もらいやすい女とクジラ

一度は行ってみたいと思っていた、ホェールウォッチングに初めて行ってみた。クジラが見れなかったら、料金は戻ってくるそうだから、シーズンが終わる前もっていかなければね。この辺りで見ることができるクジラは、Gray whale(コククジラ)という種類で、体長15〜50フィート。70年以上も寿命があるのだそうだ。ちなみにサンディエゴのホエールウォッチングシーズンは3月末まで。まだ間に合いますよ、みなさん。
週末のツアーはとても混んでいて、席がなく立っている人たちもいた。私とJは、私たちにしては非常にめずらしく、15分も前に着いたため、楽勝で海側の良い席がとれてラッキーだった。この船、どこかで見たことがあると思ったら、前回サンディエゴ湾内クルーズで乗った船と全く一緒ではないか。全行程3時間もかけて、外海まで行くというのにこんなに小さいクルーズ船で大丈夫なのかと心配になる。
クジラレクチャー中。 → 猫にごはん

いざ出航。しかしクジラはなかなか現れず。軽快なしゃべりのガイドの話も尽き果て、船中に気だるい退屈ムードが漂い始めた。そんな時、突如として船のエンジンが止まり、「クジラがいた!」とのアナウンスが流れる。近くの海中に沈んでいるらしい。静かにしていれば3分から20分後に呼吸のために海上に出てくるのだそうだ。に、にじゅっぷん....。2時の方向を注視するよう言われると、ほぼ全員が右側のデッキに移動するので、船が倒れないかまたも心配になる。しかし、それにしてもすごい揺れ。船が動いているときよりも、止まっているほうがずっと揺れるのだ。
そして、出たっ!ほんとにクジラだっ!思ったよりも近い海面に、まず大きく波打ち、そして大きなごつごつした灰色の背中が見え、尾びれが見え、勢いよく潮を吹きあげる。すごいー。
結局2頭のクジラが、2回ずつくらい海面に姿を見せた。しかしいずれもタイミングがはかれずなかなか写真に撮るのが難しい。イルカも何頭か見えたのに、これまたカメラが追いつかず全然決定的瞬間が撮れないのだ。それでも初めて生で見るクジラはやはり感動的に大きく美しかった。船内に地響きのようにわき起こる「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜」という感動のどよめき。
分かりにくいが、これがクジラだっ。 → 猫にごはん

感動の話のあとでこんなことを書くのもどうかと思うが、汚い話も少々。私は子供の頃、非常に乗り物酔いのしやすい体質で、車に乗っては吐き、電車に乗っても吐き、飛行機に乗っても吐いていた。もちろん遠足のときは先生の隣に座らされ、そこで吐いていた。しかし大人になるにつれ、なぜか酔わなくなり、今ではすっかり丈夫な人間になった。だから大丈夫。自信をもって船に乗り込む。
案の定全然平気でいたのだ。しかし、しかーし。途中トイレに立ったのが全ての敗因。私が、女性トイレの3つの個室の真ん中に入ったその時、ほぼ同時に両隣から聞こえてきた、その音。うわぁぁぁ、みんな吐いてる〜。そして用を足して急いで個室から出ると、うわぁぁぁ、洗面所でも吐いている人がいる〜。
その時、急に脳裏に浮かび上がる幼少の頃の悲しい思い出。そうだ。私ってもらいゲロしやすい人間だった。遠足で先生のそばに座らされる子供は、みな乗り物酔いしやすい体質で、そういう子は、誰か一人が吐くと、それを見てみんなつられて吐いてしまう。そんなところに集まって座らせるから、まさに悪循環が発生するのだ。みんなでもらいゲロ。
そんな嫌なことを思い出してしまったため、にわかに気分が悪くなる私。そして、うぅぅやっぱり吐いてしまいました。しくしく。それまで本当に全然平気だったのに(←しつこい)、急に船酔いになってしまったのだった。大人になってからは酔わないはずだったのに。悲しすぎる。これで船酔いする人間だというレッテルを貼られてしまった。何がそんなに悲しいって、いつか船に乗って思いっきり海釣りすることが夢なのに、これじゃダメじゃん。しかし吐いたあとには、立ちどころに復活したので、正確にはこれは船酔いと言わないのかもしれない。いや言わないに違いない(←負けず嫌い)。
帰りがけに見たら、船内にいくつか置いてあったゲロ袋の容れ物は、みな空になっていた。私も一枚使用した。足りてよかった。次に乗る機会があったら、ちゃんと自分の袋を持参しよっと。
サンディエゴらしく軍艦もたくさん。 → 猫にごはん

13件のフィードバック

  1. おぉ~クジラ、いいなぁ私も見たかったなぁ!!
    船酔い、私は必ずします。(;_;)
    私も子供のころから車に乗ると必ず酔ったよ。
    今は、大型船なら平気だが、小型のにのると、どうしても酔ってしまうよ…..

  2. あたしも今だに乗り物酔いの人。
    というか「閉じ込められた」感があると、どうも気分が悪くなる人です(気持ち負け。/苦笑)きっと前世で何かあったに違いない!(…と前世のせいにしてみる。)
    海沿いで育ったので、子供の頃よく漁船に乗せてもらいましたが、船酔いの記憶ってないです。あまり長時間乗らなかったからかしら?
    お酒に強い人のほうが船にも酔わないように思えるのですが、noirさんはお酒は強いですか?
    そうだったら大丈夫!存分に海釣りを楽しんでください!(笑)

  3. クジラを見たら感動しますね!いいなあ。
    グアムでイルカウォッチングをしたことがあります。
    船と一緒にイルカが泳いでくれて、
    すごく感動した覚えがあります。
    私は大丈夫だったのですが、妹が船酔いして
    青い顔で集合写真に写っていたっけ…
    私はあまり乗り物酔いしない方なので助かってます。

  4. >Akiさん
    あぁ、Akiさんも船酔いしてしまう人なのですね。悲しい
    ですねぇ。子供の頃の酔い癖というのは、大人になっても
    やっぱり治らないものなのでしょうか(涙)。
    ところで、サンディエゴからクジラが見れるなんてつい
    最近まで知らなかったです。毎年冬の間、ベーリング海峡
    から、バハカリフォルニア南端まで周回しているのだそう
    です。すごかった~(^O^)

    >がらさん
    むー、がらさんも乗り物酔い。しかも閉塞感に弱いという
    ことは、たいていの乗り物に弱そうですねぇ。
    そういえば、今回の3時間の船は、私の船上の最長記録
    です。今まで乗っていたのはもっと短かったなぁ。
    そのせいでしょうかね。私、酒は強くはないですが
    好きではあります(笑)。酒を鍛えたら、船に酔わなく
    なるんだったら、毎晩でも練習するのに~(←飲みたい
    だけ)。私の記録の中では、今回の船酔いはカウント
    しないことにしておりますので(笑)、いつか海釣りに
    ぜひ行きたいと思います~。

    >にゃうちろさん
    へ~。いいですねぇ。船にイルカが伴走してくれるの、
    私も期待していたのですが、それはなかったな~。
    その代わり。クジラの近くには、いつもイルカがいる
    そうで、確かにでてくる直前にはイルカも泳いでました~。
    おかげで紛らわしかった…^^; 
    妹さん、船酔いしながらも記念写真におさまらなくては
    いけなかったなんて、かわいそうに~(T_T) 同じ
    船でにゃうちろさんは平気だったのか…。うらやましー!

  5. おひさしぶりんこ。(←なにもんやおまえ?)
    もらいやすいって、どんな景品もらえたのかと思ったらげ○だったのですね。。。
    私も船酔いよりも近くの人のげ○のほうがこわいです。

    ほえーるウォッチングいいなあ。
    私もAki様と同じくいっとけばよかったと思います。
    2匹もでてきてくれたなんて、よかったじゃないですかあ。
    ラッキーや。

  6. 先日、アンケート結果の報道を目にしました。
    「何が一番不快な音ですか」世界規模でアンケートを取ったそうです。
    答えは「嘔吐の音」。
    入った個室の左右でやられたら、たまったもんじゃないですね。
    わたしは乗り物酔いはしないたちですが、オーストラリアで
    ダイビングに行った時に気分が悪くなった事があります。
    ウエットスーツを着ようと、かなり長い間下を向いていたのが敗因です。
    船に乗ったら、なるべく遠くを見て、足元見ないで(危険なものが
    落ちていることが多々あるのですけどね)呼吸を止めることが
    ないようにしたらよいそうです。
    ホエールウオッチングは高知へいけばできると聞いた事があります。
    いいなあ、いい経験をしましたね。羨ましいです~。

