要注意!

ボランティア先の猫缶ストックをチェックしてみたところ、リコール対象商品などとっくのとうに誰かが処分していた。それどころか、リコールに関してのQ&Aまで作成されていたのでびっくりした。内容は要するに、該当と思われる猫缶をあげていた可能性が少しでもある場合は、猫をよく監視し、少しでもいつもと違うような気がしたらすぐに動物病院へ連れて行くようにというものだった。ボランティアをしていると、猫に関する一般的な質問をしてくる人もけっこういるので、誰かに何か聞かれるかもしれないものね。
ペット用品店側の対応は、もうとにかく対象商品はレシートがあってもなくても即座に返品を受け付け、動物病院を紹介し、返品商品の取扱いには細心の注意を払うようにということであった。これだけの規模のペットフードのリコールは全米最大だそうなので、みんなかなり神経質になっている様子がうかがえる。

こういった注意事項などを貼っておくボードが、スタッフ用の場所にある。そこには他にも、例えばこんなものも貼ってあるのだ。
要注意人物 → 猫にごはん

『Do not adopt list(里親禁止人物一覧)』の一部。このリストに載っている人物が猫を欲しいと申し出てきても、即座に断らなくてはいけないのだ。その中でもこれはかなり強烈な注意喚起で、もはや指名手配ポスターといってもよいくらい。この犬猫虐待常習犯が今サンディエゴにきているので、気をつけろというポスターだ。もちろん顔も名前もばっちり載っているが、いちおう黒塗りにしてみた。私は猫の顔と名前はすぐに覚えられるのだが、外人の顔と名前を覚えるのが非常に苦手なので、毎回このポスターを見ては、記憶を新たにしている。私一人のシフトのときに、この人がほんとに来たらどうしようと、いつもどきどきする。怒りのあまり錯乱して、虐待されたかわいそうな猫たちの復讐をしてしまいそうになるのでね。ほほほ。
かわいい黒猫Kato。 → 猫にごはん

本日は新入りの黒猫がいた。私は黒猫には目がないので、黒がいるとどうにも気になってならない。プロフィールをみると、1ヶ月前にレスキューされた猫だ。尻尾にひどい怪我を負っていたところを発見されたのだ。手術で切り落とさざるを得なかった尻尾は、今は3cmくらいしかない。まだ手術の痕もなまなましく、毛も生えそろっていないというのに、もうかわいらしく元気いっぱい遊んでジャンプもできる。まだ1歳だものね。回復も早い早い。
この黒猫の名前は『KATO』。確かどこかの国の言葉で『猫』という意味だったような記憶があるが、定かではない。アメリカ人的にはこれは「ケイト」と発音するが、どうもカトちゃんという感じなのだ。早く良くなるのだよ、カトちゃん。

16件のフィードバック

  1. 黒猫ちゃん目がきれいにゃ濃い瞳の色!
    先日うちも友人と7ヶ月くらいの黒猫さんを保護してまいりましたニャ。友人宅で結局飼うことににゃったのですが先住猫の黒猫さんが(こちらも黒猫大好き友(笑))ストレス性の円形脱毛症ににゃってしまいましたニャ。
    レメディーがいいかにゃー。
    ところでこの騒動、とりあえず有名どころのナチュラルフードが入っていてびっくりしたんですけれどとりあえずパウチはやってにゃかったからほっと一安心。うちはドライのニュートロですニャ。しかしさすがに処置が早かったのですね。感心ですニャ。

  2. KATOにゃんかわいいにゃ!もう少し太って元気ににゃるといいね。
    って、うちの野枝が巨大にゃだけかにゃぁ。。。そういえばノアちゃん、noirさんが「今日の猫」のところに書かれていましたが、最近太ったのですかニャ?確かに顔がふっくらしたかにゃ。でもすんごく男前ですよ!このくらいのほうが猫って断然かわいいよ、と思いますがいかがです?

  3. おじゃまします。katoちゃん、かわいいです。しっぽが短くても大丈夫。きっと元気になりますよ。
    katoといえば、昔のアメリカTVドラマの「グリーンホーネット」の脇役katoを想い出すのは、私だけかな?たしか、あの「ブルース・リー」がその役をしていたのですが・・・。
    ところで、ペットフードのリコール騒動は、日本でも今日のNHKニュースで取り上げられました。その内容では、ねずみ用の農薬混入が確認されたとのこと。全く品質管理はどうなっているのでしょう。これ以上、犠牲の犬、猫が増えないことを祈ります。

  4. このペットフードの問題が、先ほどのんHK7次のニュースで
    取り上げられていましたニャ。殺鼠剤が検出された、ですって~~!!
    猫は鼠を捕らえるけれど、鼠を殺す薬で殺されてはたまらにゃいわよ!
    猫を虐待するために貰っていく、っておおばかやろうは
    こちらでも裁判沙汰を見かけるようににゃりましたニャ。
    しかし、こんにゃにでかでかとはやってくれにゃい、、さすがだニャ。。
    カトちゃん、かわいいですね。うちにも上手くいけば半年ほど先に
    クロネコがお目見えする事ににゃるかもしれません。

    そして、うちのお蕎麦は姿は見せてくれるし食欲もあるようだけど
    まだひとにゃですらさせてくれません(涙

  5. 虐待常習犯なんているんですね。
    恐ろしい話です。
    日本でもそんなリストが必要になってきているような気がします。義理の妹が猫虐待の裁判とかにかかわっているので、話を聞く機会があるのですが、犯人やその家族が反省しているとは思えません。

    新入り黒ちゃん、新しいお家が見つかりますように・・・!

  6. 指名手配犯(?)の細かい注意書きを見て、吐き気がしましたにゃ。
    にゃんてひどいヤツにゃんだニャ。
    こんにゃ人がのうのうと社会生活を送っているにゃんて許せにゃい!
    今日、petSmartからメールが来ましたニャ。noirさんのところにも来たかにゃ?
    「過去12ヶ月の transaction history を調べたら、あにゃたがリコール対象商品(製造期間までは限定されていにゃい)を買っていたので、一応お知らせしておきます」みたいにゃ内容でしたニャ。
    販売店も大変ですにゃ。

  7. KATOちゃんの尻尾の怪我は事故なのかなぁ~虐待よりそちらありますように。人間によって虐めの傷だなんてとんでもないですよね。
    まだまだ赤ちゃんのKATOちゃん、早く優しい家族に引き取られると良いですね。

    キャットフードのリコールはショックだった!うちは安いけど対象外だったのでホッ!でも油断は禁物かなぁ~

  8. ぎょえ~~~~~~
    このおっさんの指名手配読んで見てびっくり。
    最悪………..
    地獄の針の山へ送られてしまえっ!!

  9. 自分より弱いものを虐待するにゃんて許せにゃいですよね。
    しかしnoirさん、ネコ語プラグインのおかげで深刻にゃ話題もにゃんだか可笑しい話みたいににゃってますね。
    これすごいたのしいにゃ。

  10. かわいいにゃ、かとう。
    どことにゃく、ノアにも似てるにゃ。

    >確かどこかの国の言葉で『猫』という意味だったようにゃ
    たぶん、それは「GATO」(スペイン語)やがにゃ~。

    要注意人物のおっさんは、裏アニマルポリスに捕まって処刑されてしもたらええにゃ。

  11. やった!ネコ語に挑戦ですニャ。ドキドキ。。。

    「GATO」はポルトガル語にゃんかでも猫のことですね。

    しかし、ひどい人間がいるものですニャ。こういう人は、人間にだって何をするかわからにゃい〜!早く逮捕されてほしいですニャ。恐いですね〜。

    こんにゃ世知辛い世の中だけどカトちゃんには力強く生きて欲しいですニャ。頑張るんだよ〜!

  12. ポスター部分をクリックして拡大して見ましたが、こ、怖過ぎ・・・。内容が強烈ですねぇ。目を刳りぬくって、嗚呼、なんという残酷さ。こういう人が、まだまだこの世の中にはいるのですねぇ・・・。悲しい現実です。

    会長、もしこいつがやってきたら、世のけなげで可愛い全ペットを代表して、素手でもなんでも良いですから、戦って下さいね!! 任せたっ!(←無責任)

  13. うーん世界中に動物を虐待するヤツがいるんですね…
    そんなやつが同じ空気を吸っていると思うと身震いしますよね。どうにかならないのか、っていつも思います。
    性犯罪者のように、情報をいろいろ公開してほしくなりますよね…
    動物にしてきたことと、まったく同じ目に遭わせるべきだと思います!…あ、そうだ、動物用の薬の開発のために、実験台になるとかしたら役に立っていいかも!
    Katoちゃん、しっぽの怪我は痛々しいけど、短いしっぽも可愛いですよね。元気に育ってね。

  14. >Nicoleにゃん
    お友だち、黒猫がお好きなのですねー。2匹目の黒猫…
    うらやまし~。先住猫と上手くやっていけるといいですね。
    こればかりは相性もあるからなぁ。時間かけて仲良しに
    なれるよう祈っております。
    Nicoleにゃんのところは、ドライだけだったのですね。
    対象のものがなくてよかったです。アメリカのペットフード
    史上最大のリコールだそうなので、ペット量販店では
    慎重な取り扱いをしているようです。対象商品を買った
    顧客にメールでも注意をよびかけているようです。被害が
    これ以上拡大しないといいですねぇ(T_T) 

    >Karine-Kにゃん
    カトちゃん、とてもかわいいのですがまだ痩せております。
    ここに長くいると運動不足で太ってしまう猫が多いの
    で、早く良い家に引き取られて健康的にもう少し肉が
    ついて欲しいですねぇ。
    私も好みからすると(笑)、太った猫のほうが実は好きなの
    ですよ。でもねぇ、痩せているほうが長生きするとか
    言われると、ノアももう少し痩せたほうがよいのかと
    不安になるのです~^^; 野枝ちゃんはいかがですか~。

    >クロpapaさん
    こんにちは!
    「グリーンホーネット」って知らないです~。アメリカト
    ドラマなのですね。再放送やってるかなぁ。
    >>しっぽが短くても大丈夫。きっと元気になりますよ。
    クロpapaさんに言われると心強いです!クロちゃんは
    もっと大きな障害を乗り越えて幸せに暮らしているの
    ですものね。カトちゃんもがんばれ!
    中国から輸入した小麦にねずみ駆除の薬が入っていた
    ようですね。怖いですよねぇ。人間用の小麦加工用品は
    大丈夫なのかと心配になります。ほんと、これ以上被害が
    拡大しないことを心から祈るばかりです(T_T)

    >momomoにゃん
    そのニュースみましたよ~。ひどい話です。それにしても
    どうして数ヶ月も前に混入されたものが今ごろになって
    発覚したのか。対応が遅すぎるような気がしてなりませぬ。
    すごいでしょう、このポスター。要注意人物リストも
    名前・住所など個人情報ばりばり公開されているのです。
    これで、少しでも悪人の手からかわいそうな動物を
    助けられたら言うことないですね。
    >>うちにも上手くいけば半年ほど先に
    >>クロネコがお目見えする事ににゃるかもしれません。
    な、な、な、なんとっ!
    猫第2弾!?いけいけー(と煽ってみる。笑)!
    お蕎麦ちゃんの様子いつも気になっております。
    早く慣れてちょうだい~。

    >月の輪猫さん
    こういうおかしい人はどこにでもいるものですよね。
    心底ぞっとします。こんな人間には動物にしたのと
    同じ目にあわせてやらない限り、反省なんてしないので
    はないかと思ってしまいます。
    義理の妹さんの猫が被害にあわれたのでしょうか。
    まったくお気の毒なことです。どうぞ正しい裁きがくだ
    されますよう祈っております!
    新入りのカトちゃん、かわいいでしょう~♪

    >マルコにゃん
    こんな人が今サンディエゴにいるのですよー。ぞっと
    しますねぇ。普通に生活しているのでしょうか。家族は
    知っているのでしょうか。絶対にサンディエゴの犬猫が
    アダプションされることがないといいですね。
    あずきにゃんもコメントされておりますが↑
    ネコ語だとシリアス感が薄れていいですね(笑)。ほんとに
    猫が、許せにゃい!って言ってるみたいニャ(←自力ネコ語)。

    >Kalakaさん
    そうなのですよ。ヒストリーを探してみたのですが
    カトちゃんがどうして怪我したのかはどこにも書いて
    なかったのです。尻尾だけ怪我して、他は全然平気だったみたいなので、私も気になっております。
    でも人間を怖がっている様子もないので、虐待ではなく
    事故だったのかなぁ…。そうだったら、まだましなの
    ですが。
    Kalakaさんのところも対象外のフードだったのですね。
    よかったです。でも、ほんと何をあげたらいいのか
    不安になりますよねぇ(T_T)

    >Akiさん
    でしょー。
    ほんとは名前も顔も住所もさらし者にしたいところなの
    ですが、涙をのんでやめました。期限付きでネットに
    流すことはできないからねぇ。リストには、こういう
    鬼畜以下の人間たちがたくさんいるのですよ。涙。

    >あずきにゃん
    ふふふ。そうでしょ。ネコ語のおかげでずいぶん緩和
    されますよね~。でもシリアスなコメントのお返事した
    いときに、間違ってネコ語にしてしまい、コメント入れ
    直したことがありますニャ(笑)。

    >こーのすKにゃん
    おぉ、スペイン語でGATOでしたか。ポルトガル語でも
    GATOだそうです(↑ソレイユさんより)。私もあとで
    調べたらエスペラント語で猫=KATOだとわかりました。
    ってことは、「ねこ」という名前なのですね、カトちゃん♪
    前に紹介した、ローザというタフな黒猫はもうアダプ
    ションされました。黒猫も早くもらわれてうれしい。
    カトちゃんもがんばれ!

    >ソレイユさん
    ポルトガル語で、猫=GATOというのですね。教えて
    いただいてありがとうございます。ソレイユさん、ネコ語
    も上手くいっておりますよ(^o^)丿
    小動物を虐待するような人って、エスカレートしてその
    うち人間にも手を出しそうな気がしてなりません。
    動物だからといって、そのままにしておくと怖いですよねぇ。
    アメリカのアニマルポリスは、通報などによって
    虐待者を場合によっては逮捕することもできるのですよ。
    日本にもこういう制度ができるといいですよね!

    >matthewさん
    そうなのですよ~。ひどいでしょうこの男!他の州から
    やってきたのです。早くつかまって2度とかわいそうな
    動物に手出しをできないよう極刑がくだされればよいの
    にと願います(T_T) 
    副会長に勝手に任せられましたので(笑)、かよわい女手
    でございますが、天罰をくだすことができるようがんば
    りま~す(^o^)丿←ほんとにやりそうで怖い…(笑)

    >にゃうちろさん
    そうなのですよ。こういう人が、普通の生活をおくって
    普通に家庭を持ったりしているだろうことが怖いです。
    こうして情報が公開されていることがまだ救いです。
    >>動物にしてきたことと、まったく同じ目に遭わせる
    >>べきだと思います!…あ、そうだ、動物用の薬の開
    >>発のために、実験台になるとかしたら役に立っていいかも!
    全く私も同感です!そして、いいアイデアっ、にゃうちろさん!
    こんなやつは、今回のリコールされた猫缶のテスト用に
    つかわれればいいのだ。
    カトちゃん、かわいいでしょう。元気に大きくなって
    早く良い人にもらわれるよう、お手伝いがんばります!

  15. noirさんに教えて頂いてから、すぐに缶をフードストックから出しました。明日、返品に行ってきます。
    リコールのニュースはいまだ毎日流れていますね。
    ほんとに全米を震撼させるような恐ろしさ。
    先ほどは、手作りの犬用ごはんの作り方。なんてのをTVでやってました。
    私も、前々からこの手作りごはん。というのは気になっていました。でも、それ以上にお医者さんお勧めブランドを信用していました。
    この際と思い、粒や缶の内容を色々調べてみたんですが、やっぱり市販の物はどちらも恐ろしいですね。
    こんなものを長い年月やり続けてたら、いつか病気になってもちっともおかしくない。って、つくずく感じました。
    あれ以来、一応今ある粒はなくなるまでやるつもりですが、缶の代わりに蒸したチキンや肉を混ぜてやるようにしています。

    さすがボランティアの方々、やること早い!
    みんな無事で何よりです♪
    動物虐待犯、サンディエゴに来てるのですか?
    顔も情報も公開されてるのだから、早く捕まれー!
    そしてkatoちゃんには、早く暖かな家族に引き取られることを祈っております。

  16. >sunnyさん
    ほんとですねぇ。これは過去全米最大のペットフードの
    リコールだそうですよ。被害にあった動物の数も
    だんだん増えているようで、ほんとうにお気の毒です。
    手作りも考えますよねぇ。でもうちの猫たちのように
    好き嫌いが多いと、絶対食べないだろうなぁと思うし…(涙)。
    旅行に行くときに誰か人に預けるかも、などと考えると
    そのとき手作りしか食べないと困るだろうし、とか。
    人間の勝手なのはよくわかっているのですが…。
    蒸したチキンなどを少しずつ混ぜるといのはいいですね。
    一気にではなく、徐々に両方を食べるようになるのは
    とてもよさそうです。
    sunnyさんお忙しそうなのに、手作りもいろいろ考えて
    いらっしゃるのですねー。私も見習わなくては。
    実はこの動物虐待犯、sunnyさんのいらっしゃる州から
    来たのですってよ~。怖いですよねー。早く捕まってくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください