Food and Drug Administration)のサイトはこちら

対象商品は”cuts and gravy”スタイル(汁気の多い角切り肉のようなタイプのもの)の缶かパウチタイプのフードで、12/3〜3/6までに作られたものだ。販売されていたのはアメリカ・カナダ・メキシコ。これらの商品をテストしたところ、40〜50匹中10匹が死亡したとの報告もある。死亡だけではなく、腎不全など突如具合が悪くなったりもする例も多くあるようで、ここまでいくと、もはやフードではなく毒そのものといえよう。これが人間の食品だったらさぞかしもっと大騒ぎになるだろうに。

テレビでは連日新たな被害にあった猫や犬、その飼い主が報道されている。先ほどもローカルニューで、ぐったりする愛猫の前で泣き崩れる飼い主のインタビューをやっていた。知らずに自ら毒入りの餌をやってしまった飼い主の心境を思うと、かわいそうでならない。「この猫は、私の家族なのよ。私の子供なのよ」と訴える様子は見ていて私も涙がでてきてしまう。ペットの食欲がなくなったり、吐いたり、水を突然たくさん飲みだしたりしたら、すぐに動物病院へ連れて行くようにとのこと。

すぐに我が家の猫缶入れをチェックしたが、幸い対象商品はなかった。もう誰かがチェックしているとは思うが、次にボランティアに行ったら、そこももう一度全部調べなくては。こういう話を聞くと、手作り餌にしたほうが安心でいいかもなぁと思う。
きみたちが大丈夫でよかった。 → 猫にごはん

24件のコメント

  1. 嫌なニュースですね~。信じて食べさせてるのにね。既製のものに慣れてしまってるから今更手作りにしても食べない気がしますが(^_^;)
    ソフィーちゃんとノアちゃんの幸せそうな食事風景!対象品を食べさせてなくて良かったね。
    ロッタはサイエンスダイエット一辺倒で、おやつ代わりに缶詰を与えてます。高齢になってきたせいか、最近缶詰の消費量が増えて、しかもお気に入りのキャラット(まぐろ白身)ばかり食べてます。でもこれを食べるようになってから水を飲む量が増えて→排尿の回数が増えた→砂の消費量が増えた→不経済(笑)という状況です。でも元々1日1回の排尿(便は3日で2回位)という習慣で10年以上健康に過ごしてきたんで、今の1日3回位が普通かもね。
    老衰でってのは仕方ないけど、不測の事態というのはあって欲しくないですね。(。-_-。)
    *ちょっと照れながら@nekoを付けました(笑)

  2. うちの娘はアイムスを主食にしてますが、元気にモリモリ食べているので健康被害はないようです。(そう思いたい。)
    サイエンスダイエット、アイムス等高価なフードなら安心と思ってたのでショックな事件です。

    ソフィー&ノアちゃんはご飯の取り合いとかしないんですか?
    かわいい写真ですね♪

    ↑ ロッタちゃんの排尿にはビックリです。
    普通はそんなに少ないものなのですか。。。
    ウチの娘は1日=1回の便&尿4回。人間と変わりありません。

    * 綿菓子機は家族の転職祝いでプレゼントしたものです。
    なぜにそんなものを欲しがったのか、私も理解できません。。。

  3. 手作り猫のえさというと、ワルシャワでクロネコを飼っていた人の
    エッセイで「鱈とにんじんをすりおろしたものを煮た」の
    だったかしら、それを与えるよう依頼したってのを思い出しましたニャ。
    ドライフードはお手軽で健康的と思っているので、今回の
    リコールはびっくりですね。
    ドライフードが普及し始めた頃、ショップの張り紙に
    「カビが生えたのを食べると猫が下痢をする」からと必ず
    密閉して欲しいとありましたニャ。
    原材料にカビが生えてると、どうにもにゃらにゃいですねえ。
    あ、最近起こった「不二家騒動」に近いものがあるかも。
    noirさんちのかわいいコに被害がにゃくて、幸いでしたニャ。
    ボランティア先の猫たちのご飯はだいじょぶでしたかニャ?

  4. こんばんは。信じられない事件です。ネコさん達、苦しかったでしょうに。

    アラブにいたときに、フードの保存状態が悪そうなので一度
    手作りにしようと思ったことがあります。でも、生も
    ?なことが多い事情もあったため、乾燥フードを選んでました。気温50度ですのアラブですと、輸送中に(コンテナ)で
    熱くなるようで缶詰でも「変質」しているものもありました。
    今後、そんな心配をしないでフード選びをしたいものですよね。
    アラブ時代は、ピュリナのカリカリ。日本では、ピュリナ系
    モンプチとドライとウェットに落ち着いています。
    うちのキキは、一日一便・4尿です。

    ソフィちゃん、ノアちゃん♪美味しそうに食べてるねぇ。

  5. 食べて亡くなったネコちゃんワンちゃん、そして飼い主さんのことを思うと、本当に涙が出てきますね。
    私だったら半狂乱になります…
    商品テストで、死亡してしまった実験台の動物も可哀想で涙が出ます…
    人間の食べ物だったら、ちょっと異常が出れば大騒ぎになるでしょうに、ペットの場合だと、そこまでならないのかな?と思うと、やるせなくなりますね。
    小さな体だから、ほんの少しの有毒成分でも、ダメージを受けるんですよね。うちのマーシャに与えている喘息の薬の量を見ると、つくづく「ネコは体が小さいんだなぁ」って思いますもの…鼻息で飛んでなくなってしまいそうな程少量なんです。
    モノを言えないペットに与える物だからこそ、原料の管理等には徹底していただかないと…
    何を信用していいか解らなくなりますよね(–;

  6. 本当にビックリなニュースですが、規制がゆるく、変なものがたくさん入っている事の多い市販のペットフード(サイエンス・ダイエットも動物病院で取り扱ってるワリには、内容を見ると肉の副産物だとか色々入ってますもんね)、こういう事態になるのも、時間の問題だったのかも。 今回はペットフードを食べてすぐ症状が出てますが、長い間食べ続けて毒が体に溜まったり、っていうケースもあるのでは?と思ってしまいます。 猫さん犬さんのご飯選びは慎重になりますよね。 うん。 

    私も、テストに犬・猫が使われるなんて、とニュースで聞いたときはショックでした。人間だったら、こんな人体実験はされないのに・・・。 こんな会社、最悪だーーー!

  7. うめこはパテタイプが好きにゃのに、この前たまたま間違えて cuts and gravy style を買ってしまったのだにゃ。
    それがリコール対象のサイエンスダイエット(製造年月日がちょっとだけずれている)。
    1缶全部食べてしまった直後にTVのニュースで知ったのだにゃ。
    ちょうどうめこが外に遊びに行って、帰りが遅いにゃーと思っていたところだったので、
    どこかで倒れているのではにゃいかと慌てたのだにゃ。
    大手メーカーだからと思って安心していたのに、ひどい!
    世の中の犬猫飼いはみにゃ焦ったと思いますニャ。
    ノアちゃんソフィーちゃんは大丈夫で良かったですねー。
    これからどこのペットフードを買うべきか迷ってしまいますにゃ。

  8. にゃんということでしょう!うちの野枝がキャットフードのせいで具合が悪くにゃったりしたら、わたしも半狂乱でございます!!
    ノアちゃんとソフィーちゃんの美味しそうにゃ食べ方!
    ふたりとも幸せにゃんだね~、すてきにゃ人にもらわれてよかったね!とくにソフィーちゃんのつぶった目がとても可愛い!
    ノアちゃんの表情(とても真剣にゃまにゃざしでどこかを見ている)も素敵ですぅ。

  9. いつからかワタシの頭は 「人間の食べ物は与えちゃいけにゃい」 とか 「ドライフードが一番良い」 とかっっていう、思い込みで概念だらけににゃっていましたニャ。だけど、違うんですよね~。キャットフードにゃんて何が入ってるか、どんにゃ食物が原材料かにゃんて、消費者の自分には分かるはずにゃいんですから・・・そう考えると、こういう事件も起こるべくして起こった、って感じがしますニャ。毎日添加物だらけのご飯を食べるより、手作りで自然にゃ物を食べる方がきっと幸せですよね~。

    ちにゃみに我が家は、タケゾウがカリカリ大好きで^^;レトルトも嫌いにゃんですよね。。。。
    困ったやつだ・・・・って育てたのはアタシか・・・・(汗)
    タケゾウの手作り食移行は諦めてマス・・・・TT

  10. 非常にショッキングにゃニュースにゃのですが、日本では全く報道されていにゃいのですよね…。にゃんでにゃのかしら??
    ペットショップでニュートロの缶詰(勿論ラベルは英語)を扱うお店は多いので全く関係のにゃい話とは思えにゃいのだけど…。
    どうも気ににゃりますニャ。

    世の中知らにゃいだけで、意外と恐ろしいことが当たり前のようにまかり通っているのかも?

    手作りも考えましたが、にゃかにゃか踏み切れにゃいですニャ。
    手作り(本当にその会社が手作りしている)を謳ったキャットフードに変えようかと思ったこともありましたが、尿路疾患に罹ったことのあるおじさんにゃので、どうも抵抗があって…。

    TB、こちらからも掛けさせていただきました!

    ちょっと凹む話題にゃので、ネコ語にしてみました(笑)

  11. まあ!ひどいことがあったんですね。
    死者(=^・^=)まで出るなんて・・・。
    体の小さい猫には、少しのことでも大きな影響がでますからね。
    怖い話しです。
    うちは、ロイヤルカナンウォルサムのPHコントロールのみを
    (療養食を必要でない子も)全員で食べてるのですが
    心配になってきました。
    手作りご飯を試みたこともあるのですが
    4(=^・^=)の好みもバラバラだし、何よりも
    味付けのないものを頑固に食べないので挫折してしまいました。
    例えば
    塩気のない生鮭を焼いたり煮たりしても絶対に食べないくせに
    私の食べてる塩鮭は食べたがるんです。
    目を離したスキに
    全員で、みたらし団子のたれに群がって舐めていたくらい
    甘辛いものが好きなようです。
    もちろん食べさせませんけどね(^^;;
    猫の食事の管理も難しいものです。

  12. 怖いニュースですねぇ。チップとタンクには、いろいろな缶詰をその日の気分であげているのですが、中にはアイムスの缶詰もあります。本当に怖いな・・・。

    殊にペットフードとなると、人間が口にする物と比べて、規制などもいい加減なことが多そうですね・・・。ペットを飼っている身としては、その辺の不透明さが怖いです。

  13. 許せない!
    こんなひどい物を売っていたなんて。
    サイエンスダイエットも対象。と読み、
    うちは缶も粒もなので、思わずフードストックに走りました。
    結果、しっかり対象になってました。
    それに..もう何缶も与えてしまった後でした。
    無知過ぎる自分に腹が立つのと同時に、すごく心配です。
    歳なので週に1度くらいは嘔吐があるんですが、
    様子を見て続くようなら病院に連れて行こうと思います。
    実験台になった犬や猫たち。
    飼い主の前で殺されてしまった子たち。
    考えるとやりきれないよね。
    これから、何を信じてどこの物を買い与えればよいのか。。
    もうまるっきり分かりません。
    noirさん、教えてくださって本当にありがとう!

  14. こんにちは。はじめまして。
    ペットフードのリコール問題をネット上で追いかけていて
    こちらにたどりつきました。
    私のブログにいらした方にも、なるべくたくさんの情報を提供したいと思い、
    初対面(?)なのに、図々しいかと思いつつ
    こちらのリンクを貼らせていただきました。

    何か不都合があれば、お知らせ下さい。

    noirさんちは2ニャンなのですね。家は3ニャンです。

    今度はネコ語書き込みをしに、また遊びに来ます。

  15. >ロッタのママンにゃん
    ロッタちゃんはすごく排泄がすくない猫なのですね!
    10年以上そのペースということは、もともとそういう体質
    なのでしょうねぇ。缶詰で水分増えて、排泄が増えたので
    しょうね。うちの猫たちは2匹とも、一日=1回便&尿3回
    です。
    サイエンスダイエットは獣医もおすすめの(ほんとに勧め
    られたことがある)フードだったのに、このニュースは
    けっこうショックです。対象のものがうちにはなくて、
    幸いでしたが、被害にあった動物のことを考えると、
    かわいそうでなりません。
    ネコ語、変換されておりませんでしたね(涙)。たぶん@
    マークが全角だったためと思われます。これに懲りずに
    またネコ語チャレンジしてくださいましね~(T_T)
    ママンさんが
    照れながらコメント入力されている様子を想像し、ほの
    ぼのした気持ちになりました(^o^)丿

    >えりぼのさん
    ほんとですよねー。サイエンスダイエット、アイムス、
    ユカヌバ、ニュートロ、どれも他と比べて高価で獣医も
    おすすめのフードだったのに、こういうニュース聞くと
    裏切られたような気分になります。自社で作ってないの
    ですものねぇ。信用ならないなぁ。
    うちの猫たちもだいたいビンガちゃんと同じくらいの
    排泄です。猫によって随分違うものですねぇ。
    いつもノアが自分のだけでは足らずに、ソフィーのご飯
    を奪うので、近くで食べるときは人間の監視付きです^^;
    写真でみると仲良さそうでしょ(笑)。
    転職祝いに綿菓子機!ますます不思議です~。

    >momomoにゃん
    手作りの餌のほうが確かに安全だろうとは思うのですが
    栄養バランスとして、ドライフードが一番よく考えられ
    ているのだろうと思っているのですよ、私。
    しかし今回缶詰の製造工程に問題があった、と聞くと
    ドライフードも決して安心できないなぁと思ってしまい
    ますねぇ。いったい何食べさせればよいのだ。
    ドライフードの場合、開けてから時間がたつと酸化して
    体によくないと聞いたので、密閉容器に入れて、古いのは
    捨てるようにしております。
    幸いうちの猫たちは大丈夫でしたが、今までに何度も
    あげたことのあるメーカーだったので、けっこうショック
    です^^;
    お蕎麦ちゃんとうとう全身の姿を見せてくれるように
    なったのですね♪もう少し(^o^)丿

    >アラブの猫にゃん
    ひどい事件ですよねぇ。人間用の缶詰だったらもっと
    大ニュースになったろうに、扱いが小さすぎるように
    思えてなりません。
    気温50℃にも耐えられるように、そんなデリケートな
    製造はしていないように思えますものねぇ^^; 缶詰でも
    変質したりするのですね!そういえばアメリカに来て
    人間用の缶詰で、いかにもヘンな色のものがあったり
    するので、油断ならないと思っていたのでした。猫のも
    気をつけて見ないといけませんねぇ。
    ほんとに、心配なしであげられるフードがどこかに
    ないものか…(T_T) 

    >にゃうちろさん
    そうなのですよ。うちの猫たちは幸い大丈夫でしたが
    もしフードのせいで死んでしまったりしたら、と想像
    するだけで怒りが込み上げてまいります。
    インタビューされていた猫の飼い主の女性、ほんとに
    かわいそうでした。重態の猫だったのです。今ごろ
    どうしているか…。
    商品テストで、キケンだと分かっている餌を食べさせられた
    動物のことも、かわいそうでなりませんねぇ。死んだのは
    何匹、などと数だけで表現されているけど、その一匹
    一匹がかわいい生き物だったのに…。
    にゃうちろさんのおっしゃるように、もの言えないから
    いつもと臭いが違うとか、少し味が違うとか、全然
    分からないですものね。小さな体に及ぼす影響を考える
    と、メーカーにもっと責任の大きさを認識して欲しいです。

    >雅子さん
    拓ちゃんのは大丈夫だったのですね。よかったです。
    フード選びはほんとうに慎重にならなくてはいけません
    ねぇ。今回は、獣医もすすめるような一流メーカーの
    フードだったのに、ひどい話です。こういう事件を
    みると、やっぱり自分で作ってあげるのが一番よいの
    かもなぁと思ってしまう…。うー、絶対うちのピッキ-
    猫たち食べなさそう…(涙)。
    キケンだと分かっているフードを食べさせられて、実験
    された動物たち、本当にかわいそうです。このカナダの
    会社、先日チェックしたとき株は大暴落しておりましたが
    とっとと潰れてしまえばいいのに、と思う反面、そう
    すると責任追求はどこへ?とそれもまた心配です(T_T)

    >マルコにゃん
    あぁぁ、うめこちゃん危なかったですねぇ。製造年月日
    のチェックができてよかったです。しかし、去年の12月
    から作られていたものだから、もしかしてうちだって
    すでにあげてしまっていたのかも、と思うととても
    不安になります。
    サイエンスダイエットなんて一番安心そうだったのにねー。
    うめこちゃんのも、あんこちゃんのも大丈夫でなにより
    でした。これから、どこのものあげようか、悩みますねぇ。

    >Karine-Kにゃん
    この2匹並んでいる写真、まるで仲良さそうに見えますよ
    ね(笑)。2匹が並んでご飯食べている様子を見ていると、
    私もいつも幸せを感じます~。ほら、他頭飼いもいいな
    と思うでしょ~(と誘惑してみる。笑)。
    キャットフード選びには、今後ますます慎重になります
    ねぇ。私も自分の猫たちが具合が悪くなったら、と考え
    るとそれだけで、心の底から怒りが込み上げてまいりま
    す~(T_T)

    >ヤヨイにゃん
    私もまったくヤヨイにゃんと同じ考えです。
    ドライフードが一番栄養バランスよく考えられていると
    思っているので、ドライだって何が入っているか、と
    考えると心配になります。消費者は一流メーカーだから
    と高いフードを買ったりするのに、結局作っていた
    のはどこか別の会社で、いくつものメーカーに卸して
    いただけなんて、裏切られたような思いです。手作り
    が安心だとは思っても、それにもどうも踏み切れない…。
    ソフィーもタケゾウちゃんと同じく、ドライのほうが
    好きなのですよ。困ったものです~(T_T) 

    >がらにゃん
    おじさんは、尿路疾患になったことがあるのですね。
    そうするとドライよりも缶のほうがいいのでしょうね。
    どのフードがよいのか、本当に迷いますよね。手作り
    がよいと言われても、猫の栄養バランス考えると、やっ
    ぱりドライのほうがいいのかとも思ってしまうし。
    好き嫌いの多い猫の好みを考えると、ますます踏み切れ
    ないです~。
    TBありがとうございます!
    猫にごはんにTB送るとエラーになると、よく人から
    言われるのですが、がらにゃんのはいつも上手くいく。
    相性がいいのかしらね私たち(笑)。うふ♪

    >マオさん
    マオさんのところは、ロイヤルカナンなのですね。
    あのフード高いでしょう。ボランティア先でも病気の猫
    たちにだけあげております。
    今回のリコール対象のフードは、獣医おすすめ、などと
    言われる一流メーカーのものも含まれていたのが
    とてもショックです。
    手作りご飯を試されたこともあるのですね。分かります
    よ~。うちの猫たちも非常に好き嫌いが激しいので
    がんばって作っても、絶対食べてくれなさそうです(T_T)
    >>目を離したスキに
    >>全員で、みたらし団子のたれに群がって舐めていたくらい

    あははは。まるで蟻のようですね。甘辛好きな猫っている
    のですねぇ。みなにゃんが群がって舐めていたその様子
    を想像すると、かわいくて叱れなさそう~(笑)。私
    だったら、まずはカメラを構えそうです^^;

    >matthewさん
    チップちゃんたちの缶詰は大丈夫でしたか?
    小さな体に及ぼす影響を考えると、缶詰ひとつといえ
    ども安心できませんよね。今回のリコール事件は、テレ
    ビやペット用品店で注意を喚起しておりますが、まだ周
    知されていないようで、被害が拡大しないか心配して
    おります。
    人間の食品だったら、もっと大騒ぎになるでしょうに。
    メーカーも重大な責任をきっちり認識して欲しいですよね。

    >sunnyさん
    あぁ、対象の缶詰があったのですね。大丈夫でしょうか。
    さぞかしご心配されていることと思います。
    うちは幸い餌箱には入っていなかったものの、製造日
    昨年の12月以降、と言われると、もうすでにやってしま
    ったものもあるのではないだろうかと、不安です。
    そしてうちもノアが、吐き猫なので、吐くというだけ
    では全然具合が悪いかどうか分からないのです(涙)。
    ニュースにでていた獣医さんは、吐いたり、食べなく
    なったり、水をたくさん飲んだり、排尿が突然増えたり
    したら、すぐに病院へ連れてくるようにと言っており
    ました。お互いよく様子を見て、気をつけるようにいた
    しましょうね。
    何事もないことを心より祈っております^^

    >ソレイユさん
    はじめまして。初コメントありがとうございます。
    リンクでご紹介いただきありがとうございます。
    リコールの事件は、犬猫飼いにとっては本当に恐怖の
    事件です。少しでも多くの方が耳にし、注意をして
    いただけたらと思います。
    ソレイユさんは3にゃんなのですか。いいですねー。
    そして素敵なサイトですね♪のちほどゆっくり拝見させ
    ていただきます~。これからもどうぞよろしくお願い
    します!

  16. こわいですね。
    昔と較べて品質管理が向上したはずなのに、まだこういったことが起きてしまうなんて・・・。
    被害にあった動物と飼い主さんのことを思うと、気の毒でなりません。

  17. ホテルでつにゃがらにゃいネット相手に苦闘してますこるーですー。猫はいただいたおざぶで今もグースカ寝てます^^

    にゃぜか一日目は色んにゃサイトが見れたのに、二日目からエキサイトもだめ、gooもだめ、、、ほとんどのサイトがひらかにゃいーーー。
    アメリカのシステム、謎だにゃー。ここに来れてとっても嬉しいです(=孤独)。

    フード、、、うちもローテーションであげてた(=たった今、あげてる)のがずばり入ってまして。ありがたいことにここんとこは新たに買ってにゃかったので、時期は違いましたが、不気味にゃので全部捨てましたニャ。

    おかげで、この期に及んで、今日は餌を買いに行ってきましたニャ。。。りるおはツナ味、それもパテ系が嫌いにゃので、結果的にプレミアムにゃタイプに。。。たっかー。帰国したらまじに生食を考えよう、と、思う今日この頃ですにゃ。

    さて、ネコ語、どうにゃるかにゃ(笑)。

  18. ネコ語に気を取られて、嘘書いてるし(笑)。
    缶詰、ツナしか食べにゃいんです、りるお。にゃのにパテは嫌い=角切り系は大好きだったのに〜。まいっちゃいましたよ。
    が、おかげで、チキンの全く入ってにゃい(チキンが入ってると日本に今持ち込めにゃい)缶は見つけられたけども、、、この時期に店を回って、、、疲弊しました、とほほ。

  19. >月の輪猫さん
    ほんとですよねぇ。品質管理いったいどうなってるので
    しょ。この製造会社と販売メーカーがどういう責任を
    とるのか今後注目です。人間用の食品だったら、さぞかし
    たいへんな騒ぎになるでしょうにねぇ(怒)。

    >こるにゃん
    おぉ、こるーさん。そんな劣悪なネット環境の中、わざ
    わざコメントありがとうござりまする。
    ネットは繋がるのに、見れないサイトがある?!不思議だー。
    りるおちゃんのご飯、対象商品だったのですねー(涙)。
    時期が違っていたのなら何よりです。よかったですねぇ。
    どうやら、その缶を食べると時期をおかず具合が悪く
    なっている例が多いようですから、今平気だったら
    きっと大丈夫かと….。
    もう押し迫ったこの時期に、猫缶買いに走るなんて
    うぅぅぅ、飼い主は辛いですねぇ^^;
    言っていただけたら、お持ちいたしましたのに。
    間もなくですね。きっと次にネットひらかれるのは
    日本に帰られてからでしょう。りるーちゃんのご無事を
    ほんとにほんとに祈っております。がんばれっ!

  20. 作る工程は管理できても、素材自体が汚染されていると何ともにゃらにゃいですよね。
    こういうのを見ると、手作りフードがいいんでしょうけど・・・
    にゃかにゃかバランスのよい食事って作るのは難しいですよね。

  21. >riderさん
    どうやら小麦粉のほうにねずみ駆除の薬が混入されて
    いたようですね。怖いですよねぇ。これって人間用の
    食べ物にも入っているかもしれなかったと思うと、ます
    ますぞっとします。
    手作り、私も踏み切れないのですよ。絶対食べないだろう
    なぁ…、うちのわがまま猫たち(涙)。

  22. >momomoにゃん
    ほんとだ!これは新たにゃニュースですね。
    教えていただいてありがとうございますニャ。

    おとといボランティアのマネージャーのおばさんと話した
    とき、その人は中国からの輸入小麦に殺鼠剤が入っていた
    説を言っておりましたニャ。まだ情報が錯綜しているのかにゃー。
    と、FDAのサイトをまた覗いてみたら、原因はともかくと
    してまた新たにゃリコール商品が追加されていてびっくり!
    サイエンスダイエットの獣医が処方するドライフードも
    自主回収しているようですね。先月までボランティア先の
    猫にあげていたやつだーとびっくりですニャ。うぅぅ、みんにゃ無事でいて欲しい~(T_T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください