サンディエゴで犬猫にごはん ~散歩編~

マルコさん宅の犬猫たちのペットシッターをやらせていただくことになって、一番楽しみだったのが毎朝の犬の散歩。犬がいれば毎日散歩に行ける。近くの芝生の公園は本を読むのも良さそうだし、サンドイッチなんぞ持っていってくつろいでもいいかも。海岸でフリスビーやボールを投げて一緒に遊んだりして。ついでに一緒に毎朝ジョギングもしたりして、なんて健康的な私。夢は膨らむが、犬と散歩をして現実はなかなかそう都合よく行かないことが分かった(実際何一つやっていない…)。
いろいろやることあるんだから。 → いろいろやることあるんだから。

まず第一に、犬はまっすぐ歩いてくれない。そう、当然ながら犬には犬のしたいことがある。家から一歩出た途端、不審なにおいはないか、チェックするのが犬の仕事。自分の家の前庭だって安心ならんぞ。隣の家の車のタイヤも怪しいぞ。放って置くといつまでもいつまでもにおいを嗅いでいる。
やっと公園にたどり着いても、犬はやることがいっぱい。排泄も大事な日課だ。うんちをそのままにする不届きな飼い主もいるようだが、マルコさんに教えてもらった通り、きちんとビニールで取り除く。やれやれと芝生に座ろうとして、落ちているうんちから2センチくらいしか離れていないところだったこともある。危ないところだった。飼い主はきちんと始末をしましょうね。
公園で要注意なのが、犬を放し飼いにしている他の飼い主だ。飼い主はそりゃあ「She’s OK!」などというが、綱もなしで巨大なドーベルマンなどがぐんぐん近寄って来たりすると、非常に怖い。こちらは大事な預かりものの犬たちなのだ。犬たちの引綱を短くしっかり結び、近寄らせないようにする。いざとなったら、身を挺してでも守らねば(←大げさ)。けっこう犬を放している人が多いので、公園に着いたからといって、のんびり昼寝などしているわけにはいかないのだった。知らない場所になど、危険がいっぱいでとても連れて行けない。
そして2匹同時に散歩させるというのも、今までしたことがなかったので、新鮮だ。2匹の綱がしょっちゅう絡まってしまったり、木を間に挟んではりつけの刑みたいになってしまったり(私が)はするが、それぞれ性格の違う2匹の動物がいるということは、2倍楽しいことだというのがよく分かった。
なでられてご機嫌。 → なでられてご機嫌。

おまけに犬を散歩させていると、アメリカ人にしょっちゅう声をかけられるということも発見の1つだ。たいてい誉められるのは、柴犬のあんこちゃん。今日など車で走っているおじさんがわざわざ、車を停めて窓を開けて、「なんてきれいな犬なのだ!」と感心して話しかけてきた。柴犬(Shiba-inu)という種類はけっこう有名なようで、「柴犬だろう。知っているんだよ。前に見たことがあるんだ。」とひとしきり勝手に話したあと、「コニチワー!」と陽気に手を振って去っていった。
公園ではあまりのんびりできないことが分かったので、帰って、マルコさん宅の日当たりの良いお庭で本を読んでくつろぐ。あんこちゃんもたまこちゃんも、ぴったりくっついて、足に寄り添う。なんてかわゆいのだ。猫もよいけど、犬も欲しいな~。
自分も外に出たいうめこちゃん。あとで遊んであげるからね~ → 自分も外に出たいうめこちゃん。

18件のフィードバック

  1. わんこのいる暮らし・・・・じじじじつは私も憧れてはいるのですよ。
    しかしねぇ、猫9匹ですから・・・おまけにじじばばおりますのでこれ以上は【無理!!!】って日々自分に言い聞かせております(;_;)j

  2. noirさんお久しぶりです~。
    わんこの散歩っていいですよね、私も好きです。
    (実家に10歳のわんこがいるんですよ)
    でも今東京は極寒でとてものんきに散歩に行くきぶんじゃないけど・・・。
    西海岸が暖かそうで羨ましいです。
    柴犬がアメリカ人に人気あるって、日本のTVでも前にやってましたよ。
    本当なんですね~。
    なんだか嬉しいな♪

  3. わかりますぅー。私もこっちに来て以来、周り中が楽しそうに犬を飼ってることに気がつきまして&こちらの犬は、また、お行儀も良くて(もともとは苦手だったんです、でへへ)、犬が欲しくてたまらない。。。
    裏庭に運動場もあるし♥、Bは出張だらけだし、大きなやさしい犬がいたら、どんなに良いだろうと思いますですよ。
    まぁー、でも、同じく、無理ー。大型犬が欲しいけど、日本のマンションでは禁止なのだった。いいなぁ、tomoさん。。。

  4. やっぱり私も犬欲しいなぁ~けど、こっちじゃチャンとお庭にフェンスしないといけないし・・・・
    それにしても本当に綺麗な柴犬ですね。ナデナデ・ニコニコ^-^
    うめこちゃんの冷ややかな目付きが・・・・–;

  5. いいですね、お散歩♪特にSDは犬の散歩には最適な環境な場所と気候だし。
    しかし、ドーベルマンのノーリードはいくら躾がちゃんとされてるからと言っても怖いですよね!犬大好きな私もいつもちょっとびびってます。(笑)
    てゆうかドーベルマン飼ってる人多くないですか?SDだけ???

  6. 犬にとっての散歩…それはズバリ任務。
    『偵察』『諜報行動』『情報交換』…散歩というより仕事、気分はスパイ大作戦。
    何しろ使命感に燃えやすい生物なので、散歩中は任務に没頭するのです。
    引き綱を持つ人間の思惑とは関係無く犬の散歩は展開するのでした。
    どんなに家でグータラ過ごしていても、一旦散歩に出れば任務の鬼と化すワンちゃん…大変だなあ。
    基本的に犬は心配性で悲観的、猫はおっとり楽観的だとか。
    お留守番時に『帰ってくる?…まだ?…帰るよね?…』と悲しくなるのがワン、
    『飼い主帰るまで…とりあえず昼寝しとこ』がニャンだとか。
    ああ、それにしても、柴犬は可愛い♡
    任務に燃えるワン達の中でも、特に生真面目そうなその容姿・つぶらな瞳にときめきます。

  7. あぁ、いろいろ気苦労をかけているようでスミマセン。
    匂いを嗅がせているとキリがないので、私は自分のペースでぐいぐい引っ張ってしまいますが、
    優しいnoirさんには思う存分匂いを嗅がせてもらったのですね。

    なんちゃって柴のあんこがまたも褒められて、飼い主としては嬉しい限りです。
    しかし、日本にはあんこによく似たなんちゃって柴だらけ・・・(笑)。
    あんこ、至福の表情で撫でられていますね。Jさんの手かな?最初は唸ったくせに・・・(笑)!

    窓から見ているうめこ、亡霊のようですね。
    最近何度か脱走して、味をしめてしまったので、外に出たくてたまらないのです。
    いつもと変わらぬ3匹の姿を見て、とても嬉しいです。

  8. どはは〜♪
    noirさんが“はりつけの刑”になっている場面と・・・
    陽気なアメリカ人が「コニチワー!」と去る姿を見送る風景を想像して楽しくなりました〜。犬もいいですよねぇ!
    友人が犬飼いで3匹いるところに招待されたのですが、歓迎のパワーに圧倒されっぱなしでした。
    犬飼いには体力も必要みたいですね。

    カワイイんだけど巨大な犬の放し飼いはやめて欲しいですね。
    以前バイクで遊びに行った広い公園でグレート・ピレニーズを放し飼いしてる飼い主がいて・・・
    かみ殺されそうになった記憶があるんですよ。突然振り向きざまに飛びかかろうとしてきて・・・猫のニオイでもしたのかなぁ〜。
    目を血走らせ、牙むき出して向かってくるピレニーズの動作がスローモーションに見えて(走馬燈は見えなかったけど)
    狩られる小動物の気分を味わいましたからねぇ。あれは恐ろしかったなぁ(汗)

  9. 2匹を散歩させるのって結構コツがひつようですよ(経験者は語る)!
    木にぶつかりそうになったんですか?ふふふ。両手でリードを持つと、大変なので、私は片手に持っています。
    でも、2匹ともお利口さんなので、引っ張ったりしないんですよね。いいなあ。うちのも臭いを嗅ごうとしますが、そんなワガママは許しませんよ。
    でも、二つのかわいいお尻がフリフリ歩いてるのはとってもかわいいんですよねえ。うめちゃんの目がとっても恨めしそうだわ。

    鹿児島は結構日差しがきつくて、姉がSDを思い出すと言っていました。寒いのは寒いんですけどね。

  10. お散歩って楽しいばっかりじゃないんですね~
    大変なのが、よっくわかりましたよ。
    うめこちゃんの羨ましそうなお顔が切ない…。
    そろそろお散歩デビューしますか?
    マルコさん~♪ (=^・^=)なんちて。

  11. >あずきさん
    でしょ、でしょ!憧れますよねぇ、犬と猫が一つ屋根
    の下。うーむ、しかしあずきさんまで犬が欲しいと
    思っていらっしゃるとはびっくり(^^)。
    うちでさえ2匹もういるからなーと諦めているんですよ~。
    はぁ、でもいいものです、犬♪

    >エミさん
    こんにちは!
    おぉ、ご実家で犬を飼っていらっしゃるのですね。
    いいですよねぇ、犬。そして猫たちと仲良く(平和に)
    やってくれたら言うことない。
    サンディエゴは昼間は今でもとても暖かいのですよ。
    散歩に最適です~。犬たちも陽射しを浴びて
    かわいらしったらないです。
    柴犬は今日2匹会いました。けっこう飼っている
    人もいるようですね。異国で日本人に会うような
    感覚がして、私もうれしくなってしまいます(^^)

    >Kさん
    うめこちゃん、いつも外に出たそうにしていて
    かわいそうになってしまいます。散歩も犬だけだし
    庭も犬だけ。そのかわり、猫は家の中どこでもOK
    だそうです。あー、みんなかわいい~♪

    >koruさん
    ですよねー。犬猫飼っている人ってすごく多いと
    思う。特に犬は海やカフェや店や、連れて行ける
    ところがたくさんあるからうらやましー。
    一軒家だったら犬飼いたくなるでしょうよ。あぁ
    でも殿はきっとすごくストレスになってしまいそうで…^^;
    仕方ないので、お互い、tomoさんのところで犬と
    遊ばせてもらいましょー(笑)。

    >Kalakaさん
    Kalakaさんのところだったら、犬飼いやすそうなの
    にー。←よく知らないけど、なんてったってハワイだし:-)
    フェンス付きの一軒家ってやっぱり多いのでしょうか。
    こちらでもよく見かけます。もしそういう家に住んで
    いたら、飼わなくちゃ!って気になってしまいそう
    ですよね~。
    みんなとってもかわいい子たちなんですよー♪

    >miさん
    実は私犬の種類ってよく分からないんですよ。えへ。
    だからたぶんドーベルマンかなーって思っただけ
    なのだ。でも、けっこうよく見かけるような気がします。
    ドーベルマンや、ピットブルなどの大型犬。そして
    いくら人懐っこいといわれても、ちょっと怖い。
    それにしてもサンディエゴは犬飼にとっては天国
    のような場所ですよね~♪あぁ、うらやましい。

    >なみさん
    あははは。確かに。いつも任務推敲中!ってマジメな
    顔でにおい嗅いでます。そういうときに、声かけたり
    なでても、普段と違って全然反応しないので
    おかしい。というか、真剣なので、こちらが邪魔
    してるような感じ。えらいですねぇ、犬は。
    犬のこのつぶらな瞳がたまらない。猫では味わえ
    ないですよねぇ。あぁ、やっぱり犬も猫も両方飼う
    のが一番だー。

    >マルコさん
    とんでもない。毎日楽しんで散歩させていただい
    ておりますよ。あんこちゃんもたまこちゃんも、
    とてもきれいだと、何度か誉められました。
    まるで私が誉められたように、うれしかったりし
    て。あはは。
    そうそう、これはJの手ですよ。今ではソファの
    上でJに寄り添って寝たりしております(←はっ
    ソファの件はトムに内緒ってことで…)。
    もうすぐ帰国ですねー。みんな大喜びだろうな~。
    気をつけて帰ってきてくださいね。

    >踊る運び人さん
    ひー。なんて恐ろしい体験されたんでしょ。
    それは恐かったでしょうねぇ。そんな経験のあと
    では犬恐怖症になりそうです。大丈夫ですか。
    たぶん虫のいどころが悪かったのか。何か
    踊る運び人さんのことが気に食わなかったので
    しょう^^;
    犬放し飼いにしている人けっこう公園に多いので
    私も恐怖です。特にこちらの2匹に襲い掛かられで
    もしたらと思うと、何か武器でも持ち歩きたいくらい(笑)。
    アメリカ人は陽気な人が多いので、よく話し掛け
    られます。犬がいるとコミュニケーションもとれて
    いいなぁ♪

    >うさをさん
    うさをさんは毎日2匹連れで散歩だからなぁ。
    先生!難しいです~。
    両手で持ってはいけないのですか。確かに。
    いつも2匹が別の方向に行こうとするので
    木がなくてもはりつけになってしまうの。片手で
    持てばスマートだなぁ。
    心ゆくまでゆっくりにおいを嗅がせてあげようと
    思うと、ほんとに公園にたどり着くまですごく時間が
    かかってしまうのですよ。あぁ、でも散歩ができて
    楽しいです~。
    うさをさん鹿児島にいらっしゃるのですね。
    よいお年をお迎えくださいませ!

    >くろねこ・ママさん
    あはは。マルコさんのいないすきに、うめこちゃんも
    公園デビューさせちゃいましょうか~。
    びっくりするだろうなー、3匹散歩させている姿を
    マルコさんが見たら(^^)
    2匹散歩は毎日楽しくて仕方ありません~。
    あぁ、うちも犬飼いたいよー!どうですか、ママさん
    のところも。お父さんのダイエットにもいいかもよ~。

  12. ふむふむ。
    猫ちゃんのお散歩に付き合うってのは無いですもんねぇ。
    やっぱり散歩はワンちゃん。

    うらめしそうに外を眺めてる・・・かわいそうだけど、
    気持ちがすごく伝わってくる写真ですね。

  13. >judyさん
    うめこちゃんの、このうらめしそうな怒ったような
    表情がたまらないです。出してあげたいところだけど
    猫はそういうわけにはいかないのよ~、泣。
    散歩好きには、犬はうらやましい限りです。
    やっぱり外に一緒に出かけれらるというのはいいです
    よね~♪

  14. ぶはは〜♪
    そう、きっと気にくわなかったんでしょうねぇ。
    グレート・ピレニーズは警戒心が強いと言うし、何か怪し〜い空気を嗅ぎ取ってしまったんでしょうか・・・。
    しかし、あんな恐ろしい目にあっても犬飼いの友人宅へ行って、犬達とお留守番をしたりできるのでトラウマにはなっていないようです。

    武器・・・。スタンガンとか!?ビリビリビリ〜☆
    あぁ、犬飼いの人から反感をかってしまいそ〜(汗)
    写真とキャンプ好きな友人は野宿の際、万が一野生動物に襲われたときにためカメラの一脚を持って行くそうです。如意棒のごとく使って格闘するつもりらしいデス(怖)
    公園の犬に襲われたら武器よりも生肉とかを投げてやってその隙に逃げるっていうのはどうでしょうねぇ?

    追伸:猫達へのお土産は猫缶だけではなく、ビニールも!?
    不思議ですねぇ、何がそんなにノアちゃんを夢中にさせるんだろ?

  15. >踊る運び人さん
    キャンプのとき襲われそうな野生動物って、なんで
    しょうね。しかも一脚で対処できそうな、というと…
    うーむ^^;
    ヨセミテでキャンプしたときは、テントの中に絶対
    食べ物を入れてはいけないと厳しく言われて、私
    すごく気をつけていたのですが、翌朝見たら、しっかり
    お菓子が残っていました(笑)。危なかったのか~。

    ビニール好きな猫にも困ったものです。
    食べないように見張っていなくちゃいけないしー。

    踊る運び人さん、今年一年どうもありがとうござい
    ました。
    どうぞよいお年をお迎えくださいませ~♪

  16. う〜ん、キャンプといってもオートキャンプならぬツーリングで
    山に入り込むので・・・やっぱり野生化した犬とか想定してるのかなぁ・・・。
    一脚持ってても囲まれたら対処できなそうですよねぇ。

    とうとう今年も終わり。
    noirさん、今年はお土産も送っていただいたり(感謝)
    ブログで楽しませていただきいろいろお世話になりました♪
    noirさんJさん、ノア&ソフィ−にとって良い年明けとなりますように。

  17. >踊る運び人さん
    そうか、野犬か。確かに怖いですねぇ。野犬に囲ま
    れるなんて絶対想像したくない事態だ。
    どうか、お気をつけて。そんなことになりませんように。

    こちらこそ、いつもコメントどうもありがとうございます。
    踊る運び人さんが復活してくれて、ファンの私は
    うれしいですー。
    来年もよろしくお願いしまーす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください