猫にごはん

‘猫’ カテゴリーのアーカイブ

猫のお土産

2017 年 9 月 10 日 日曜日

大好き! ちゅ~る

ダンタカタンはうちに来たばかりでケージの中で震えながら怯えていた時でも、ちゅーるはとにかく大好きだった。これで懐柔したと言っても過言ではないほど好きだ。もちろんソフィーも大好きで、ちゅーるタイムのときだけはこうしてくっついて食べあうのだ。月に1~2本しかやらないけれどもう猫夢中。
先日帰ったアメリカ人も2匹猫を飼っているのでお土産にちゅーるをあげた。アメリカ猫の反応はどうだっただろう。

ところで、ガーゼのタオルケットを夏掛け布団として愛用している。最近困っていることは、足まですっぽりガーゼにくるまっていると、足先にダンタカタンがものすごい勢いで噛みついてくるのだ。普段この猫は全然攻撃的ではなく人を噛んだりなどしないのに、夜だけかなり本気で痛いほど噛む。
ガーゼから足を出すとぴたりと攻撃は止むので、どうやらガーゼの上からだけは足を噛んでもいいルール(?)になっているようなのだ。なんだそのルールは。
そういえば、ノアも朝ごはんが遅かいときなどよく噛みついてきたが、必ず皮膚だけをめがけて攻撃してきたので布団に入れば大丈夫だった。この2匹がもし一緒にいたら、どっちからも攻撃されてさぞかし大変だったろう。

涼しくなってきて、ダンタカタンもしきりに人にくっついて寝たがるようになっているのだが、怖くて足まで布団に入れることができない。これから冬になってもこの攻撃続くのだろうかと先が思いやられる。

SUSHI UDON TEPPANYAKI

2017 年 9 月 3 日 日曜日

友人Sの息子さんがいよいよアメリカに帰るので、その前に温泉に連れて行った。
寿司を食べて、BBQをやって、花火をみて、ビール飲んで温泉に入り、またビール飲んで温泉に入り。
夜はトランプなどやって遊んだ。「七並べ」というのを英語では「Seven side by side」というのだと初めて知ったよ。七並べでもポーカーでもアメリカ人にボロ負けした。前に自分はパーティーゲームに強い、などと豪語してしまったことをあっさり取り消します。

今年の夏はいろいろ遊んだ。気がついたらもう9月ではないか。

9月1日はダンタカタンの推定誕生日で1歳になった。まだたったの1歳だ!若っ。
そしてソフィーは8月15日で14歳になった!お互い年とったねぇ。
ダンタカタンが14歳になる頃には自分は何歳だろうと計算すると、なんだか果てしなく遠い先のような気がするがあっという間なんだろうな。

縦列駐車中の猫たち

猫たちよ、誕生日おめでとう。うちに来てくれてありがとう。

猫耳葉脈

2017 年 8 月 12 日 土曜日

白っぽい猫を飼ってみて驚いたことは、猫の耳の血管が透けて見えることだ。黒猫も茶色猫もこんなに血管が見えたことはなかった。まるで葉脈のように耳中に血管が広がっている。

ダンタカタンの耳の血管

少し前に読んだ「ずっとお城で暮らしてる」という本の中に、金髪白人のお姉さんのことを『お姉さまは金色と白とピンクでできている』という喩が出てきて、ダンタカタンみたいだなと思った。耳も鼻も肉球もピンク色のダンタカタンは、血管がきれいに透けて見えるのだったのだ。

ソ「どれ、頭のにおいを嗅いであげるわよ」

2匹の間はそう悪くはない感じになってきた。たまに鼻キスしたり、においをお互い嗅ぎあったり、追いかけっこしたりもしている。あんなにソフィーが怒っていたり、あんなにソフィーを怖がってソファの下から出られなかったことを考えると、まぁこんなもので良しでしょ。

暑い時猫は…

2017 年 8 月 5 日 土曜日

ダ「きゃー、お風呂場楽しい!」

自分でおもちゃをくわえて湯船の中に入り、またくわえて飛び出して来たりと、ダンタカタンは一人で忙しい。湯船の中やお風呂場の床が濡れていてもおかまいなしだ。肉球が濡れるの嫌じゃないのかね。

ダ「ちょっと休憩したらまた遊ぼ」

スーパーボールは合計5個あったはずなのに、今は1個しかない。どこへ行ったんだろう。探しても掃除しても全然みつからない。

ダ「ここも涼しいね」

洗濯かごに入るのもやめてください。何年も使っていたかごが、きみが入るようになってからあっという間に崩壊してきたよ。

手作り餃子とダンタカタン

2017 年 7 月 24 日 月曜日

知人の中国人から餃子と肉まんの作り方を教えてもらった。
プロの料理人はなく家庭の主婦であるこの方の料理で感心したのが、全てが目分量であることだ。14人前の餃子、14人前の肉まんをあなた、目分量ですよ。具や粉はもちろんのこと、イースト(肉まんの皮用)もざーっと袋から入れ、お湯の温度も量も全て適当(に見えた)に入れ、スケールも計量スプーンも何も使わず。器具らしきものといったら菜箸と具を包むときに使うヘラくらいだ。相当作り慣れていないとできないことだ。さすがです。
そしてもう一つ目を見張ったのが、餃子の具の野菜のみじん切りの細かさと、野菜が全部乾燥してパラパラするくらいよーく水分をとっていることだ。布でよくよく絞っているのだそうだ。これもなかなかできない。

美しい肉まんの包み方

【餃子の具】
1.ニラ・ネギ・エビ・ひき肉
2.セロリ・椎茸・ひき肉
タレ(ラー油の具・黒酢・ネギ)にパクチーをトッピングして食べる水餃子はすばらしく美味しかった。

右側の黒酢がそのまま飲めるほどおいしい!

ところでダンタカタンはテレビが好きだ。
昔持っていた猫用鑑賞ビデオ(小鳥や小動物がたくさん出てくるビデオ)があったらさぞかしダンタカタンは喜んで観ただろうな。

為替相場の推移が気になるダンタカタン

何にでも好奇心を持ち
飽きることを知らず
出されたご飯は残さず食べ
全力で遊び
たっぷりと深ーく眠る

全くうらやましくなるような毎日だよ、ダンタカタン。

ドラマよりも猫のご飯が気になるダンタカタン
ダ「ぼくのご飯はどれだ?」

RSS/猫にごはん


(2005/01/17~)