猫にごはん

11月 22nd, 2015

猫の健診

15歳になるノアは食欲旺盛で、12歳のソフィーの3倍くらいよく食べるが、それなのに体重は減っているし、お腹の調子も良くないことが多々ある。
ちょうど人間が1泊旅行に行くので、そのときに動物病院へノアを預けて健康診断をしてもらうことにした。
動物病院といえば、前回連れて行ったのが1年4か月くらい前のことだ。たまには診てもらおう。動物病院ではいつも猛獣になってしまうので、大きい洗濯ネットに入れてからケージへ。うちの中では全然おとなしく、抱かれて素直に洗濯ネットにも入り何の問題もないのにね。診察台に出した途端に激怒するため、洗濯ネットの上からバスタオルでくるまれてしまった。

猫にごはん

診察台のノア。バスタオルの中でも怒っている

今回やったのは予防接種(預ける1週間前)、血液検査(預ける1週間前)、フロントライン(自宅でやった)、レントゲン撮影、超音波検査、便検査、尿検査(尿道カテーテル)だ。
なんとねぇ、これらを麻酔もなしに全部やってくれたのだこの動物病院は。すごいではないか。
かつて予防接種を断られたり、血液検査すら麻酔なしにはやってもらえなかったアメリカの動物病院とは大違いだ。しかもここの獣医師や看護士さんのノアへの接し方といったら、飼い主から見てもそりゃあもう愛情がこもっている。飼い主ですら手が付けられないほど大暴れしても、耳がつんざけそうなほどの怒鳴り声をあげても動じることなく、優しく優しくノアに話しかけてくれる。「なんてかわいい猫なんでしょ」という心の声が聞こえてきそうなくらいニコニコと優しくしてくれるのだ。ノアにとってこれほど恵まれた動物病院環境は他にない、と断言してもいい。良い動物病院だ。たまたま近くに住んでいて本当によかった。
1泊預けて翌日引き取りに行くと、ノアはケージに入れられるのにまたもや激しく暴れ、別室からでも聞こえるほど声を張り上げて怒り狂っていたようだったが、優しく美しい看護師さん(片瀬那奈似の美人)は「食欲もしっかりあって、トイレも完璧でしたよ」と褒めてくださった。あぁこんな猫で申し訳ございませんでした。
心配していた健康診断結果は、特に問題はなく、治療の必要はないとのことで安心した。しかし肝臓の数値があまり良くなく、腎臓の数値もギリギリな感じだったため、腎臓系の療養食をすすめられた。
よかった、これでしばらく病院へは行かなくていいよ。

猫にごはん

ノ「あぁつかれた」

コメント / トラックバック 5 件

  1. noirさん、ノアちゃん、病院おつかれさまでした!
    良い病院に出会えてよかったですね~!
    健康状態もほぼ良好とのことで、本当によかったよかった。
    ノアちゃんには長生きをしてもらわないと(^_^)
    病院で暴れん坊なのも多少はいいかもしれません。
    うちは逆に家より病院のほうが大人しくなるのですが
    大人しすぎて治療を痛がってないと思われがちで…
    ノアちゃんと足して2で割るとちょうどいいくらいになるのに!
    と真剣に思います!

    なにはともあれよかったですね♪
    美人看護師さんも気になります(笑)

  2. 問題なくて良かったです。ノアのどことなく満足げな顔がいいです。

  3. ノアちゃん、お疲れ様。
    特に問題がないとのことで、一安心ですね。
    やはり15歳を超えるとぶっちぎり老猫なので、飼い主としても気を使いますよね。
    うちも腎臓の数値が少し悪めであると言われました。
    一応療法食(ヒルズのk/d)を与えていますが、あまり美味しくないのかちょっと不満そうです。
    ノアちゃんはどうかしら?

    おじさんは病院では正に借りてきた猫状態で、すごくしおらしく診察を受けます。
    内弁慶タイプのおじさんです。

  4. ノア、ささみをわしわしたべてたので、食欲は心配なさそうだったけど、病院の検診で問題なしなら上等だあ!いい病院が近くにあって良かったですね。大阪にも出張所がほしい。
    アメリカの獣医、なつかしいですね。全身麻酔をかける高級獣医とマーケットに出張できて予防注射してくれるお手軽獣医。

  5. >なつみかんさん
    いやほんといい病院に出会えてラッキーです。そして特に病気らしい
    病気もなかったことも何よりです。ご心配いただきありがとうございます^^
    なるほど、おとなしすぎる子もそれはそれで問題ではあるのですね。
    少しそのおとなしい猫さんの爪の垢をいただきたいくらいです~。
    美人の看護師さん、うっとりして顔をじーっと眺めてしまうくらいきれい
    なのですよ。それなのにノアときたら、その方を殺さんばかりの勢いで
    暴れるので、看護師さんが心配でならないです^^;
    そういえばなつみかんさん、以前そそうの対処方法を教えていただきましたが
    あれ以来、布団にはカバー、ラグマットは上げておく、など布を放置しない
    やり方を真似してみたところ、ほとんど問題がなくなりましたよ!さすがです。
    教えていただいて本当によかった!!ありがとうございました(^^)

    >れんとさん
    ふふふ。ノア一仕事終えたような満足げな顔していますよね~。
    私もノアもこの日はぐったりしましたが、考えたら一番たいへんだったのは動物
    病院の方々でした^^;

    >がらさん
    いや、ほんと特に問題なくてよかったです。療養食のサンプルをたくさんもらった
    ので試してみました。k/dのウエットが実はノアは一番苦手のようでして、食べることは
    食べるのですが、お腹の調子が悪くなってしまったようでした(軟便)。
    一番気に入ったらしいドライフードはロイヤルカナンのセレクトというものだったので
    思い切って2キロ買ってみました。途中で飽きられたらどうしよう~。
    おじさんも大人しく診察を受けるいい猫ですね~。おじさんまさに内弁慶ですね^^;
    動物病院に苦労するノアよりずっといいですよ~。うらやましい。

    >Kさん
    ノアすごく食欲はあるんですよね。あのときもささみ1本食べてましたものね。
    もしノアの病気が見つかったりしたら、アメリカだったら間違いなく安楽死を
    すすめられるだろうなぁ。治療断られるくらいですものねぇ。
    お手軽獣医なつかしい!あれはあれで、あっという間でよかったですよね~。

コメントをどうぞ