  7. ここにも仲間がいましたね。私もゲロ軍団の一員です。
    何に乗っても酔う。。。
    大人になってからも東京への出張で静岡から東京間の新幹線で吐いた事もあります。(まったく。。。)
    船も完全に酔います。一度、船着場から船を見ていたら吐いてしまったこともありました。(手のつけようがない)
    で、この酔う経験からどうしたら酔わないかいろいろ試行錯誤したところ私の場合はとにかく乗り物にのったら乗り物内で動かない事。これが一番効きました。今度試して見てください。
    あと、お花ほめてくださってありがとうございます。あばたもえくぼ?ちょっと違うか?
    これからもお花の道を精進していきたいと思います。

  8. くじらーーーー!!いいなぁ!!!
    ワタシ「海ほたる」が生で見てみたいんです。
    前にテレビでやってたんですけど
    夜にイルカが泳ぐと海ほたるが光って
    まるでイルカがイルミネーションみたいに
    綺麗に光ってて。それがすっごい印象的でした^^
    場所は確か鹿児島だったと思います。
    あーーー生で見てみたいなぁ・・・・

    船酔い・・・苦しいですよね。
    しかもその状況・・・
    想像するだけでも船酔いしそうです(笑)
    せっかくいい調子だったのに~!悔しい!
    とワタシも思ってしまいました(笑)
    でもでも本物の鯨はやっぱり感動ものですよね★

  9. >Kさん
    おー、お久しぶりです。元気ですか~。
    近くの人のって弱いですよねぇ。私すぐもらってしまう
    のです。子供の頃から変わってなかったー。どうかみんな
    私の周りでゲロしないでくれ。
    ホエールウォッチングは、バハまで行かないとできない
    のかと思っていましたが、サンディエゴからも出ているん
    ですねぇ。見れなかったら振替えチケットだったのですが
    見れてよかった(もう当分あの船には乗りたくない)^^;

    >momomoさん
    ダイビングの前に酔ってしまったとは、災難でしたね。
    そのまま海に入れましたか?^^;
    足元見てはいけなかったのですね。私そのとき、クジラが
    見えるかもと思って椅子の上に立ち上がったりしていて
    揺れてたからけっこう下見てたかもしれないなぁ…。
    とにかくクジラが見れて良かったです。振替えチケット
    もらっても、当分あの小さい船には乗りたくないのだ!
    ほー、日本だと高知でホエールウオッチングができる
    のですか。高知は酔鯨の里ですものねぇ。←あ、考えた
    らこのネーミング、クジラも船酔いってことか?←違うって…

    >だのりさん
    うわー。それはすごい。船着場から眺めていただけで
    ゲロしてしまったなんて、それは相当なものですね。
    ホエールウォッチングの船には乗らないほうがよい
    でうしょ。すごーーーく揺れます(笑)。
    予防策として動かないというのは、いいですね。
    確かにあのとき、立ち上がったり歩いたりしていたら
    気持ち悪くなりました。あと、船に乗ったらトイレに
    行かないとかもいいかも(笑)。

    >ヤヨイさん
    へ~、海ホタルとイルカが一緒に見られるところが
    あるのですねぇ。素敵~。
    イルカも水族館で見るのと違って、野生のが、海で
    元気に泳いでいる様子がとても印象的でした。
    クジラもとても美しかったですよ~。惜しかったのは
    全然写真に撮れなかったこと(涙)。というかそのとき
    ちょうど船酔いもひどくて。うぅぅ(泣)。
    今後は船に乗ったら、トイレに行かないようにしようと
    かたく心に誓いました。だって、両隣からなんて
    ひどすぎる~。ヤヨイさんは船酔い大丈夫なのですか?
    トイレには注意ですよ~(笑)。

  10. noirさんこんにちは~お久しぶりです!
    クジラ、見てきたんですねー!
    私も10年くらい前に1度、ボストン沖でホエールウォッチングを体験しました。
    それ以来すっかり海洋哺乳類ファンです♪
    その日はラッキーだったのか、いろんなポーズが見れましたが
    (コンビでジャンプとか、変わったジャンプとか)
    一番の衝撃はクジラの潮吹きを浴び、それが生臭かったことです(笑)
    それまでどうにか船酔いせずに頑張ってたのに、一気に気分が悪くなりそうでした。。。

    サンディエゴは気軽にクジラが見れそうでいいですね~。
    いつか行ってみたいなぁ♪♪

  11. noirさ~ん
    そおか、そおおおか~(--;)
    クジラ・ウォッチングはそんなにゲロるのかぁ~(真剣)
    いや、今 日本ではいろんな懸賞やってるんですが、ヒソヒソ
    ビール会社のクローズド懸賞で、いろんな感動体験をさせてあげるよん!というのがありまして、その中の選択肢のひとつに
    ホエール・ウォッチングがあるんです。さば!いかん!と
    これに憧れて応募しようと日々がんがんビールのんでそのシールを集めておるところです。noirさんのいつぞやの
    ペプシ缶のような状況(笑)
    ところが、ホエール見る見るツアーにはこんなオマケが
    あったとはしらなんだ・・・・・
    ・・・・・ホエール・ウォッチング、やめとこう(–;)

    今こうやってnoirさんの記事読んでても
    眼から伝染しそう、脳の中はゲ○・わ~るどぉ~~~(爆)

  12. 生きてる鯨みたんですね~♪いいないいな。やはり大海原で泳いでいるのが一番魅力的ですよね。
    やっぱり、サンディエゴっていいところですねえ。
    住んでみたいなぁ。

    船酔い、苦しいですよね。
    あれは連鎖反応を起こします。はい。
    私は酔わないんですけど、今はブランコに酔います。

    東京の電車のホームはそれらを結構みかけますよぉ。
    掃除しきれないだろうなぁ、数も多いし。

  13. >エミさん
    そうそう!ボストンはホエールウォッチングが有名だと
    聞いたことがありますよ!見られたのですね。それも
    コンビでジャンプ?クジラが?!すごーーーーーーい。
    潮吹き浴びるほど近かったなんてそれもすごい。言われて
    みればいかにも生臭そうですが(笑)、どんなにおいか
    想像したこともなかったです^^;
    私だったら、いっきに船酔いになりますね、それ(笑)。
    サンディエゴからは冬の間毎日船がでているようです。
    たぶん、ボストンでご覧になったのよりも、とても
    小さなクジラだと思うので、潮浴びるキケンは少なそう
    ですよ~(^O^)

    >みやごんさん
    あははは。懸賞でホエールウォッチングができるなんて
    それはすごい。というか、それにかこつけてビールを
    がんがん飲めるというところが、ますますよいでは
    ないですか(笑)。同じ数ならペプシの100万倍楽だと思う
    な~(←酒好き)。
    クジラのほかにはどんな懸賞があるのでしょ。感動体験
    というからには、ディープなものがあるんでしょうねー。
    みやごんさん、ぜひ懸賞当てて体験してきていただき
    たいわ~♪
    ホエールウォッチングは、今回乗った船が特別小さい
    クルーズ船だったので酔いやすかったのかもしれません。
    それとトイレに行ったから(笑。もらいやすい方は要注意!)。
    ちゃんとしたツアーならもっと大きい船だろうから大丈
    夫かもしれませんよ~。楽しみ~(←他人事だと思うと。笑)。

    >アラブの猫さん
    そうなのですよ~。生のクジラは、迫力あって美しくて
    感動的でした。このたびは小さいクジラだったのですが、
    もっと大型のを見ることができたら、もっとすごいのだ
    ろうなぁ。
    アラブの猫さん、ブランコ酔いするのですね。でも
    自ら進んで乗らない限り、生活に支障はなさそうで
    よかったですね(笑)。ブランコといえば、真上を見上げ
    ながら乗ると、私も確実に酔います。お試しを(って、
    誰もやらないか?)。
    電車のホームのは…乗り物酔いのじゃないような
    気がいたしますが、どうでしょ(笑)。最終電車でよく
    みかけますね(T_T) お掃除する方、ほんとうにおつかれ
    さまでございます。私だったら、掃除しながら、もらって
    しまいそう~(>_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください