猫にごはん

‘日常のこと’ カテゴリーのアーカイブ

ノア3回忌

2018 年 11 月 8 日 木曜日

11/8はノアの命日だ。もう丸2年になるのだ。早いねぇ。
まだ写真を全部時間をかけて直視することができないが、かわいいノアの写真を一枚さっと選んだ。

2014年のノア

今年は秋刀魚が安くておいしい。ノアは秋刀魚が好きだった。いつも1匹多く買ってきて、ノア用に塩なしで焼いていた。今でもいろいろな物をみては日々ノアを思い出す。ノアよ。なんてかわいい猫だったろう。

先日用事があって実家に泊まった。近いので普段泊まる機会は全然ないが、久しぶりにご飯のしたくなどしてみて気がついたことがある。
あぁ、そういえばこの家は、ご飯茶碗もお箸も湯呑茶碗もみな各自の物に分かれているのだった。
それぞれの家庭の流儀だから別にいいけどね。とっても面倒くさい。ご飯の準備ができて、さあ食べよう、というときに、これは○○の箸、これは××の箸、などと取り分けることの手間なこと。どれだっていいし、どうだっていい、と思ってしまう。でも各自のものに分かれている家の住民にとっては、自分の箸を誰かに使われると気持ち悪いだろうし、人の箸だと思うと使うのが嫌だろう。
私のうちはお茶碗も箸も食器は全て共通だ。食卓もばらばら感がないし、何より手間がなくていいと思うのだが、どっちのほうが主流なのだろうか。なんとなくイメージでは、昔の家は各自のお茶碗・お箸のような気がするが、勝手なイメージか。
考えると、うちにも一人ずつ分かれているものがあった。歯ブラシ。これだけは共有していない。当たり前?

久しぶりの遠出

2018 年 3 月 3 日 土曜日

流氷

冬の北海道(道東)へ行ってきた。流氷の上で羽を休めるオオワシをみて、凍っている湖の上のキタキツネをみて、雪原のエゾシカをみて、丹頂鶴をみてきた。牧場の飼い猫も普通に雪道を歩いていて、肉球が凍傷にならないか心配になった。

手前が赤ちゃん丹頂鶴

どの写真をUPしようか本気で悩み、食べ物の写真もどうしても外せない。カニも牡蠣もホタテも美味しかったが、ニジマスいくら丼とラーメンも捨てがたい。
山わさび(ホースラディッシュ)が流行っているのか昔から一般的なのか分からないが、何にでも山わさびが付いてくる。山わさびの醤油漬けや、スナック菓子も山わさび入りがたくさんあった。美味しいけどね。アメリカだとサンドイッチにホースラディッシュを入れたりもしていたのを思い出した。

阿寒湖のニジマスいくら丼

ほんとに冬の北海道っていい。天気がたまたまよかったせいでドライブも楽しくとてもいい思いばかりだった。老後は北海道に移住しようと心に決めたが、帰宅して数日後大荒れの道東の天気をテレビで観て早くも迷いが出てしまうのであった。でもやっぱり一度は住んでみたいなぁ。

弟子屈ラーメン

洗濯もの

2018 年 1 月 14 日 日曜日

壊れていた洗濯機が直った。内部の排水弁が外れていた(?)だけのようで、修理の方が来てから数秒で解決した。なんてことだ。洗濯ができない1週間の辛さがなんだったのかとあきれるほどだ。
10年以上使っている洗濯機なので部品がもうないことから、買い替えも検討にしつつネットを眺めていたら、洗濯機はどんどん値段が高くなっているのだと実感した。難しい機能なんて全然いらないのに。ただただ洗えて乾かせればいい。だいたいうちの洗濯機(ドラム式洗濯乾燥機)にも、全然必要とは思えないようなぬいぐるみやスニーカーを洗う機能や、乾燥したあとしわにならない風ナイス機能やふっくら仕上げなどついているが、ほんとうにこんなの欲しい人がたくさんいるのだろうか。私が何よりドラム式洗濯機(うちのだけか?)で一番不満に感じているところは、糸くずフィルターが一番下についていて、掃除するのに膝をついてかがみこんで掃除しなくてはいけないことだ。風機能なんかよりもよっぽどそちらを改善して欲しい(←これ何度もJに文句を言っているのでいつもあきれられている)。それにしても、あーよかった、買い替えなくてすんで。
最近の洗濯機の値段の高さと比較して、今回の工賃1,000円(プラス出張費2,500円)はあまりに安すぎる。来ていただく時間指定までさせていただき、数秒で作業が終わったとはいえ、往復の時間と丁寧にご説明までいただく手間に恐縮する。こういうときアメリカのようにチップが渡せたらなぁと思う。

たまりにたまっていた洗濯ものを何度も洗濯し、どんどん乾いていく様子を眺めていると気持ちまで洗われていくようだ。
コインランドリーに行くことも考えたのだが、ものすごく近くにあるわけでもなく、洗濯している時間待っているのも嫌だ。と思いつつ調べてみると最近のコインランドリーもだいぶ進んでいて、カフェみたいなおしゃれなスペースになっていたりもするらしい。ふーん。世の中いろいろ進化しているのだなぁ。

SUSHI UDON TEPPANYAKI

2017 年 9 月 3 日 日曜日

友人Sの息子さんがいよいよアメリカに帰るので、その前に温泉に連れて行った。
寿司を食べて、BBQをやって、花火をみて、ビール飲んで温泉に入り、またビール飲んで温泉に入り。
夜はトランプなどやって遊んだ。「七並べ」というのを英語では「Seven side by side」というのだと初めて知ったよ。七並べでもポーカーでもアメリカ人にボロ負けした。前に自分はパーティーゲームに強い、などと豪語してしまったことをあっさり取り消します。

今年の夏はいろいろ遊んだ。気がついたらもう9月ではないか。

9月1日はダンタカタンの推定誕生日で1歳になった。まだたったの1歳だ!若っ。
そしてソフィーは8月15日で14歳になった!お互い年とったねぇ。
ダンタカタンが14歳になる頃には自分は何歳だろうと計算すると、なんだか果てしなく遠い先のような気がするがあっという間なんだろうな。

縦列駐車中の猫たち

猫たちよ、誕生日おめでとう。うちに来てくれてありがとう。

いろいろ廃止してます

2017 年 8 月 27 日 日曜日

ボトル洗い用のスポンジで遊びたいダンタカタン。

ダ「これはぼくのオモチャだ」

きっかけはダンタカタンがキッチンにすぐ登ってしまうことだ。カウンターに登って大人しく眺めているだけならまだしも、スパイスラックに置いてある顆粒ダシの元のにおいをくんくん嗅いでいたりするのを目撃すると、出しっぱなしはやっぱりいかんと思うようになった。顆粒だしは調味料を入れている戸棚にしまった。そうすると、塩・胡椒なども何も一日中料理しているわけでもないので同じく戸棚にしまえる。しかし砂糖はコーヒーに入れるので、コーヒーカップの隣に置いてあった方が便利だ。そもそも台所にはスパイスラック(調味料の棚)なんていらないのかもしれない。
そんなことを考えていたとき、ちょうどテレビで片づけ上手な人が言っていた。
「水切りカゴはいらない」
そうだ確かに水切りカゴは数年前まで使っていなかったのに、気が付いたら便利に使うようになっていた。さっそく廃止して、使っていなかったシンクに渡す水切りプレートを使うときだけ出すことにしよう。
ついでに、ツールスタンドというのか、ヘラとかおたまとか入れているあれも、調味料の棚にちょうど開きスペースがあるのでそこにしまい、使うときだけ出そう。
あと台所に出ているものは、まな板(大・小)だ。これはシンク下の扉の内側につるせば、まな板置きもいらない。
と、あれこれしまったり吊るしたりしてたら、なんとすっきりしたことか。本当に台所に何一つなくなった。
「引っ越し前の家か?!」」というのがそれを見たJの第一声で、「この広大なスペース(←大げさ)でそば打ちでもするつもりなのか」と驚いていた。

最近廃止したもの
・スパイスラック
・水切りカゴ
・まな板スタンド
・バスタオル

そう、少し前にバスタオルも廃止しました。ハンドタオルより一回り大きいタオルをバスタオル代わりに使うことにした。そうするとあら便利。洗濯物も少ないし場所もとらない。うちのタオルはアメリカで買った巨大な分厚いバスタオルで、それはそれで気持ちいいんだけど洗濯物がめんどくさいったらなかったのだ。何より濡れたバスタオルを体に巻いたままソファに座ったりすること(←すごく嫌い)ができないのがいい。ねぇ、J。

RSS/猫にごはん


(2005/01/17~)