ソフィー

2021/2/25ソフィーが亡くなりました。
猫にごはん
私の膝枕の上で最後にふーっとため息をついて逝ったときも、あまりに静かだったので、何度も口元や心臓に耳を近づけて確認しても信じられなかったほど、それはそれは安らかにまるで眠っているようだった。
猫にごはん
ソフィー、よくがんばったよ、えらかったよ。
もっとあのとき高栄養のごはんに早く切り替えればとか、もっとあのとき早くソフトケージに入れておけばとか、もっとこうしていれば長生きできたろうかとか思いは尽きないが、この8週間、最後に看取る時間をくれてありがとう。

最後まで本当に手のかからない猫だった。強制給餌も点滴も嫌がることなく、生まれてから一度も人間に攻撃的なこともせず、おとなしく、賢く、ツンデレで、愛らしい猫だった。アメリカで里子にもらい、日本に連れて帰ってきた。この17年半ずっと一緒にいてくれたね。ソフィーがいないこれからの生活なんてまだとても想像がつかない。

これは亡くなる10日前くらいの写真だ。Jの膝の上でしっかり目をつぶって寝ている姿は、まったく子猫のときのソフィーそのままだ。かわいいソフィー、愛してるよ。今までありがとう。
猫にごはん

12件のフィードバック

  1. noirさんJさんと過ごせて最高の一生だったと思います。

    写真で見ていてもソフィちゃんいつも可愛かったな。また元気になっても全然よかったのに、、寂しいな。

  2. どうにも言いようがないのですが、ソフィーはきっと、苦痛などなく眠るように天寿を全うしたようですから、良かったと思います。

    ただ、USから日本に渡って17年半も一緒に居た子が居なくなるのは寂しいですよね・・・ 僕は こちらを拝見していただけですが、なんか涙が出そうになります。

  3. アメリカ時代から拝見していました。
    ソフィーちゃん、頑張ったね。安らかにね。
    noir さん、Jさん、ご自愛ください。

  4. とても可愛いソフィーちゃん
    本当にずうっと子猫のような愛らしさでしたね。
    フォトスタンドの写真も、寝顔も、とても可愛い。
    よく頑張ったね。いい子だなぁ〜
    猫が可愛ければ可愛いほど、どんな介護をしても、ああすれば良かったかもしれない、とか考えてしまうのだろうなあと思います。
    でもソフィーちゃんは、noirさんJさんのところに来て、ものすごーく愛されて暮らして、とっても幸せだったと思います。
    noirさんの腕の中で眠るように息を引き取ったなんて、マーシャもそんな最期であってほしいと思ってしまいます。
    22日が、妹が6年前まで飼っていた猫の命日でした。
    何年経っても愛猫を亡くした悲しみは消えないようですが
    何年経ってもずっと愛し続けてもらえる猫は、とても幸せだなあとも思います。
    ソフィーちゃんどうぞ安らかに…ずっと忘れないよ。

  5. ソフィーちゃん、お膝の上で眠るように天寿を全うできたのは、noirさんの子で幸せだったからだね。幸せな猫生だったんだね。noirさん、Jさんの子でよかったね。

    ソフィーちゃんは旅立つ前にお世話させてくれる時間をくれたんですね。本当に良い猫でしたね。でも姿が見えなくなるのはさびしいですね… お二人もどうぞお大事になさってください。

  6. かわいいかわいいソフィーちゃん。
    最期まで幸せだったね。
    みんなの心の中に、ソフィーちゃんはずっといるからね。

  7. そうか…そうなのですね。
    そうか…ソフィーちゃんの時間は止まってしまったのですね。

    直接会ったことがなくても長い間ブログを通して見て来たのでとてもしょんぼりします。帰宅時に玄関に散ってた毛の事とか(ノアちゃんの思い出でもある?1匹飼いのあたしにとってとても印象深かったのです。)お客さんが苦手で幻の猫と言われていたりとか、獣医さんにいい子だと褒められていた事とか…色々思い出されます。

    かわいいかわいいソフィーちゃん。
    どうぞ安らかに。

  8. そうでしたか。。。。。
    ソフィーちゃん、ノアちゃんのところに逝ってしまったんですね。
    看取ってあげてよかったね。
    noirさんは一番古いブロ友さんさんなので、ソフィーちゃんも同じくで
    なんかぽっかり心に穴が開いたみたいです。
    寂しいね。
    力落とさないで体に充分気を付けてください。

  9. daysofWLAさん、れんとさん、mickeithさん、にゃうちろさん、ソラマメさん、yajiyuさん、マルコさん、がらさん、カノママさん

    ソフィーのことをかわいいと思ってくださり、長いこと一緒に成長を見守ってくださったみなさま、今まで本当にありがとうございました。みなさまにもこんなに愛されて、想っていただきソフィーは幸せな猫だったと思います。
    心のこもった優しいお言葉を読んでまた涙しています。かわいいソフィーはこの17年半、私のかけがえのない宝物でした。今頃元気な姿に戻り天国でノアと再会していると信じてます。ありがとうございました。

  10. noirさん
    ずっと前に教えていただいた「野菜炒めのお味噌汁」を
    今日思い出して試してみたんですよ。
    それで、報告にあがったら、ソフイーちゃんの訃報とは

    虫の知らせか、晩ごはんを作りながら、ソフイーちゃんどうしているかなぁと
    考えていたんですよ。

    悲しいですが、舞い降りた天使はいつか天国に帰ってしまうんですよね。
    noirさんもJさんも、しばらくは色々思い出してお辛いでしょうけど、
    今ごろきっとノアちゃんと、虹の橋のたもとで遊んでいますよ。
    うちのはなも仲間に入れてもらえてるといいな。(猫みたいな犬だったので)

    元気だしてくださいね。

  11. >はるみさん
    晩ごはんを作っている最中にソフィーを思い出してくださったのですね。
    はるみさんとは長いお付き合いなので、まさに虫の知らせでもあったのかも。
    ソフィーは最後の最後までほんとにいい子で、いまだにいなくなったことが
    信じられないくらい、17年というもののずっとべったり暮らしてました。
    悲しくてなりません。
    はなちゃんと、ノアと一緒に今頃元気な姿に戻って遊んでいるといいですね。

    「野菜炒めのお味噌汁」さっぱり思い出せないです!なんだろう、それ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください