猫にごはん

8月 12th, 2017

猫耳葉脈

白っぽい猫を飼ってみて驚いたことは、猫の耳の血管が透けて見えることだ。黒猫も茶色猫もこんなに血管が見えたことはなかった。まるで葉脈のように耳中に血管が広がっている。

ダンタカタンの耳の血管

少し前に読んだ「ずっとお城で暮らしてる」という本の中に、金髪白人のお姉さんのことを『お姉さまは金色と白とピンクでできている』という喩が出てきて、ダンタカタンみたいだなと思った。耳も鼻も肉球もピンク色のダンタカタンは、血管がきれいに透けて見えるのだったのだ。

ソ「どれ、頭のにおいを嗅いであげるわよ」

2匹の間はそう悪くはない感じになってきた。たまに鼻キスしたり、においをお互い嗅ぎあったり、追いかけっこしたりもしている。あんなにソフィーが怒っていたり、あんなにソフィーを怖がってソファの下から出られなかったことを考えると、まぁこんなもので良しでしょ。

コメント / トラックバック 6 件

  1. 確かに、白系の猫だと耳の血管が見えますね。うさぎに近いものがありますかね。そういうところは黒猫が負けているようで、複雑な心境です^^

    それにしても、ダンくん、いつの間にか大きくなりましたね。もしかして、ソフィーを超えていますか?

  2. 確かに白猫って血の色が透けて見えますよね。
    一時我が家に通い猫していた おこめちゃん が白猫だったのですが、耳に血管が透けて見えていた記憶があります。彼女は野良猫だったので、ノミが毛の中を逃げる様も結構見えて…あれは恐ろしい光景でした(苦笑)

    もうそろそろソフィーちゃんを超えそうかしら?
    ダンタカタンくん、すごくがっしりしてきましたね。近頃まわりに年寄り猫が多いので、すごいピチピチ感がまぶしいです(笑)

  3. がらさんに横レスですみません。

    ノミ、子どもの頃に実家に居た猫には当たり前に居て、がらさんの書かれたように、お腹の毛の中をちょろちょろ動いてました。さすがの僕でも、それはちょっと嫌でした。

  4. >れんとさん
    そうですね、確かにうさぎの耳のようです。うさぎも白とピンクに見えます
    ものね。ピンクが血管だったとは、(ほぼ)白猫を飼ってみて初めて知りました。
    ダンタカタンはソフィーの体重を超えてますよ~^^; 100グラムくらい超えて
    いるだけなのですが、ものすごく大きく見えます。
    私も最初に猫のノミをみたときはちょっと衝撃でした…。
    拾った猫を洗ったら、うわーーーっと体中のノミが猫の顔に逃げてきたの
    ですよ。思い出しても、ヒーっとなります(*_*)

    >がらさん
    おこめちゃん、ってかわいい名前ですねぇ。お米の粒のように白かったから?
    たぶん外にいる猫はみんなノミがいるのでしょうけれど、特に白猫は
    ノミの色がくっきり分かるからちょっと怖いですよね^^;
    黒猫にノミがいても分からないからその点は黒猫のほうがいいかも(?)
    ダンタカタンはソフィーの体重をとうとう超えてしまいました!100グラムほど
    なのですが、なぜかダンタカタンのほうがずっと大きく見えます。
    体がムチムチしているせいなのか、白だから膨張してみえるのか。今
    4.3キロです!

  5. おじさんが「たわら」なので、友達に白いし次の子は絶対「おこめ」だよ!!と力説されたので「おこめちゃん」なのです(笑)

    ダンタカタンくんはソフィーちゃんを超えたのですね!!
    でもよく考えたらおじさんよりちょっと軽いくらいです。
    ソフィーちゃんより大きく見えるのは、やっぱり筋肉量の違いかな?まだまだ大きくなるのかな?楽しみですね!(大きい猫が好きなのです/笑)

  6. >がらさん
    えぇぇ、おじさんって本名(?)じゃなかったのですか??!!!
    てっきり、おじさんという名前かと思ってました。(以前も同じこと言ってたらすみません)
    たわらちゃん、なんてがらさん一度も言ってなかった!(はず)
    なんとかわいらしい名前ではないですか。たわらちゃんと、おこめちゃん♪
    ダンタカタンは4.3キロとは思えないくらいムチムチ感があるのはなぜなのでしょうねぇ。
    おじさんよりも軽いのですね。
    私も大きい猫が好きなので、もっともっと大きくなって欲しいです^^

コメントをどうぞ