基地に潜入

サンディエゴといったら真っ先に思いつくのが、軍隊の街ということ。映画『トップガン』の舞台にもなったミラマーの海兵隊基地では、毎年空軍のエアショーが行われているし、ダウンタウンの海岸にはたくさんの軍艦が鎮座し、自然な風景の一部になっている。少し北へ向かえば、ニュースでよく耳にするキャンプペンドルトンの基地もあり、制服姿の軍人さんの姿を街中見かけることもめずらしくはない。しかし、今まで縁がなかったため、一般開放のイベント以外で、基地(ベース)内に足を踏み入れることはなかった。
今日は最近お友達になったEさんとその旦那さまの案内で、ベースを見学することができたのだ。うれしー。E夫は海軍の軍人さんなので、Eさんはいわゆるミリ妻というやつだ。アメリカ人のE夫は、しかしながら、アメリカ人に対して持っていた私のイメージを全て覆すような、とってもとってもシャイな人(おまけにとてもソフトでハンサム)。無口なアメリカ人もいるんだなぁ。あーびっくりした(と驚くくらいアメリカ人はおしゃべりな人が多い)。友達になった夫婦に会うたびに、毎回いつも感心するのだが、なんでこうお似合いな人たちがカップルになるのだろうなぁ。このご夫婦も美男美女で本当によくお似合いだ。

ベースの中へ入るときは、緊張する。E夫と一緒なので、別に何も問題はないし、質問もされたりはしないのだが、検問を通るときはどうしても無口になってしまう。もしも今ここでダッシュで基地に駆け込んだら(なぜ駆け込む必要がある?)、背中から撃たれるに違いないとヒシヒシと感じる。
写真をいろいろ撮りたかったのだけど、やっぱりそういうことはまずいだろうと自粛。なぜなら、以前ミラマーのエアショーのときに、海兵隊のベースの入り口で写真をぱちりと一枚撮ったら、たいへんな勢いで叱られたことがあるからだ。あのとき大勢の一般人が検問を通っていたのに、写真はやっぱりダメだったのだ。ゲートを撮ったその写真を削除するまで厳しく見張られてしまった。あのとき持っていたカメラがデジカメじゃなかったら、どうなったのだろう。ネガ没収か?キビシー。ちなみに、そのときは検問所以外は、どの場所を写真に撮っても叱られなかった。
さみしい魚売り場。 → さみしい魚売り場。

今回もせっかくカメラを持っていったのに、一枚も撮らないのもどうかと思って、こんな問題のなさそうなところを撮ってみた。これはベースの中にあるスーパー。一般のスーパーと売っているものはそう変わらないが、値段はとても安い。そして、売り場が飾りっけがなくあっさりしているのも特徴的だ。面白かったのが生鮮食料品売り場で、巨大な部屋の端から端までほとんど全てが牛肉で占められている。牛肉、ギュウニク、ぎゅうにく。その他の肉はほんの少し隅に置いてあり、さらに一番端っこに、申し訳程度にさみしいシーフード売り場があった。みなさま、牛肉が一番お好きのようですね。
その他いろいろと興味深いところもあったのだが、いかんせん写真がないので紹介できなくて残念。自分たち用のお土産には、Tシャツや帽子を購入した。ベースの中は税金がかからないのがいいですね。あー楽しかった。また連れて行ってもらおう。
どれがあたしのお土産? → どれがあたしのお土産?

11件のフィードバック

  1. 基地って、緊張しますよねえ。私は、在日米軍基地にしか行った事がありませんが、変な緊張感がありますよねえ。
    >>もしも今ここでダッシュで基地に駆け込んだら(なぜ駆け込む必要がある?)、背中から撃たれるに違いないとヒシヒシと感じる。

    っていうの、いいですねえ。誰かにやってみて欲しいですが、冗談にならないような気がしますね。

  2. 基地見学、未体験ゾーンなのだった。
    おしかったなー。
    ああ、いいなあ、基地グッズ。

    わたしもほすぃー。
    あ、もう入れる場所なかったんだった。
    というより、あふれてんだった。汗っ。

  3. 基地、確かに入る時はドキドキしそうですね。
    でも、いい体験ですね☆
    昔、自衛隊の基地(?)に入った事があるんですが、
    居住区じゃなかったからか、初めて経験する雰囲気でした。

    今日の猫のソフィーちゃん、お土産なくってちょっぴりご機嫌ななめかしら。。。

    私、ひそかに今日の猫ファンなので、やめるなんて言わないでぇ。。。

  4. うちの旦那様もリザーブと言って、本職とは別に月に2・3日参加するミリタリーさんだったので(今は20年勤続でリタイヤ)オアフに居た時は良くベースにお買い物に言ってましたよ。コスコみたいなんだけど、モット安くて税金無し!これがとっても魅力でしたね。
    解るよ!検問所ではやたらと硬くなってパスポートでも見せましょうか?みたいな感じになっちゃて、中でもやたらと妙な混同は出来ないよなぁ~ビクッ!って感じだよね(爆)
    で、どれが猫ちゃまへのお土産?!?!?!

  5. 会員№143のがちょんこです。
    やっぱりゲートは侵入口になり得るから厳しいんでしょうかね

    私も在日米軍基地には一般解放のお祭りの時だけ行ったことあります。学校やスーパー、銀行、まるで小さな町並みと聞いたことあります。本国アメリカの基地内にもスーパーがあるんですね~。しかもお肉コーナーが牛肉だらけってのに笑っちゃいました。文化ですね~。

  6. >うさをさん
    在日米軍基地には行ったことがないのですが、きっと
    同じような緊張感のあるゲートなのでしょうねぇ。
    そういえば、うさをさんのところからは岩国基地がわりと
    お近くにありますね。
    ねぇ、今度うさをさん、ダッシュして駆け込んでみて
    くださいよ~(笑)。そしてその結果をブログに書いてくれ
    ると面白いのに(と人に勧めてみる)。
    厳しいゲートチェックを通るたびに、そういう欲求に
    かられてしまう私が、いつか本当に実行に移さないことを
    どうか祈っていてくださいまし^^;

    >Kさん
    基地グッズ、たくさんあってとても迷いました。
    マグカップもよかったなー。
    先日さっそくそのTシャツをきていたら、知り合い2人に
    NavyのTシャツ着てる、と指摘されました。案外
    目立つものですねぇ。
    あー、Kさんがもし行ったらいっぱい買っちゃいそう
    だからだめだめ。Bルースに叱られる~(^^)

    >モモねこさん
    ソフィーはこのビニールの袋がお土産だと思っている
    ようで、この上から離れようとしません。ノアが乗って
    いると、無理やり追い出してまで乗りたがります^^;
    安上がりなやつ…。
    おぉ、自衛隊の基地に入ったことがあるのですか。
    それはすごい。公開演習かなにかで?一度私も行ってみ
    たいなー。入るとき、緊張しますよね。ダッシュしない
    よう自分を制してないと、気が動転して(なぜ?)、
    ゲートを駆け抜けてしましそう~^^

    >Kalakaさん
    そうか。ハワイにも大きい基地がありますものね。
    ベースの中のスーパーもさぞかし広かっただろうなぁ。
    安いですよね。食べ物も、電化製品も。なんてったって
    税金かからないのがいい。
    初めてなので念のため、パスポートも持参しました。
    しかし考えたらカリフォルニアの免許証のほうが、他国
    のパスポートよりも、有利に(?)ことが運びそうです
    よね。
    はい、このTシャツが入っていたビニール袋が、猫たち
    へのお土産でございます~。安上がり(笑)。

    >がちょんこさん
    こんにちは^^
    おぉ、がちょんこさんも在日米軍基地に入ったことが
    あるのですねぇ。一般開放のお祭があるんだー。知らな
    かった。そのときは、スーパーなどで買い物もできるの
    でしょうか?聞くところによると、日本の基地も、アメ
    リカの基地と同じようなもの(アメリカ製品)がたくさ
    んあるそうですね。
    広くて全部みることはとてもできなかったのですが、
    本当に町みたいに何でもそろっているようでした。
    また行きたいです~♪

  7. 軍ってなんか厳しくて大人の学校ってイメージがあります。
    以前横浜の小さな基地にご招待を受けて入ったことがありますが
    日本の中にいながらにして、アメリカにワープ!!でした。

    シャイなアメリカ人。
    あはは、そういわれてみれば見たことない!(笑)
    明るい人種ってイメージ強いです~。
    でもって、もっと明るいのがイタリア人。
    さらにもっと明るいのがラテン系!
    ↑これが私の世界で明るい人種ベスト3です。

    日本人がマジメで表情がないって言われても仕方ないのかも。
    だって彼らみたいにはじけた遺伝子は持ってないもの~!!

  8. 副会長が基地潜入された頃…我家には赤紙が…。
    獣医さんからの召集令状です。
    6ヶ月毎に郵送されてくる『お知らせ♪動物病院にカモーン♪』。
    とうとう今日行って来ましたよ。
    凶暴な黒猫・バリ猫、案の定大暴れでした…。
    病院に検問所があったら、絶対逮捕されてます。
    いや即射殺でしょう、飼い主共々。
    もう16歳なんだからいい加減大人になってよ。
    病院で騒ぎを起こすのは程々にして〜…(切実)。
    我慢強い獣医さんとスタッフの皆さんに頭が上がらないのです。

  9. >エミさん
    へー、横浜の基地もアメリカの雰囲気だったのですね~。
    きっと私が見たこの基地とそっくりな感じなのだろうなぁ。
    世界のどこにもアメリカを持っていってしまうアメリカ人。
    ある意味すごいですよね。
    あはは。エミさんの、イタリア人とラテン系のイメージ
    ってよく分かりますよ~。そうそう♪私も身近にいる
    イタリア人も、本当に明るくって、面白い、自己中心的な(笑)
    人です。
    私もそういう人たちと比べたら、日本人はやっぱりマジメ
    で冗談をいうのも少ないと思います。でもねぇ、これ
    ばっかりはどうにもならないですよねぇ^^;

    >なみさん
    ふふふ。関係ないですが、この軍の基地内にも動物病院が
    あるのですって。バリ猫ちゃんとうちのノアは、検問で
    引っかかりそうだから、基地病院には行けそうもありま
    せんねぇ(涙)。
    お疲れさまでした~。定期検診だったのですか?
    何も悪いところはなかったですか?
    うちも最近行ってないっす。行きたくないっす(T_T)

  10. あ、↑間違えてました。
    『会長』を『副会長』と打ってしまいました。
    失礼しました、会長様。
    バリ猫、6ヶ月毎の定期検診だったのです。
    16歳お年頃なので腎臓機能は低下してますが、
    その他は非常に元気です。元気過ぎです。
    血液検査の結果待ちなんですが、この結果が良かったら
    くれぐれも後6ヶ月は来ないでね、と言われました。
    基地内動物病院、ノア君とうちのバリ猫が出向したら
    テロリスト容疑で軍法会議にかけられそうですね。

  11. >なみさん
    あ、ほんとだ。副会長と書いてありましたね(気づかな
    かった)。いいんですよ、雑用係ですからね(笑)。
    バリ猫ちゃん定期検診だったのか。血液検査の結果、
    何もないといいですねぇ。きっと病院のほうでも同じように
    思っていることでしょうね。
    お話の様子からすると、うちのノアといい勝負と思われる
    のに、どうして全身麻酔しなくていいのでしょ。
    勇気のある病院ですねぇ。紹介してもらいたいですよ。
    お互い健康が一番。どうか凶暴猫は、病気にならないで
    おくれ~^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください