おせち料理2023/01/01

猫にごはん
今年のおせち料理は、お煮しめが無い。Jが今年は作らないというのだ。なのでJに作ってもらったものは、黒豆と数の子だ。まあ黒豆の上手なこと。ふっくら炊けて、つやっつや。悔しいことに私が作るより断然上手いではないか。
私が作ったのは、紅白なます、たたきゴボウ、ゴボウの八幡巻、焼豚、さつまいもきんとんの5種類だ。
全部合わせてもたいして作ったわけではないが、いそいそと事前におせち料理の買い物をしたり、数の子の塩抜きを何日前からやるか、とか考えてお正月に備えることがお正月気分を盛り上げて楽しい。
おせち料理はこうして出来上がるまでに何日もかけて準備することこそが楽しいのであって、お重に詰めて写真をとったら、もうとたんに興味を失うという。しかしこれでいいのだ、これこそが正しい日本のお正月なのだ、と毎年思う。きっと来年も作る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする