タコスそしてまたタコス

タコス三昧でいこう!ということになり、またメキシコへ遊びに行くことにした。友人Kさんも一緒だ。Kさんはメキシコ初体験なので、今日はガイド気取りで今まで食べたおいしいタコスの店を案内する。
まずはティファナで必ず行く、豚肉タコスの店とホセ兄弟(仮名)の屋台の2軒。ホセのところへは人がくれば必ず、人が来なくてもただタコスを食べにだけ行ったりするので、ホセ弟とはすっかり顔なじみになった。いつも行くと愛想良く手を振ってくれる。ここのカルネアサダ(牛肉)はジューシーでとても柔らかい。豚肉タコスのほうは、燻製のような濃い味の香ばしい肉。これもまたおいしい。
次のそのまま車でテカテまで周り、Los Amigos という覚えやすい名前のホセ家族(仮名)経営のタコス屋へ行く。この店も以前A夫妻と一緒に行ったことがあるお気に入りのタコス屋だ。いつ行ってもホセ家族の結束は固い。10人余の従業員誰ひとりメンバーが変わらず。こちらのタコスはまたボリューム満点。どの部分の肉か、いやいったい何の肉なのかすら見当がつかないような歯ごたえのある好い焼き加減の肉をはさんだタコス。この店ではいつもチーズ入りケサディーヤを食べる。うまい!
ケサディーヤ
途中、揚げ菓子のチュロスを食べ、スーパーでKさんが買った焼きたてトルティーヤを食べ、ヤクルトまで飲み、もうお腹一杯。3時間余でかなり食べ過ぎだ。
テカテの国境が混んでいたので、オタイメサの国境へ回ることにした。ゲート直前に2列隣の白人カップルの車がなぜか国境警備隊数名に取り囲まれていた。麻薬犬らしき犬まで動員されている。すわ、何事ぞ!と一瞬緊張に包まれる。かなり長いこと尋問され、ふてくされた様子の運転手。どうやら薬の売人だったようだ(憶測)。よかった同じ列じゃなくて。行列は長く、売人と同じ列じゃなくても国境を越えるまでに30分近くかかった。
2004年9月30日以後は、アメリカへ入国する場合、陸路のメキシコ国境でも指紋スキャンと顔写真撮影がされるようになったと聞くが、全員ではなく怪しい人だけがピックアップされているようだ。当然思いっきり地味な日本人である私たちは免除された。おまけに今回ゲートの管理官は日系人で、ますますスムースに再入国することができた。家から車で20分足らずのところにある近いタコス屋だが、やっぱり毎回帰りは緊張するものだ。
怪しまれる薬の売人たち(憶測) → 薬の売人たち(憶測)
愛想のいい見知らぬタコス屋 → 町のタコス屋

11件のフィードバック

  1. 本当においしくて楽しかった。タコスにギガンテ。
    大阪、バンコクに匹敵する緊張感のある道で運転してくださったJさん、帰り道、きちがいの車をよけながら運転してくださったノア殿、ありがとう。2人といっしょでなければ、メキシコには行かずじまいだったと思います。グラッシアス、アミーゴ!

  2. メチャメチャ食べたひぃ~~>本場のタコスはやっぱり美味しいのでしょうね~!!
    地元のメキシコ料理店にgoしちゃおうかなっ♪

  3. >kさん
    オラ、アミーゴ!
    いえいえこちらこそトルティーヤとヤクルトごちそうさまでした。
    あのきちがいの車何だったんでしょうね。何で国境越えただけであんなに怪しいやつらがいっぱいいるのか不思議です。また行きましょうねー。

    >bunnyさん
    あ、あんまりうらやましくって2回もコメント投稿しちゃったんでしょ。ふふふ。いやもうタコスはほんとに美味しいですよ。ぜひ本場にいらしてくださいまし。ご案内いたしますよ~。でも地元の店のほうがおいしかったらどうしよ(汗)。

  4. またまたなつかしー。
    おいしかったなぁータコ。。。。
    ラディッシュを一緒に食べればおいしいっていうのもnoirさんと行ったときに発見したよ。
    ギガンテもなつかしー。あの変な出っ歯の日本人がキャラクターになってた店もまだあるんかなぁ。

  5. す、すみませんっっ。
    うらやましい気持ちがつい。。>2回投稿!(^^;
    そちらにうかがう機会がありましたらご案内よろしくお願いしま~~す♪

  6. ん~♪noirさんの日記はいっつも外国の香りがして、
    管理人Hへぇ~へぇ~へぇぇえええ~!と
    興味津々&オナカグーグーです。

  7. >あきこさん
    あの出っ歯の店、確か「nakamura」だか「nomura」とかいう名前だった。まだあったよ~。見るとめちゃくちゃな日本料理なのに、けっこう人気あるようだ。

    >bunnyさん
    もちろん喜んでっ!

    >管理人Hさん
    いや、うちの夕飯の献立を見てくれる人から、あまりの和食の多さに「お前はほんとにアメリカにいるんか?!」と疑惑をもたれたことがあるので(笑)、たまには地元の食べ物も紹介せねば!と思って。
    へぇ~ボタン押してもらえました(笑)?

  8. タコスのための国境越えですかー。なんかすごいな。行きは楽だけど、帰りがちょっとドキドキものなんですね。でもメキシコのタコス食べてみた〜い。おいしそうです。

  9. メキシコで生まれて初めて、バスで国境を超えて、
    日本語をしゃべる、メキシコ人「おみやげだよ〜」
    の連呼に唖然としたものでした。
    そういえば、タコスの外側のクレープの固いやつを買ってかえりましたね。
    なんだか怪し気な国でした。

  10. >chickpeaさん
    国境超えといってもサンディエゴは本当にメキシコのすぐ隣で、何せ車でハイウェイをそのままびゅーんと走って抜けてしまうくらい身近なのです。しかし帰りは厳しい…。
    タコスほんとに美味しいですよ。ぜひ一度遊びに来てください♪

    >にゃ~んmamaさん
    おぉ!当時からメキシコ人は日本語しゃべってましたか!今や「ちょっとまて。見るだけタダ」くらいの日本語なら、あの町ではほぼ全員知っているといっても過言ではないくらいです(ほんとか?)。
    ほんと何だか怪しいところです。町も人も(特に人!笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください