猫にごはん

9月2016
24

涼しくなりました

いつの間にかエアコンをつけなくても眠れるようになり、天井のファンもつけなくなり、夜は窓を開けて眠れるようになり、ソフィーがこの寝床を使うようになり、とだんだん涼しくなってきた。夏の間中ガーゼケットを掛けて寝ていたがそろそろ薄めの布団を出す頃だ。

猫にごはん

ソ「冷えてきたわね」

うちの布団はすべて丸洗いできる。まずは洗濯機で洗ってと。そういえば丸洗いできる布団に変えたのは、ノアがそそうをするようになってからだった。今はノアはジャンプができないので、そそうの心配だけはなくなった。にゃーんと鳴いて上にあげろと催促をしたときだけ、一緒に寝ている。

2週間前スマホの調子が悪くなり修理に出した。スマホがないので、ラインもモバイルスイカも使えない。久しぶりに紙の切符を買って電車に乗り、現金でバスに乗る。
当初の予定では2週間くらいで直ってくるはずだったのだが、問い合わせたところ大変込み合っていて、2カ月近くかかるかもしれないとのことだ。この2週間ずっとガラケーだけ使っていたがさすがに2カ月は厳しい。
仕方がないので代替機を貸してもらうことにした。新しいスマホを使ってみると、様々なログインIDやパスワードをことごとく忘れていることが分かり、再設定したりと、あぁぁぁ面倒くさい。たぶん今日半日はベッドの上で寝転がってずっとそんなことやっていた。なんだろうなぁこの無駄な時間は。まぁいいか、そんな私にノアがぴたっとくっついてすやすやと寝ていたしね。

9月2016
17

雨宿りノア

猫にごはん

雨宿りノア

傘が少しでも濡れているととても嫌なので、雨の日帰宅すると一刻でも早く広げて乾かすようにしている。そのままにしておいてもいずれ乾くのに気にしすぎだと言うのだが、絶対だめだと思う。
ケージから出ると真っ先に玄関に向かいそこで寝るのが好きなノアにとっては邪魔だね。すまぬね。
そういえば集合住宅住まいの人は玄関に干すのが当たり前だと思っていたが、他の家はどこに干しているんだろう。ベランダだと飛んで危ないし、あとはお風呂場とか?

猫にごはん

黒茶猫?

体調いまいちながらノアは小康状態を保っている。肉球の色が薄くなっただけではなく、毛皮の色も薄くなってきたように見える。以前は真っ黒だった毛皮は、赤茶色になってきた。黒猫は白髪になるわけではないのだね。
がんばれノア!

9月2016
4

大人買いとソフィーの体重測定

Jの大人買い。冷凍庫がガリガリ君だらけなんですけど。

猫にごはん

大人なガリガリ君

そして私の大人買いはこちら。またもや冷蔵庫がスイカでいっぱいだ。

猫にごはん

7個目のスイカ

おそらく今年最後のスイカだろうこれは青森のスイカだ。やや小ぶりで重さは約7.5キロ。甘さは控えめだが食感よくとてもおいしい。

6個目のスイカは先月田舎で食べた、まだちゃんと育っていない小さいスイカだったが、訪れた日に食べたくてつい収穫してしまったのだった。小玉スイカくらいの大きさであったが、小玉スイカというのは未成熟のスイカとは全然違うものなのだ、ということがよく分かった。スイカはちゃんと育ってから食べましょう。

猫にごはん

6個目のスイカ

前回のノアの写真が、かわいいと皆様にほめられたので調子に乗ってソフィーも体重を測ってみることした。そのときの写真がこちら。

猫にごはん

ソ「助けて~~」

もうこんな写真を撮るのがいっぱいいっぱいだ。トートバッグい入れるのなんて絶対にこの猫は不可能だ。もちろん吊り下げ秤で体重なんて測れやしない。ただただソファーに穴が開いただけだった(涙)。

8月2016
28

最近のこと

例の吊り下げ秤で体重測定中のノア。ぴょこんと飛び出した顔がかわいい。

猫にごはん

ノアinトート

体重は一進一退で、心配するほど減ってしまったり、まあまあ戻ったりしている。食欲はあってけっこう食べてはいるのに体重はなかなか増えない。がんばれノア!
ノアが体重測定などしていると、自分も袋に入れられるのではないかとおびえるソフィーがまた陰からのぞいている。きみは測らないから安心しなさい。

猫にごはん

ソ「あたしはけっこうよ」

閉会式をながめるソフィー。きみもオリンピックが名残惜しいのか。

猫にごはん

ソ「スピーチ長いわね」

今回のオリンピックで一番印象に残ったのが、陸上女子5000メートルの転倒してしまったアメリカとニュージーランドの選手たちのエピソードと、猫ひろしさんの選手村話だ(フォロワーになった)。次は東京オリンピックだ。何か観に行きたいものだ。

8月2016
21

遊んで欲しい猫

猫にごはん

ソ「遊んで」

猫にごはん

ソ「遊んで」

仕事中です。そんな目で見てもだめだってば。

猫にごはん

ソ「遊んで」

猫にごはん

ソ「遊んでったら!」

邪魔だし暑いっつうに。

テレビ東京の「家、ついて行ってイイですか? 」という番組をご存じだろうか。街で終電を逃した人に、タクシー代払うから家に連れて行って家をみせてもらう、という内容の番組だ。
この番組が好きでよく観ている。先日Jと一緒に観ていたところ、自分だったら絶対家に連れてこない、とJがつぶやいたのでびっくりした。そうだったの?私はこの番組を観ながら、私なら即OKだなーといつも思っていたからだ。タクシー代が欲しいというのではなく、別に家をみせても構わないのではないかと思っているからだ。しかしJにはそんなことは絶対にダメだと宣言された。どんなに遠くで終電を逃しお金がなくても、歩いて帰ってきたほうがいいのだそうだ。家が掃除したてできれいであろうが全然ダメなのだそうだ。
こういう感覚の違いって、何年一緒に暮らしていてもずれているものですねぇ。
ちなみに、田舎へ泊まろう(だったか?)とかそういう番組も好きで、私だったらきっとすぐに泊めてあげてしまいそうだが、これもダメなのか?

RSS/猫にごはん


(2005/01/17~)