鯖・さば・サバ

先週で学校も終わり、夏休みになった。休みになったら、あれをしたい、これをしたいといろいろ考えていたが、真っ先にやったことはこれ。
じゃーん。釣りだ。
ここはベトナムか? → ここはベトナムか?

アメリカでは釣りはライセンスが必要だが、海の突堤(pier)など決まった場所からなら勝手に釣りができる。網・投げ釣り・撒き餌は禁止になっている。今はサバが時期なようで、群れをなしてサバが泳いでいるのが上からでも見える。サバの背中はきらきらと水面によく映えるのだ。そのサバを狙って、ペリカンも群れをなして海面へ飛び込んでいる。迫力のある狩だ。
実は前日も同じ場所に、朝から偵察を兼ねて釣りに行ったのだが、さびき(餌なし)でやったため、一匹しか連れなかった。そんないかにも素人くさい私を見ていた、USA柄のTシャツを着た白人おじさんは、「よくそれで釣れたな」と驚いていた。そもそも平日の午前中だというのに、釣りをする人の多いこと。それもほとんどが男性なのが驚きだ。みんなこれで生計立てているのか。釣り人の大半はメキシコ人だが、ベトナム人比率も非常に高い。どう考えても、ここにいる人たちは今日の夕飯のおかずを真剣に捕ろうとしているように見える。近くのスーパーへでも売りに行くのではないかと思うほど、大量に機械的に釣っている人もいる。それほどよく釣れるのだ。竿も餌もみんないい加減なものを使っている。折れた竿だったり、餌もビーフジャーキー、エビ、ルアー(疑似餌)など好きなものを適当に付けているが、みんな同じく同じ魚がたくさん釣れる。
今日は餌(鮭の皮)を用意して行ったので、短時間でたくさん釣れた。このまま何時間でも釣りをしていたいほど、楽しかったのだが、これ以上釣っても食べられないのであきらめた。周囲にいたのメキシコ人たちは恐ろしく大漁で、帰ろうとする私に、「足りなかったら好きなだけ持っていきな」と声をかけてくれる。いらないっちゅうに。釣り人はみな優しいのだ。
本日の獲物。 → 本日の獲物

昨日と同じUSA柄Tシャツのおじさんは、今日はよく釣れたなと誉めてくれた。USAおじさんは親切にどうやって食べるのがいいか教えてくれたが、それはあまりにも日本人好みでないので、聞くだけにしておいた。だってね、新鮮な捕れたてのサバを、お湯で時間をかけてゆでて、身と骨をばらばらにし、塩・こしょうをして食べるのだと。こんな食べ方、おいしいのかなぁ。
帰るとき、周りの人から「See you tomorrow!」などと声をかけられる。確かに毎日来たくなるなぁ。あー楽しかった。
鯖尽くし。 → 071206_1.jpg

試しに、さばいている間、残りの魚をそのままテーブルに放置してみたが、猫たちはちょっとにおいを嗅いだだけで、すぐに寝室へひきとってしまった。無視だ。つまらんなぁ。
日本人宅の我が家では、思いっきり日本風にしてみた。鯖寿司!鯖の味噌煮!鯖の竜田揚げ!どうだー、サバ尽くし。このまま何日もサバを食べ続けると、飽きてきそうだが、しばらくはいろいろバリエーションが楽しめそうだ。せっせと食べてまた釣りにいくぞー。

19件のフィードバック

  1. 脂が乗った、旬のお魚は美味しいですよね。
    日本では昨日、さんまの初せりの様子が
    TVで出ていました。でも、まだまだしょぼい。
    さばって、突堤から釣れるのですか。へ~~。
    小学生の頃父親とよく釣りに行きましたが、、
    さばって、遠洋漁業で取れるものだと思っていました。
    猫たちに不評とは、なんか不思議。
    うちでは魚編がつくたべものは、なんであっても
    台所で合唱してよこせと言っておりました。

  2. こんなに釣れたら楽しいねぇ。
    それにしてもUSA柄のおっさん、もったいない食べ方をするものだ………..

  3. おお!鯖!
    新鮮だと美味しいよね。
    たくさんたくさん獲れたら開いて塩して干物にして一枚ずつラップして冷凍するといいです。
    忘れた頃食べるとまた美味しい(^^)

    うちは大輔と銀平が鯖大好き!
    生で焼いて〆て・・・煮魚は嫌いらしい・・まあそれ以外食べちゃいます。
    調理と夕食は猫との闘いです。

  4. >鯖寿司!鯖の味噌煮!鯖の竜田揚げ!どうだー
    へへぇーーー、参りました。
    今すぐ飛行機とばして食べにいきたいのぉ。
    釣り、釣り、釣り。やりたいのぉ。
    今度SDに遊びに行く時はなんかが釣れる時に行きたい!

    うちにもつりざおはあるのじゃが。
    南港では、コンクリート詰のものしかなさそうなので、私のきゃしゃな竿ではつれん。(釣ってどーする)

    USA柄のおじさん、お家に招いておいしー食べ方教えてあげて。

  5. 鯖、大好き!特に鯖寿司(自分では作ったことない)。
    日本にいる時、よく釣りに行っていましたが全然釣れなかったです。
    釣りは楽しいけど、自分で生魚を触れないのが難点(釣れると困る)。
    ここはオーシャンビーチですか?
    ソフィーちゃんたちはニッポンの猫なのに、生魚には興味がないのですね。調理後も興味なし?

  6. あ、鯖だー!
    凄いなあnoirさん、自給自足できそう…
    実は私、魚がさばけないんですよ。
    昔は3枚卸しは下手だけど、一応内臓を処理する
    下ごしらえくらいはできたのに…
    10代の頃は平気だったんですが、大学の時に病院の
    ボランティアしてから何故かできなくなりました。
    手当の血まみれを見たからかなあ。
    カットされてる肉・魚は扱えるのに。
    ところで、来週木曜日にサンディエゴに行きますよ。
    日帰り出張です。実質の滞在時間は2〜3時間…(泣)
    レンタカーで延々とドライブの予定です。

  7. 全部大好きですっ!!!!(って言わなくても知ってるよって?) いやぁ、良いですね~~~。 ほんっと、いいな~。 あまりに美味しそう過ぎなんですもの~~~。 釣りは…興味ないけど、つれたもの食べるの好きです(笑)。

  8. サバ美味しそう!!
    いいねぇ。自分で食べるものを捕るって。
    美味しさが増す気がします。
    ザ・日本って感じのサバ料理ですねぇ。
    あとは、チラシ寿司とか、天ぷらとか、塩焼きとか・・・。
    確かに。USAおじさんの教えてくれた料理は美味しそうじゃないなぁ。新鮮なサバを無視した料理だ!

  9. noirさんは、釣りもされるんですね。
    釣り上げた魚を素手で触れるのですね。
    私は、苦手なので釣りに行っても自分で竿からはずせません。
    竜田揚げに味噌には大好き~~~。
    新鮮だともっと美味しく感じるのでしょうね!
    2ニャンはお魚に興味なし。アメリカンなのですね。

  10. noir会長、毎度です!

    やはり、獲りたての魚は新鮮でおいしいでしょうねぇ。いいな、さばづくし! JさんはNOIRさんのような「出来る」奥さんを持って、幸せ者ですね~!

    このエントリーを呼んで、おいしい日本のさばのばってらが食べたくなりました。

  11. いいなぁ、こんなにちゃんとしたサイズの食べられる魚がつれるなんて、
    なんか止められなくなりそう(笑)。

    この時期ならあまり脂が乗っていないと思うので、
    すり身何ていうのは?
    冷凍ストックできますし。
    ごぼう天とか、タイ風さつま揚げもおいしいでっせ。

  12. >momomoさん
    それがねぇ、残念ながら脂はあまり乗ってないのですよ
    ねー。うーん、ほんとに残念。でも新鮮なので、料理に
    よってはかなりいけてます(^O^)
    あぁ、さんまもいいですねぇ。大好き。さんまが捕れたら
    いうことないのになー。
    なんで突堤あたりに鯖がいるのか全然分かりませんが
    周回のタイミングなのでしょうかねぇ。スメルトという
    のも釣れるのですが、日本語でなんというのか分かりません。
    平べったくて、食べ出がないので、餌に回しております。
    猫が食べてくれたらもっとうれしいのに(涙)。momomoさんの
    お宅の猫ズはみんな魚好きだったのですね。うらやましー!

    >Akiさん
    うん。すごく楽しいのだよ。毎日行きたいくらい。
    ずっとピアにいたいくらい。いつまでも釣りしていたい
    くらい(笑)。
    こんな食べ方、日本人なら絶対しないよね~。

    >あずきさん
    あぁ、干物!それは考えたのですが、干物干し台みたいな
    網のやつ、あれがないと虫がたかったりしますよねぇ。
    あぁいうのは日本にしか売ってないだろうなぁ。欲しいー。
    というか、その前に魚を大漁に釣らねば(笑)。
    大輔ちゃんが魚好きなのは知ってますよ~。あの流しに
    置いた大きな魚にむしゃぶりついて、爪を出していた
    大輔ちゃんの写真が目に浮かびます。うらやましいなぁ。
    魚好きな猫がいたら、もっと釣りがいがあるのにー!

    >Kさん
    この時期はいつも鯖が押し寄せてくるのでしょうかね。
    今まで全然知りませんでしたね。真夏は何も釣れないの
    かと思ってました。
    南港のハードな釣りに耐えられるような、がっしりした
    竿買って帰ればよかったですね(ほんとに釣れたら怖い)。
    私も大きめの釣り竿でも、ハトヤのCMのように竿が
    激しくしなって、折れるかと思いました(←大げさ)。

    >マルコさん
    おぉ!聞いておいてよかった!
    危うく生魚をそのままお届けするところでしたよ(笑)。
    魚釣るのはすごく楽しいのですが、後処理に時間が
    かかって一日仕事です(←かなり大げさ)。
    お察しの通り、OBです。ここのピアはカリフォルニア一
    長いそうですよ。突堤というよりも、先まで行くとかな
    り深くて、海釣り気分です。
    鯖寿司、私も初めて作りました。なかなか難しいもので
    次回の課題です。上手くできたら、お届けしまーす。
    待っててください!
    うちの猫たちは、焼いたあとなら少しだけ食べますねぇ。
    しぶしぶって感じで(怒)。あんこちゃんは好きそう
    ですね(^O^)

    >なみさん
    そ、それはかなりトラウマになってしまったようですね。
    お察しいたします^^; カットされている魚が扱えれば
    充分ですよ~。
    はっ。そういえば、今日は(今)、木曜日ではないで
    すか。サンディエゴにいらっしゃっているのですね。
    今日は暑くてたいへんだったでしょう~。滞在時間が
    短くて残念です。
    こうガソリンが高いと、車で遠距離を移動するのも、
    お得なのかどうか考えてしまいますねぇ。どうぞ運転
    お気をつけて!

    >雅子さん
    ふふふ。雅子さん、鯖の味噌煮とか好きそうですね。
    私は実は苦手です。甘いのが嫌なので、自分で作るときは
    つい薄味にしがちです^^ 私は釣れたもの食べるのも
    大好きなのですが、釣りのほうがもっと好き~~~♪
    雅子さんと一緒に暮らしたら、いいバランスとれそうです(笑)。

    >あゆさん
    塩焼きは実はやってみたのですが、脂乗りがイマイチ
    なので、ぱっとしませんでした。天ぷらもおいしそう
    ですね~。
    USAおじさんとはあれから仲良くなって、一緒に釣る
    ようになりました。でもこの食べ方は真似したくないっ!

    >ボーちゃんママさん
    生魚触るのが苦手なのに、釣りに行かれるのですね!
    ってことはダーリンが外してくれるのか。調理もして
    くれるのだろうな。それはうらやましー。
    お魚くわえて走って逃げるくらいのバイタリティーが
    うちの猫たちにも欲しいです。まるで食べ物だと認識
    していないようです(涙)。

    >matthewさん
    鯖寿司作って夕飯に出したら、びっくりしてくれましたよ~。
    初めて作ってみましたが、なかなか難しいものでした^^;
    特に盛り付けがイマイチですね。副会長だったら、もっと
    繊細に美しくセットすることでしょう。
    私も自分で作っておきながら、あぁ、京都「いづう」の
    ばってらが食べたい、と出来の違いにため息がでま
    した(比べるのが間違ってるが)。

    >はるみんさん
    さすが!脂は乗ってないです。やっぱりかなり時期はずれ
    なのですね(涙)。
    すり身!思いつきませんでした。しかも冷凍ストックが
    できるとな。それは作るしかありませんね。あ、その前に
    たくさん捕ってこなくてはー^^;
    大漁ではないのですが、けっこう大きいのが釣れるので
    まさに楽しくて止められません~。

  13. アメリカで鯖??
    驚きました!
    鯖は、日本だけだと思ってました。

    しかも!鯖寿司とは・・・。
    日本に居る私は、作りもできません。
    反省。

  14. 脂が乗るのは秋かな?。
    でも乗っていないのは、ソテーやフライなど用途が広がるから
    重宝です。

    @すり身
    頭・内臓・骨・皮取るとたいした量じゃなくなるけど、
    フードプロセッサーであっという間にできるので、
    大漁のときはお奨めです。
    ストックするときは、少し塩を加えるくらいで他には何も入れない
    状態にしておいたほうが、色々な用途に使えて便利です。

  15. 大漁ですね~!!
    そして、それをバリエーション豊かに処理してしまうあたり、尊敬です。
    私なんて、もう15年近く釣りした事無いです。
    そして、生きてきて2回くらいしか経験ないかも…。
    夜のおかずを自らとってくる奥様、ステキです!!

  16. >judyさん
    わはは。そういわれると、鯖ってなんとなく日本だけで
    食べられているようなイメージありますよね。アメリカの
    スーパーでも売ってます(mackerel)。ゆでて塩コショウ
    以外にアメリカ人がどうやって食べているのか分かりません^^;
    鯖寿司は、日本にいたらわざわざ作る必要ないですよー。
    おいしいのいっぱい売ってるし。今回の鯖は脂があまり
    乗っていないのでイマイチでしたが、新鮮でおいしかった
    ですよ~♪

    >はるみんさん
    秋ですよね。秋鯖。関鯖。大スキー!
    確かに、今回の鯖は、フライにしたのが一番おいしかった
    です。竜田揚げや南蛮漬けにすると、油が補給される
    のか、ちょうどいい感じでした。
    フードプロセッサーでやればいいのですね。骨もやっぱり
    取った方がいいのでしょうねぇ。確かにすっごく量が
    減りそうです。しかしすり身で保存するのはいいアイデア
    ですね。つみれ汁とか、いろいろ使えそう~。
    祈願大漁。
    はるみんさん、教えていただきありがとうございます!

    >モモねこさん
    毎日きっちり夕飯のおかずを捕ってこれたら、いうこと
    ないのですが、釣れないときと釣れるときが全く読めない
    ところが難点です^^; モモねこさんも釣りをしたことが
    あるんですね。私はサンディエゴに来る前はほとんど
    温泉地の釣堀くらいしか釣りをしたことありませんでした。
    今ごろになって釣りの楽しさを発見!あーまた行きたい。

  17. あ、すみません、まだサンディエゴには行ってません。
    来週の木曜なのですよ。
    これからレンタカーの予約をせねば〜。

  18. 鯖の竜田揚げ~!! 美味しそう!! ビールに合い過ぎそう!!
    鯖って足がはやい魚といいますが、脂が少ない時期で釣りたてなら安心ですね。何よりも釣ってそのまま食べて安全なほど海がきれいということですよね?素晴らしい!昔の東京湾とかダメでしたもんね←いつの時代の人間だ!?

    ところで、先日の桃、ついに食べました!
    期待を裏切らず、大変美味でした。ちょっと裏が緑っぽかったので我慢して室温で追熟させて、ちょうどイラン人友達と映画に行く時に冷やしてなかったけど食べちゃいました。
    問題の皮ですが、パコッとドーナツを二つに割ったら、完熟しているので手で簡単にぺろーんと向けました。種が一般のアメリカの桃よりも小さいですね。
    3つしかお試しで買ってなくて、食べるときにはさっさと食べちゃったので写真なしです。はあ~でもこれはまた食べたいなあ。日本の桃の味と香をもっと濃厚にした感じですね。アメリカでこんなにいけてる桃が食べられるなんて!!

  19. >なみさん
    おぉ、次の木曜でしたか。時間があったら一緒に釣りでも
    したいところですが、うーん血をみないでは済ませられ
    ないしー(泣)。というか、こんな暇人私だけか(笑)。
    サンディエゴも今とっても暑いですよ。どうぞ運転お気を
    つけくださいませ。お仕事がんばってくださーい(^O^)

    >kawausoさん
    あぁ、ビールに合いますともっ!おすすめは、鯖の南蛮
    漬けです。日本酒があったらいうことないのにーと
    残念でした^^ 釣ったばかりの魚は、においもなく、
    きれいで、アメリカのスーパーで売っているものと全然
    違います~。釣れたてはいいですねー。しかし魚の種類
    を選べないところが難点です^^;
    おぉ、桃おいしかったですか!それはよかったー。
    皮柔らかいですよね。手でむけて。種もそうそうすごく
    小さかった。私桃って、いつも思うのですが、きれいに
    切ってお皿に並べるのってすごく難しいですよね。
    どうやって切るのが正しいのでしょうねぇ。次のときは
    冷蔵庫できんきんに冷やしてみてください。ますます
    おいしいですよ~(^O^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください