ガス室から戻ってきた猫

とうとうこの日がきた。
あのかわいいノア。飼主には犬のように従順で、甘えん坊で、寂しがりやなノア。そう飼主にだけは….。何もかもこの『飼主にだけ』はというところが問題なのだ。
まったく普段のノアからは想像もつかないことだが(少しだけ思い当たるけど)、この猫、動物病院では恐ろしい暴れぶりを発揮する。アメリカの獣医には凶暴すぎて注射を断られた経験までもち、次は絶対に全身麻酔だと脅されたノア。今日はその全身麻酔の日。そして、麻酔方法は、予告されていた通り、ケージごとガス室に入れられる。
麻酔など本当はかけたくなどないし、動物病院にも連れて行かずに済むものなら済ませたい。しかし、いつか日本に連れて帰るために、今回は絶対に必要な仕方のない血液検査なのだ。許せ、ノアよ。
一緒に連れて行ったソフィーの血液検査はものの数分で終わったが、ノアの全身麻酔は1日がかりだ。朝連れて行き(drop-off)、夕方引取り(pick-up)。どうせなら麻酔ついでに、歯の検査もしてやくれないかと聞いてみると、「それはすばらしい考えだ」と誉められた。歯の治療については、いくらかかるか検査してみないと分からないので、試算して途中で連絡を入れてくれるという。ひー。いったいいくらかかるのじゃ。
動物病院から数時間後に入った電話によると、ノアの歯のクリーニングはまさに「パーフェクトタイミング」であったそうだ(ほんとか?)。歯の治療代と麻酔代で、278ドル(約3万円)。予想していたよりも金額は若干高め。しくしく。しかし、歯石除去は絶対に必要だと主張するので、この際お願いした。
歯の検査結果については、夕方迎えに行ったときに、猫の歯科技工士(!)が詳しく説明してくれた。ありがたいことに虫歯はなく、抜くべき歯はなかった。歯石を取り、歯垢を取り、フッ素加工の処置をしてくれたそうだ。今回ノアにかかった費用はしめて445.9ドル(対してソフィーはたったの117.90ドル)。痛たっ。
帰ってきたよれよれ猫。 → よれよれ猫

家に着いてケージから出すと、なぜか顔中びしょぬれで(歯の治療のせいか)、目もはれて(殴られたか?)、ほこりっぽい(なぜ?)。一見してよれよれ猫の雰囲気だ。注射のために丸く剃られてしまった前足も痛々しい。まぁ、そんなことよりもガス室から無事に帰ってきてよかったよかった。帰るなりかなりイラついた様子で、バリバリ爪を研いだりしているものの、食欲もあり、元気そう。心配してたよ~。
丸く剃られた痕。 → 丸く剃られた痕

かわいそうに、剃られた痕が気になるようで、舐めて舐めて、内出血したように赤くなってしまった。毛がない皮膚にはざらざらの舌が痛いのだろう。早く毛が生えてくるといいねぇ。

翌日すっかり元気になったノア。 → 翌日すっかり元気になったノア

12件のフィードバック

  1. ノアちゃん、無事に済んでよかったですね。
    歯石除去もして、ますます健康になっちゃいましたね。

    ……でも、費用は約四倍!
    仕方ないですよねぇ~。

    お疲れさまでした。

  2. 先日は黒猫振興会へ入会させていただき、ありがとうございました。

    まずは、ノア君、noirさん、ともにお疲れ様でした。

    noirさんからいただいたメールに、うちのごんぞの犬歯が長いことに触れていらっしゃいましたね。
    実は、うちのごんぞは昨年11月末に我が家に来た直後に、ものすごい歯石だったので治療していただいています。

    結局、左上犬歯とその他数本の歯を抜くことになりました。
    そのとき、もう一方の上の犬歯が長い事について、獣医に「歯が下がっているのではないか?」と質問してみたんですが、答えはNoでした。
    (実は今でもちょっと疑問に思っているんですけどね)

    抜いた方は、歯茎が腫れていたし、根っこが腐りかかっていたそうです。

    時々、歯のチェックをするのは大切ですね。
    それにしても、フッ素加工していただけるなんて、いいなぁ。
    ごんぞは、今後歯石がたまっても麻酔が危なそうなので…。

  3. ああ、聞きしに勝るおいたわしさ。
    ノア、ゆっくり養生して下され。
    早く毛がはえてくるといいねぇ。
    顔がびしょびしょになったら、ふいてくれればいいのに。
    きがきかんなあ、その歯科技工士。
    虫歯がなくってよかったですねえ。

  4. ノアちゃん、お家に帰れてよかったね。
    一日がかりの麻酔と採血は大変だったろうねぇ。
    刈られた丸い肌が痛々しいです。
    でも、日本帰国へだいぶ近くなりましたね。

    歯もお手入れしたし・・・。
    安心だねえ。

    うちは、日本に帰ってお手入れしようと思っていますよん。
    なんと、親戚が獣医さんなので 割り引いてもらおうと
    思ってます(勝手に想像している)

    最近、黒猫さんの写真を撮り始めたのですが。
    難しいですね。

  5. おおお、おつかれさまでした(猫も飼い主も)
    猫の歯石除去は、以前飼っていた白猫がやってもらいました。
    「どうしてこんなになるまで。。」と言いたげな
    獣医の横で、麻酔でぐんにゃりとなった猫を見ていました。
    歯石がたまる猫と、そうでない猫がいるので、
    そうでない猫にどうやったら歯石がたまらないのか
    一度聞いてみたいところ。返答があればもっと良い。
    なにはともあれ、とりあえず血液検査終了おめでとう。

  6. ノアちゃん、お疲れ様でした~。
    良かったですねー、一段階進んで、めでたい。
    他人事ながら安心しました。
    来年頭にうちは二度目のワクチン、また四本
    打つのかと思うと、可哀想でうんざりですが。

    しかし、ほこり???って、なんででしょうねぇ。
    目の前でやってもらえない治療だと、なおさら、
    いろいろ気になりますね。

    まぁ、でも、ノアちゃんもすぐ元気になって、
    とりあえずは、めでたし、めでたし。

    noirさんもおつかれさまでした、お財布ともども(ひー)。

  7. noirさん、そしてノアちゃん、お疲れさまでした~。
    そろそろでは、と気にかけていたのです。
    あとは血清検査の結果を待つだけですね。
    無事に済んで何よりですが、よれよれ感が痛々しいですねぇ。
    歯のクリーニングは、私もまさにパーフェクトタイミングだと思います。
    麻酔は値段も高いし、体に負担がかかるし、できるだけ一度に済ませたほうがいいですもんね~。
    ノアちゃんは年齢的にもタイミングが良かったと思います。
    うちのばあや2匹も歯のクリーニングを、と思っているのですが、
    少なくとも1匹300ドルくらいだと考えたほうがいいですね。ふぅー。

    良い子のソフィーちゃんもお疲れさまでした。
    そういえばうちの3匹は血清検査の時に、前足の毛剃られなかったんです。
    ノアちゃんはなんで?

    今日の猫のノアちゃんの顔、すごくかわいい。目がうるうるしてる~。痛かったのね~。

  8. スゲーーーガス室!!
    大型犬や猛獣扱いじゃないの?
    うちの子たちはみーんな怖いのか?外面がいいのか?
    じーっとしてます。
    獣医さんにいっつもいい子だねーって言われて、
    いっつも待ち時間のほうが長いんです。

    でも、ガス室に入れるってスゴイなぁ
    アメリカならでわなのかなぁ?

  9. きゃぁ~ガス室、ノアちゃんの番?!?!?!
    びっくりさせないでよねぇ~
    でも元気に問題なく戻ってこれて本当に良かったです(ホッ=3)値段も値段だけどね。。。^^;
    日本に帰っちゃう為なの?
    うちなんて虚勢依頼獣医なんて???て感じですなぁ~

  10. ノアちゃんが病院で豹変するなんて、いまだに信じられません・・・。
    お手手の剃り跡が涙を誘います、うぅ。
    無事に帰ってきてくれて本当に良かった♪
    元気な顔を見るまでは安心できないですよね・・・。
    アメリカの動物医療の技術ってやはり日本より進んでいますか?
    歯のフッ素加工、よさそうだな~。
    日本でもやってくれるのかしら?今度聞いてみなくちゃ。

  11. あぁ、なんとも気の毒なノアちゃん。
    日本で、こんな扱いされたら獣医の信用にかかわるよ。
    でも、ご無事でなによりでした。
    昔、全身麻酔で歯石取りをしましたが、ジャスト2万円でした。
    アメリカはもっと安いか思ったけど、高っ!
    目もはれて(殴られたか?)← noirさん、マジ?(= ̄∇ ̄=)

  12. >riderさん
    ご心配いただきありがとうございます。
    何とか無事に帰ってきました~。
    費用4倍。確かにそうでした!まぁ、猫も人間も
    歯は大事ですからねぇ。長生きしてもらうためにも
    まぁ、いいかと。しかし、そういう人間(私)は、
    この3年というもの、歯石取りもしてないのですよ(泣)。

    >神渡りりさん
    どういたしまして。コメントありがとうございます!
    ごんぞちゃんも、歯石取りしたことあるのですね。
    しかsも、そんなに悪くなっていたとは…。8歳でし
    たっけ。確かに、歯が悪くなってもおかしくない
    年頃かも。ごんぞちゃん、よい飼主さんが見つかっ
    て、ちゃんと治療してもらえて、本当によかった
    ですねぇ。歯が悪くなったため食事も取れなくなっ
    てしまった猫を見たことがあります。
    麻酔はできればやりたくないですものねぇ。ノアも
    できれば、もうこの病院には行かずにすませたい。
    フッ素加工、効き目があるといいのですが:-)

    >Kさん
    ノア、見るからにひどいでしょ~。
    なんで目が腫れてるのだ?
    顔を拭いてくれなかったのは、もしかしたらもう
    麻酔から覚めて、凶暴化してしまったためかも
    しれません。そして殴られたとか(推測)。
    ノアは、その当日だけとっても『息さわやか~』
    でしたよん♪

    >アラブの猫さん
    ご心配していただきありがとうございます。
    おかげさまで、無事戻ってまいりました。いつに
    なるか分からない帰国に備えるためにも、今回
    は仕方のない準備かと。
    アラブの血液検査と比べると、アメリカのほうが
    ちょっと安かったですね。ノアは別ですけど(泣)。
    ご親戚に獣医さんがいるなんていいですねぇ。
    医者の知り合いよりもうらやましいです^^;
    アラブの黒猫写真、ぜひ見てみたいです♪UP
    楽しみにしております!

    >momoさん
    あぁぁ、疲れましたよ~。私なんて、ただ待機して
    いただけなのに、どっと気疲れ(笑)。
    この病院では、すぐに別室に連れて行かれて
    しまうので、ぐんにゃりした猫の姿は見ずにすみ
    ました。でも見れたら、写真撮ってたかも:-)
    momoさんの猫も、歯石取りしたことあるのですね。
    けっこう皆さんやってらっしゃるのですねぇ。
    以前、ボランティア先で、食事も摂れなくなるほど
    歯石が溜まってしまった猫を見たことがあります。
    飼い猫はみな似たような食生活のはずなのに
    なんででしょうねぇ。不思議不思議。今度機会が
    あったら、聞いてみますね。猫にではなく、獣医に(^^)。

    >koruさん
    ありがとうございます~。これで、いつか来るべき
    帰国に備えて一歩前進しました!りるーちゃんも
    たいへんそうですものねぇ。うぅぅぅ、がんばれー!
    お互い辛いですねぇ^^;
    ほんとに、何もしてない私まで、この日はぐったり
    疲れてしまいましたよ~(笑)。
    まだ丸いハゲ痕が、痛々しいのですが、体は
    いたって元気そうです。元気なのが何よりです♪

    >マルコさん
    ありがとうございます。気にかけてくださっていた
    なんて、優しい~、マルコさん♪
    歯のクリーニングには、どうせ麻酔が必要だった
    ので、今回ついでにやれてよかったです(高かっ
    たけど。泣)。
    良い子のソフィー(笑)も、毛は剃られなかったです。
    たぶんノアだけいじめられたか(うそ)。おそらく
    ガス室では軽い麻酔で、その後麻酔から覚めな
    いよう、少しずつ点滴で麻酔をしていたのでは
    ないだろうかと、Jが推測しております。
    なんだか剃り痕が、痛々しくてかわいそうなの
    ですよ~(>_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください