右利きの猫

ここ数日の間に、ソフィーには新しい特技がひとつできた。
そこは誰もいないはずの台所。ぎぎっ、ぎぎーっと戸棚を開ける不審な音がする。見るとソフィーが、さも用事有りげに戸棚を開けているではないか。なぜある日突然できるようになったのだろう。今まで密かに練習でもしていたのか。うちの台所の扉はけっこう重いのに、がんばって開けられるようになった。
けっこう得意げ。 → 猫にごはん

ソフィーはもともと器用なので、網戸を引いて開けることもできるのだ。網戸はしかし、ベランダに出るとき(左開き)は開けられず、ベランダから戻ってくるとき(右開き)にだけ開けられる。すなわち、右前足のほうがより器用に使えるということだ。右利きの猫。台所の戸棚も当然開けるられるのは右側だけだ。
以来、朝起きると、右開きの扉だけが、猫の隙間ほど開けっ放しになっている。
点検完了。 → 猫にごはん

昨晩のこと、どこかからか、か細い猫の鳴き声がする。遠くから聞こえるので、外にでも猫がいるのかときょろきょろしたが、どうも見当たらない。ベランダ側にも玄関側にも猫の姿はない。そのうち気がついた。はっ、そういえばソフィーの姿をしばらく見ていないではないか。
台所に行くと、哀れな声は少し大きくなった。戸棚をいろいろ開けてみると、おぉ、茶色い塊が飛び出してきた。なんといつの間にか閉じ込められていたのだ。ソフィーが扉を開けて中に入っていたのが、何かのひょうしで扉が閉まってしまったのだろう。重い扉だから、自然に閉まることはめったにないのにね。真っ暗な中で何分くらい閉じ込められていたのか。まぶしそうに目を瞬かせている。
これに懲りて、勝手に戸棚の中に入らないようにしましょうね。

これは人間が開けっ放しにした戸棚。気がつくと猫2匹入りに。人間も、開けたらちゃんと閉めましょうね。
あたしが開けたんじゃないわよ。 → 猫にごはん

19件のコメント

  1. うちでは黒猫ティーニーが、キッチンまわりのドアをバタンバタン開けちゃうんですよー。
    ドアノブは、直径が3cmくらいの丸いタイプ。
    爪をうまく引っ掛けて、器用に開けちゃう。

    でもね、3~4回トライしないとうまく開かないらしく、失敗するとバタン!バタン!という音が非常にうるさい!
    特にこっちが就寝中はうるさいったらありゃしない。

    で、考えた結果…髪の毛を縛るカラーゴムあるじゃないですか。あれを使いました。観音開きになるドアは両方のドアノブに1本のゴムを引っ掛けて、そうでないドアはオーブンの取っ手や真上にある引き出しの取っ手を利用して。すると開かないんですよ、ティーニーにも。^^;
    バタン!がおこるくらいまでドアを引くことができないんです。

    おかげで夜中のバタン!バタン!から開放されました、うちは…(苦笑)

  2. あ〜〜、やりますやります、ネコたちこういうこと。
    そして、人間も、気がつくと開けっ放している今日この頃。。
    ホントに狭いとこや高い所、入りづらいであろうベッドの下の、衣類を入れたコンテナーの隙間に、わざわざ入り込み。。
    ネコの習性って、何にゃんでしょうね〜。
    にしても、ソフィーはお利口さんですねえ。
    人間が留守中に練習とか、しているかも。。
    私はかねがね疑って(笑)いるんですが、ネコたち、私たちが留守中、絶対に会合を開いて、vs 飼い主に向けて、練習とか色々繰り返しているんではにゃいか、、と。。(^-^)

  3. おじさんは襖にブスっと爪をさしてそのまま開けます…爪では強度が足りにゃいと見るやバリバリと襖を引っ掻いて毛羽立て、そこに噛み付いて歯を使って襖を開けます(涙)

    以前、お客さんが帰ろうと玄関で靴を履いているとき、突然誰もいにゃいのにドアが開いたのを見てとても驚いていたことがありましたニャ。
    単に、玄関のドアがぴっちり閉まっていにゃかった(見た目はちゃんと閉まっているように見える。)ので、おじさんが自力でドアを開けただけだと説明したのですが、お客さんはそれでも猫が玄関のドアを開けるということに納得出来にゃかったようで、怪しいものを見る目でおじさんを見て帰っていきました(笑)

    改めて考えるとおじさんは左手も右手も使っているように思えますニャ。体重があるせいか、少々重い窓やドアも開けてしまうので、脱走しにゃいように気を使うのが大変です(苦笑)

  4. 猫にも利き腕があるんですね。
    面白いです!
    扉開けられる猫と全然駄目な猫がいますが、ウチの黒猫は、駄目な方です。
    扉は人間が開けてくれるものだとかたく信じているようです(笑)

  5. 先日、お蕎麦をタンスに閉じ込めましたが、彼女があけたのではにゃいようですニャ。
    前にいたチップは、器用で賢い猫で、人間がするのを見ていたのか
    ドアノブに飛びついて、引きおろしてあけていましたニャ。
    (閉めてくれにゃいのよね)
    お蕎麦は、あけてあるとこは通れます、と解釈していて、
    まだ「あけてちょうだい」すら言ったことがありません。
    ソフィーちゃん、めっちゃかわいいうえに、賢い猫ちゃんだったのですね。
    自力で証明するとは、にゃかにゃかやりますね。閉じ込められたのは
    証明のひとつにゃんでしょう(たぶん

  6. うちのコたちは玄関からリビングに入るドアを開けますね〜。
    軽いのでカリカリとドアをツメでひっかけて開けるのですが、一度風のいきおいでドアが思いっきりバターン!!と閉まり、そばにいたクーはビックリ!飛び上がり(ホントに)あせってドアを開けて逃げようと(何から?)したのですがあまりにあせって開かず、思いあまってドアノブ(レバー式/下に下げるタイプ)に飛びつき、ドアノブのレバーを下げて開けたことがありましたニャ。
    この間10秒くらいのできごと。。。

    やればできるじゃん、というか、私たちがドアノブを使って開けているのを彼女たちはちゃんと見ているのですねぇ〜。

    ソフィーちゃんも、ベランダから出る時も、ホントは開けれるけどnoirさんに開けてもらいたいだけかもしれませんよぉ。かわいいやっちゃ。

  7. こんにちは~♪

    ソフィーちゃん、新たな特技+右利き!!
    網戸の開けっ放しの生地にも笑いましたが^^

    家はタロウが引き戸を空ける事を覚えてしまって…><
    タロウが開ける→モモが入る
    この図式が出来てしまいました。

    入って欲しくない所に限って、引き戸!

    タロウもやっぱり閉めない><

  8. >mari_caさん
    ふふふ。バタンバタンとドアを開けてしまうのですか~。
    大きな音がするでしょうに、そういうのはティーニーちゃんは
    怖がらないのですね。
    うちの扉は幸い、ぎぎぎぃーっと開いてそれっきりなので(←古す
    ぎ?)バタンバタンすることはあまりないです。おまけに取っ手も
    ありません^^;
    髪の毛のゴムで開かないよう工夫されたなんて、いいアイデアですね!
    そういえば小さな子供のいる家で、そういうゴムみたいなの見たこ
    とがありますよ!それは市販の便利グッズでしたけど、ゴム一本で
    用が足してしまったところがすばらしい。
    それにしても、夜中に何も台所の扉を開けなくてもねぇ(笑)。昼間
    やってくれー!

    >dear-xoxoにゃん
    あはは。人間も開けっ放しにしてしまいますかー。うちもですよー。
    猫が開けて困るわ~といいつつ、開けたそうにしている現場を
    目撃したりすると、つい開けてやったりしてしまいます(←だめじゃん)。
    やっぱり、留守中に練習してるんでしょうかね!想像するとその光景
    って楽しいですね~。会合を開いたり、練習したりと、大忙しの
    猫たち♪いいなー。
    しかしなぜに、入りづらいところばかり、入りたがるのでしょうねぇ^^;
    別におもしろいものなんてないのに。全く理解不能ですよ~(笑)。

    >がらにゃん
    わー、さすがおじさん!!!!
    ブスっと爪立てて開けるなんて、その問答無用なところがまた
    いいですね~~~。さらに毛羽立て、歯で開けるなんて。ある意味
    たいへん男らしい~(笑)。和室だったら出入り自由ですね。
    そのお客さま、さぞかし驚かれたのでしょうね。もし私がよそさまの
    お宅でそんな光景を目撃したら、激写!激写!ですよ(笑)
    おじさんは、右も左も使えるなんてとても器用です。賢いわ~。
    同じく噛み猫のノアは、その点なにひとつできません。開けようと
    試しているのもみたことない。大声で鳴けば開くものだと信じて
    いるのでしょうねー^^;

    >月の輪猫さん
    うちの黒猫ノアも全然駄目なタイプなのですよ。
    同じく、扉を開けるのは人間の役目で、にゃーんと鳴けば自動で
    開くものだと思い込んでいるようです^^;
    そういえばソフィーはおもちゃをキャッチするのも右手が多い…
    ような気がします。右利きの猫ってどれくらいいるのでしょうかね~(笑)。

    >momomoにゃん
    ぐふふ。お蕎麦ちゃんはタンスに入り込んでいたのですね(隠れてた?)。
    そんなところに入る必要なんてないのにねぇ。ほんと気がつかずに
    閉めてしまいますよー。
    ソフィーは今も台所におります。いかにも用事があるような顔つき(?)
    で、毎晩台所に向かうのです。その後姿がまたかわいいの!(←猫バカ)
    閉じ込められたの、全然懲りてないようです…。とほほ。

    >ソレイユにゃん
    あはははは。
    セルフで猫語コメント入れてくださったのは、ソレイユにゃんが
    はじめてですよ。面白すぎる~(爆)。
    なんと、クーちゃんはレバー式の扉を開けることもできるのか!
    すごい。そういう猫、面白ビデオみたいなのでしか見たことないです。
    そういえば、ソフィーも開けてもらいたいときに、取っての部分を
    見上げたり、ちょいちょい触ってみたりもしております。しかし
    アメリカの引き扉は重くて、そんな力では開かないのだ(笑)。
    クーちゃんよっぽどびっくりしたのですね。飛び上がっている様子が
    目に浮かびますよ~(笑)。

    >モモねこさん
    おぉ、タロウちゃんも引き戸を開けられるのですね!こうしてみると
    けっこう扉を器用に開ける猫っているものですねぇ。
    うちもノアが開けないのに、いったいソフィーがどうやって学んだ
    のか不思議です。そして、モモちゃんのように、ノアも開けてもら
    った扉を通るだけの役目でございます^^;
    そうそう。けっこう家の中って引き戸が多いのですよね~。
    どこかに引き戸をきちんと閉める猫….いないものでしょうかね(笑)。

  9. うわー、二匹ともたのしそー。
    ソフィ、すごい新技を習得しましたにゃ。笑
    人間でもあけるのが結構大変にゃのに。
    台所でとじこめられて、ソフィさぞかし不安だったでしょう。
    人いち、いや猫一倍こわがりだから。

  10. うちも神奈さんは窓あけますニャ。網戸も…
    重いだろうに窓本体も開けてしまうので東京に住んでいた時は
    防犯ブザーつけていましたニャ。
    開けてしまった時にすぐに気が付くように。
    もちろん鍵は閉めますけれど人間だから忘れることもあるので
    危険を未然に防ぐために…
    浜松に引っ越してきてからは目の前が通りの激しい道路にゃので
    窓は全部締め切りですニャ。
    間違ってでも出られたら想像するだけで血が引きますニャ。

    神奈さんも半畳の押入の扉を爪を引っかけてあけますニャ。
    結構、器用ですニャ。

    ちにゃみにうちの居るノルウェージャンという種類の子は
    手が器用らしく、普通の扉もジャンプしてノブを開けちゃうそうですニャ。
    にゃので新居のノブは全て握り式です(TT)
    本当は猫の形した奴にしたかったけれど…TT

  11. なぜなんだか猫ちゃんは狭いところが好きですよね
    何でそんな所に?って思うような所!
    我家では2人とも(二匹とも)右ききのようで、カリカリを容器から出して食べてますよ。ネコにも聞き手があるんですね(笑)

  12. やはり利き手ってあるのかな?
    うちのマーシャは左利きかな?って思います。
    猫パンチや、ものをチョイチョイして落とす時、
    左手の方が多いような気がします。
    よく「マーシャの左フック炸裂!」って解説してます(笑)

    いつの間にかどこかに入り込んじゃう時ってありますねー
    うちも、キッチンシンクの下の棚がガタガタ言ってて
    「ポルターガイスト?!」とびっくりしてると
    マーシャが入っていたことが…米びつの上にいました。
    「かぼそい声」で鳴いて知らせるんですよね~
    おかしいやらいじらしいやら…

  13. >こーのすKにゃん
    猫一倍こわがりのくせに、あれから頻繁に台所の戸棚に出
    入りしている様子です(朝起きると開けっ放しになって
    いるため)。
    留守の間に閉じ込められてしまったらどうするつもりなの
    でしょうねー。学習能力がないのか、それとも中から出る
    方法も練習中なのか(笑)?

    >水樹にゃん
    神奈ちゃんも上手に開けてしまうタイプなのですねー。
    網戸だけでなく、窓本体も開けるなんてすごい!
    いったいいつ練習つんだのでしょうね(笑)。
    脱出防止策をほどこされている水樹さんはすばらしい!
    万が一のことを考えたら心配ですものねぇ。
    うちの猫たちはそこまで器用でなくて、ほっ^^
    ノブをジャンプして開けてしまう猫は、やっぱりいるも
    のなのですねぇ。人間がやるのを見ていて学習したので
    しょうが、賢いですよねぇ。そういえば、うちには
    ノブを押して開けるドアはひとつもないですね。もし
    ソフィーがそんな特技できるようになったら、カメラ
    かまえてシャッターチャンスを一日狙ってしまいそう
    です、私(笑)。

    >Kalakaさん
    そうそう〜。狭いところとか、汚れているところ(掃除
    しろよ)ばかり入りたがるのですよね〜。人間が驚く
    ところを見たいのかなー、なんて思ってしまいます^^
    それにしても2にゃんとも、器用ですね〜。右手で
    かりかりをすくって食べているのですか!それって
    かえって食べにくくないのでしょうかねぇ(笑)。
    おもしろいー!

    >にゃうちろさん
    おぉ、左利きの猫がっ!
    マーシャちゃんの、いつもチョイチョイ手を伸ばしている
    写真が、とってもかわゆいです♪
    そしてやっぱり、キッチンの下の棚にはいってしまうの
    ですね〜。狭いし暗いし、居心地も悪そうなのに、なぜ
    入りたがるのか不思議です。米びつの上に乗っている
    なんて笑えます。ご飯を待っているとか?んなわけ
    ないか....^^
    ソフィーもあれ以来、キッチンの棚にばかりいたがる
    ので、困っております〜。でもかわゆいので、許す(笑)。

  14. こんなところに閉じ込められちゃったのねーっ!(笑)

    それはそれは怖かったでしょうね(≧▽≦)
    以前は私も何度も閉じ込めたんで、rider家は扉という扉が閉まっていないという、だらしがない家になってます( ̄▽ ̄)

    (ただの言い訳??)
     

  15. >riderさん
    あはは。うちも各扉が少しずつ開いているという、猫
    フレンドリーな家です(ほんとか?)。
    しかし勝手に開けて、勝手に閉じ込められないで欲しい
    ですよねー。
    怖かったわりに、あれ以来何度か同じ扉開けていたので
    学習能力がないっちゅうか、なんちゅうか...^^;

  16. 右利きな猫

    床に置いてあったデジカメのストラップを見つけたふう。果敢に勝負を挑んでいた。
    写真を撮っている間は何も思わなかったのだがPCに取り込んでみたら・・・・ふ…

  17. 銀平、小太郎、大輔、さつき、はにゃこ・・・・みんにゃ引き戸は軽々と・・
    クローゼットの中折れドアは銀・大コンビが開けてしまいますね。。でもどちらの手を使っているのやらにゃぞですニャ。
    一文字タイプのドアノブは銀平の得意技。
    ジャンプで飛びついて開けますよ・・困ったもんだ^^;

    ふうが右手でよくじゃれている記事をアップしたのでTBさせていただきましたニャ。

  18. >あずきにゃん
    おぉ、そんなに引き戸を開けられる猫がいるのですねー。
    他の猫の動作を見て真似したりするのですかねぇ。
    だって5にゃんも開けられるとなると、1/2の確率?!
    すごいー。
    ふうちゃん、元気いっぱいよく遊んでますね!年が近い
    から大ちゃんの良い遊び相手になりそう〜。
    TBありがとうございまーす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください