庭のある家

友人スーザンのお母さんが庭を見せてくれるという。スーザン一家は生粋のサンディエゴっ子で、ダウンタウンから30分ほど離れたところにあるLakesideというちょっと田舎に生まれ育ったのだ。ご両親はもう70を過ぎているがたいへん元気で、今は2人きり(プラス犬2匹)でまだLakesideに住んでいる。庭の花を見に行こうというわりには、歩きやすい靴、汚れてもいい服装でくるようとのこと。なぜだ。しかし理由は、着いたらほどなく分かった。
挨拶を済ませた後、さて庭へとなると、みないろいろ準備する。
「一人1本水のボトルが必要だ」「サングラスは持ったか」「日焼け止めは塗ったか」
そう。それはそれは広ーい庭だったのだ。
見渡すかぎり庭。 → 見渡すかぎり庭

きちんと手入れされ、見どころたくさん。まず案内されたのが、池。鯉(Koi fish)がいる。続いて滝(手作りの複雑な滝。ポンプ故障中のため水はない)。果樹園。ハーブ栽培用ビニールハウス。プレイハウス。丘、丘、丘。確かにこれは歩きやすい靴が必要だ。
プレイハウスとは、孫たちのためにスーザンのお父さんが作った小さな家のことだ。レンガでできており、中には小さな部屋が二つ。暖炉が一つ。って、ままごとするには広すぎじゃ。まるで『大草原の小さな家』にでてきそうな、何もかも手作りの小さな家。かわいいー。
かわいい子供用の家。 → かわいい子供用の家。

もう50年もこの家に住んでいるという老ご夫婦は、おだやかで枯れていてとってもいい感じ。永遠に終わらない庭いじりを生きがいにされているようで、私たち客人のために、数年間止まっているという滝を流して見せてくれようとした。ポンプを修理し、滝開通!しかし、うーん。予想はしていたが、水はそう簡単は流れてこず、とうとう最後まで見れなかった。(しかし、私たちが帰った5分後に、滝は開通したとメールがきた。ほんとか!)
長年住んでいる家は、使い込まれてどこもかしこもいい感じに古びている。ブランコもあり、たくさんの登りやすそうな木もあり、静かで自然がいっぱいで、それはもう子供が育つには最適の環境だ。こんな素敵な家で育ったスーザンは、それはもうすくすくと素直に育ち(体型的にはちょっと育ちすぎだが)、スーザンの息子のソレンも17歳だというのに驚くほど素直な感じの良い若者に育った。散歩するときは、お母さんやおばあさんの肩に手を回し、にこにこと愛想よく、親切で、おまけにため息がでるほどすらりとしたハンサム。今だかつて見たことのないほど、まったくもっていい子なのだ。だいたいこの年頃のティーンエージャーの男の子が、週末に母親とその外人の友達(私たち)なんかと一緒に、おばあさんの家に行ってお茶を飲んで、和気あいあいと会話を弾ませたりすものだろうか。はぁ、なんて素直に育った17歳。
マルメロをもいでくれるソレン。なんてハンサムなの! → マルメロをもいでくれるソレン。
おだやかな老犬。 → おだやかな老犬。

お土産にもらった、マルメロの実はとっても巨大で、ソフィーの頭の3倍はあろうかという大きさだった。何もかもすくすくよく育つこと。
何これ? → 何これ?

6件のフィードバック

  1. 手入れが大変そうだけど、遊びに行くには楽しい家ですね~。
    隣家との境はちゃんとあるのでしょうか。
    こんな所に住んでいれば、人間も犬もすくすく育ちそう。
    ところでマルメロって食べたことないのですが、どんな感じですか?

  2. 美少年、わたしにもマルメロおくれー。(笑)うらやましー!ジェラシーじゃ。そういうと、スーザンのダイエットはどんな感じですか?またの報告を楽しみにしてます。猫はスーザンの猫ですか?けづやのいい、おっきい美猫ですね。

  3. 私も同感!こんな壮大なところだとスクスク育つんだろうなぁ~ってね。
    美少年のアップも見てみたいですね(笑い)
    そうそう、メルメロってなんだい?

  4. >あきこさん
    うん。スーザンは本当にいい友達だ。何より理解しようと
    してくれるから、片言英語でも気にならないで話せていいよ(笑)。
    あきこさんも前に敬虔なクリスチャンの友達がいたね。
    スーザン一家もそうなのだけど、とっても優しいよね。

    >マルコさん
    手入れは本当にたいへんそうでした。趣味じゃなくては
    やってられない。植物を何もかも枯らしてしまう私には
    とても住めそうにありません^^;
    隣の境はいちおうありましたよ。遠くに霞んで柵が見えまし
    た。低いから犬が乗り越えてしまうと言ってました。犬の
    散歩しなくてすみそうですね(笑)。
    すみません。実はマルメロまだ食べてないのです。食べたら
    ぜひ感想を述べるようにします~。

    >Kさん
    美少年いいでしょ~。じゅる。会うたびにハンサムになって
    おばさん心配でしょうがないわ。
    スーザンのダイエットはたぶん(?)成功したと思われます(笑)。
    この猫美少年の猫ですよ。変わった名前ですよね。

    >Kalakaさん
    >>メルメロ
    わっはっは。大受けしてしまった。なんかハワイの言葉
    みたいですね(笑)。
    マルメロは、花梨の仲間みたいですよ。でもまだ食べてないの。
    おいしいらしい(^^)
    美少年のアップ、今度とってきまっせ~。もうね、キアヌ・
    リーブス真っ青って感じよ(ほんとか!)。

    >momoさん
    マルメロ情報ありがとうございます!やっぱりマルメロで
    合ってたのか。ヒアリング悪いから、聞き間違えかもと
    思ってたのです(笑)。
    不審なものを嗅ぐときの猫ってなんでこうやって耳が
    後ろ向いてしまうんでしょうね。こんなところにチェックが
    いくなんて、さすがmomoさん!この耳、私も好きです~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください