猫にごはん

8月2016
28

最近のこと

例の吊り下げ秤で体重測定中のノア。ぴょこんと飛び出した顔がかわいい。

猫にごはん

ノアinトート

体重は一進一退で、心配するほど減ってしまったり、まあまあ戻ったりしている。食欲はあってけっこう食べてはいるのに体重はなかなか増えない。がんばれノア!
ノアが体重測定などしていると、自分も袋に入れられるのではないかとおびえるソフィーがまた陰からのぞいている。きみは測らないから安心しなさい。

猫にごはん

ソ「あたしはけっこうよ」

閉会式をながめるソフィー。きみもオリンピックが名残惜しいのか。

猫にごはん

ソ「スピーチ長いわね」

今回のオリンピックで一番印象に残ったのが、陸上女子5000メートルの転倒してしまったアメリカとニュージーランドの選手たちのエピソードと、猫ひろしさんの選手村話だ(フォロワーになった)。次は東京オリンピックだ。何か観に行きたいものだ。

8月2016
21

遊んで欲しい猫

猫にごはん

ソ「遊んで」

猫にごはん

ソ「遊んで」

仕事中です。そんな目で見てもだめだってば。

猫にごはん

ソ「遊んで」

猫にごはん

ソ「遊んでったら!」

邪魔だし暑いっつうに。

テレビ東京の「家、ついて行ってイイですか? 」という番組をご存じだろうか。街で終電を逃した人に、タクシー代払うから家に連れて行って家をみせてもらう、という内容の番組だ。
この番組が好きでよく観ている。先日Jと一緒に観ていたところ、自分だったら絶対家に連れてこない、とJがつぶやいたのでびっくりした。そうだったの?私はこの番組を観ながら、私なら即OKだなーといつも思っていたからだ。タクシー代が欲しいというのではなく、別に家をみせても構わないのではないかと思っているからだ。しかしJにはそんなことは絶対にダメだと宣言された。どんなに遠くで終電を逃しお金がなくても、歩いて帰ってきたほうがいいのだそうだ。家が掃除したてできれいであろうが全然ダメなのだそうだ。
こういう感覚の違いって、何年一緒に暮らしていてもずれているものですねぇ。
ちなみに、田舎へ泊まろう(だったか?)とかそういう番組も好きで、私だったらきっとすぐに泊めてあげてしまいそうだが、これもダメなのか?

8月2016
11

やんちゃ猫とノアのトイレ

猫にごはん

ソ「得意種目はジャンプよ!」

弱くなってしまったノアと比べて、ソフィーがこうしてジャンプしたり高いところに登っているところをみると、なんという元気な猫だろうと驚く。猫はこういうものだということを忘れそうになる。

猫にごはん

ソ「クライミングも得意よ」

食器棚の上でくねくねするのはやめてくださいソフィー。危ないって。

とうとうノアのケージまでソフィーが占領か!

猫にごはん

ソ「この中怪しいわ」

ケージを開け放していてもノアはもうあまり外に出たがらないのだが、たまにこうして外で横になっていたりすると、ほら後ろ後ろ!ソフィーに取られるって(ドリフか!)

いろいろ試してみて、今ノアのトイレはIKEAのビニールのバッグにペットシーツを重ねたものを使っている。IKEAのこの丈夫な大きいビニールバッグは、折りたたんで段差を無くせばまたぎやすくて猫トイレにぴったりだというのが分かったのだ。砂は入れていないのでペットシーツだけでもいいのだが、仕切りがあったほうがよりトイレらしい気がする。ノアもここがトイレだと認識しているようだ。
ノアはきちんとこのトイレエリアに入って、使ったあとは砂かけまでちゃんとやるのだ。そのときにビニール袋がバサッバサッと大きな音を立てるのが好きらしく、いつも念入りにバサバサやっている。特に夜中にバサバサやるのが好きなようで、暗闇の中ことさら大きい音で大げさに砂をかけている。今まで普通のトイレを使っていたときは一切砂をかけなかったくせに何てやつだ。
ノアはこんな状態になっていても本当にいかにもノアらしい。がんばれ!

7月2016
30

モンスターに襲われる猫たち

猫にごはん

5個目のスイカ

今年の5個目は三浦のスイカだ。約10キロ。冷蔵庫にぎりぎり入ったが切るのがたいへんだ。今年は例年になく早いペースで食べている。それぞれ食感がずいぶん違うが、どこのスイカも美味しい。

我が家でもポケモンGOをやっている。
会社ではいかにもゲームなどやらなそうなおじさんたちが、ポケモンGOの話をしているのでびっくりだ。彼らは口をそろえて、家で子供と会話ができた、久しぶりに娘と一緒にポケモン探しに散歩に行った、と喜んでいる。子供に自慢するために課金をしレベルアップしているおじさんもいた。家庭円満、ひきこもり解消に役に立つポケモン恐るべし。いつまで続くかこのブーム。

猫にごはん

ノ「なんか体が重いな」

猫にごはん

ソ「頭がちくちくするわ」

7月2016
24

使い切ったものと新しいもの

猫にごはん>

空のマスタード瓶と猫たち

粒マスタードがようやく終わった。865グラムもの粒マスタード、我ながらよく使い切ったものだ。昨年買った大きなマイユの瓶はずっと冷蔵庫の一角を占めていてとっても邪魔だったのだ。いや、スイカを入れるスペースを作るために無理やりマスタードを使う料理ばかり作っていたわけでは決してない。ほんと(汗

先週ノアがジッパーを破壊して布製のケージから脱出してしまったので、どうしよたものかと悩んでいた。立ち上がれるようになったとはいえ、まだ歩ける状態ではないし転倒して危ないので、人の目がないときはケージの中に入っていて欲しい。
そこで新しく買ったケージはこちら。
アイリスオーヤマ コンビネーションサークル 基本セット ブラウン幅93×奥行65cm P-CS-930アイリスオーヤマのコンビネーションサークル

猫にごはん

ケージから飛び出た前足がかわいい

頑丈でよくできている。広くなったケージのスペースに、大好きなヒョウ柄毛布とトイレを入れた。トイレはぶつかっても痛くないような布製で段差もほとんどないまたげるものにして、猫砂も紙に変えた。
すると、なんとノアはちゃんとトイレを使うようになったではないか。この2カ月はおむつか横になりながらペットシーツを使っていたことを考えると、すばらしい進歩だ。よろけながらもトイレに入って用を足そうとするところがけなげだ。えらいぞノア!

RSS/猫にごはん


(2005/01/17~)