週末の楽しみ

たまたま浅草を通りかかったところ、道路は封鎖中。おそろしい人ごみ。いったいなんぞや?とのぞいてみたところ、サンバのリズムが耳に飛び込む。
そう偶然にも、『浅草サンバカーニバル』の真っ最中なのであった。おぉ、これがあの有名なサンバカーニバルか。初めて見た。驚いたことに、ほんの小さな衣装だけを身に付けて踊っているお嬢さん方は、みんな日本人であった(当たり前か?)。私てっきり、ブラジルからこの日のためにサンバ部隊でも輸入しているのかと思っていた。ブラジル人なんて、みたところ一人もいないのにびっくりした。
踊子の方々。 → 猫にごはん

そしてさらに驚くことには、路上にあふれるカメラ小僧の数々。ほんの数メートルの至近距離だというのに、超望遠レンズで撮影するする。周囲のシャッター音に、にこやかに微笑みかけ、(ほとんど)裸身をさらすお嬢さん方の、それは恍惚とした表情もすごい。さぞかし快感で、気持ちいいんだろうな。あぁ、私があと20年ほども若ければ…(やるのか、ほんとに?)。
若い女性ばかりでなく、踊り手の中には男性陣もまじっているが、露骨にカメラ小僧たちがカメラを下ろして一休みしているのが、また笑える。みんな目的はひとつなのね。暑い週末だというのに、みなさんご苦労なことだ。

この週末、ものぐさな私がなしとげたことといえば、包丁研ぎ。最近ちっとも研いでいなかったな。
うちの包丁は、鋼の牛刀なので、たいへんさびやすい。使った後は、即座に洗って布でふいておかないと、あっという間にさびてしまう。気をつけて使っていても、けっこうさびがついてしまっているのだ。
使用前。 → 猫にごはん

今日は、普通の砥石で研いだあと、仕上砥で研ぎ、さらに荒めのサンドペーパーと、細かいサンドペーパー、鉄磨きクリームで、表面を丁寧に磨く。所要時間約1時間。すると、おぉ、きれいになった。ぴかぴかの包丁。いつもこういう状態に保っていられるといいね。
疲れて休んでいると、またもや「ささーっ。ささーっ」とサンドペーパーの音がする。夢うつつで、幻聴かと思っていたところ、Jも負けじと何やら磨いていたのだった。目覚めると、こちらもまたさびが浮いていたAll-Cladのフライパンがぴかぴかになっていた。
天気のよい週末に引きこもって、包丁を研ぐ女と、フライパンをみがく男。どういう夫婦だ。
使用後。 → 猫にごはん

9件のフィードバック

  1. うぅ~ん、料理人の包丁と見たね!
    普通の包丁でも濡れたまま立てておくと錆びてくるよ。
    なんだか、さっさっ!と無言で磨きをかける男と女・・・・
    こわぁ~い。。。。。

  2. 包丁を研ぐといえば、昔はスーパーや個人商店の店頭を借りて包丁にゃどの刃物を研いでくれるおじさんがいませんでしたかニャ?
    包丁やハサミにゃどを持って行っては研いで貰ったものだけど、最近見ません。
    noirさんご自分で研がれるにゃんてエライ!
    我が家にはマメに包丁を研ぐ人がいにゃいので、いい加減にゃ手入れでもそこそこ切れる文化包丁が並んでいます(笑)

  3. 包丁を砥げる人って尊敬します。

    つられて自分のところも包丁ネタにしました。

  4. もうすっかり「日本の人」ですね。お久し振りです。毎度読んでいますがバテてました(笑)やはり夏には弱い(T_T)
    でもノアちゃんの寝姿が可愛らしくて重い手にムチ打って・・(んなオーバーな)書いてます(^_^;)
    猫の寝姿って癒されますよね(^^) ロッタもあられもない姿態で「ちょっとお!」と注意したり 。。。。。

    ではでは又ね(*^_^*)ゞ

  5. おほほ~にゃかにゃか良い夫婦像ではにゃいですか~(笑)
    みやは、夫婦喧嘩した夜中に
    包丁を研いでいましたよ~(コレもにゃかにゃかよい
    演出でっしゃろ?)(爆笑)
    まぁ、そんにゃこんにゃで別れましたけど(爆)
    あたしもフライパンを磨いてくれる伴侶がほすぃ~ですよん

    職業柄、包丁は毎日研ぎますが
    牛刀いいですにゃ~、牛刀
    それ持ってるってところが、noirさんは『通』ですよ
    ああ~綺麗にゃ包丁をみるとワクワクします!(変)
    これからも、仲良く台所で磨いてくださいね?
    えっと・・・・色んにゃものを!(笑)

  6. サンバの左のおねえちゃんのお尻がいいですね(おっさんか)
    右のシトは自分の体型みているみたいでカナスィです(をい)

    包丁、きれい!
    私は結婚して15年包丁を研いだことがにゃい~
    きっと切れ味いいと流血の毎日の気がしますニャ。
    友人がこの間研ぎ石に包丁の刃を垂直に当てて研いでましたニャ。
    ちょっと。ちょっとちょっと!(古いか・・・)

    私の旦那くんはにゃーんにも、にゃーんにもしてくれませんが家に引きこもっております(笑)

  7. >Kalakaさん
    やっぱり?!なんだか怖いですよねー、こういう夫婦。
    ははは。
    普通の包丁(ステンレス)も錆びます?やっぱり
    きちんと拭かないといけないのですねぇ。どうも
    そういうところが面倒で…^^;
    はい。せっかくきれいになったので、いつまでも続くよう
    がんばりまーす!

    >がらにゃん
    あー、いましたね。そういう包丁とぎ屋さん。そういえば
    サンディエゴでも、店の前で屋台みたいなのだしている
    アメリカのとぎ屋さんを見かけたことがありますよ。
    でもきっと日本式の牛刀なんて砥げないに違いない、と
    推測して一度も頼んだことはありませんでした。今思えば
    一度くらい試してみればよかったな。
    そうそう。包丁って、砥がなくてもそこそこ切れるの
    ですよねー。ってことで、当分砥がなくてもいいか(笑)。

    >マルコさん
    踊ってみたいでしょ!マルコさんなら、さぞかし
    ノリノリで、衣装なんかもまめに作ったりしそうだわ~(笑)。
    ところで、↑がらさんへのお返事書いてて思い出し
    ましたが、ヘンリーズの前にたまに刃物砥ぎのおじさんが
    いましたけれど、どんなものか今度一度頼んでみてくだ
    さいましー(^o^)丿

    >でめたんさん
    シリアの包丁話、面白かったです^^ いやー、笑えた。
    砥石が見つからなかったら、我が家も茶碗の底で
    試してみますわ(笑)。

    >ロッタのママンにゃん
    こんにちは。もうすっかり日本の人に戻ったnoirです♪
    夏ばて大丈夫ですか~。ずいぶん涼しくなってきて
    少しは過ごしやすくなりましたね。
    ロッタちゃんも暑くて、『あられもない姿』で寝ている
    のでしょうね。不思議とノアがあお向けになっていても
    そうは思わないのですが、ソフィーがあおむけだと
    「あられもない」感じがいたしますよ。メス猫だから?
    もう猫も人もだらだらです~(笑)。

    >みやごんにゃん
    あははは。夫婦喧嘩した夜中に包丁砥ぎは、かなり
    怖いですよ~(笑)。怒りの度合いがわかりやすくて
    よろしいですね^^;
    そうか。みやごんさんはお仕事で包丁使われたりするの
    ですものね。包丁砥ぐのさぞかし慣れていらっしゃるの
    でしょうねー。いいな~。
    それにしても、やっぱり毎日砥ぐのですね。さすが
    本職は違うわ。
    磨いてもらったフライパンは、あまりにピカピカなので
    あれ以来一度も使っておりません。
    もったいなくてー。←本末転倒か。

    >Nicoleにゃん
    おぉ、右のお嬢さんの体型に似ていらっしゃるとは、
    ナイスバディーではないですか~。私はどちらかというと
    右の方のほうが好みです(←まさにおっさんか?)。
    15年間も包丁を砥いだことがないとは!
    1.ダーリンが砥いでくれる
    2.包丁がたくさんある
    3.いつも外食
    のどれかだと思いますが、どちらにせようらやましいわ~(^o^)丿
    家にひきこもっているダーリンは、家で何していらっ
    しゃるのでしょ。砥いだり磨いたりしてくれるなら
    引きこもっているのもOKですよ~ん。

    >くろねこ・ママにゃん
    ふふふ。持ってきてもOKですよ~ん。それとも出張
    包丁砥ぎいたしましょうか。交通費とママさんの
    手作りパンをつきなら、いつでも!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください