ベランダでしていること

うちのアパートは築30数年にもなるが、たいへん手入れが行き届いている。毎日メキシコ人のおじさんたちが、掃除をし、植え込みの手入れをし、プールのごみを取り、そこら中でまめまめしく働いている。ベランダや階段の柵を作り変えたり、定期的にペンキを塗りなおしたり。
先月のことだが、アパートの建物全体のペンキを塗り替えることに決まったと手紙が届いた。ついてはベランダにある荷物を、作業期間中は撤去するようにとのこと。ひー。そんなこと突然言われても。何がたいへんってあなた、うちはベランダにたくさん荷物があるのだ。テーブルやら椅子やら棚やらプランターやら、そして自転車やら。撤去といわれても、それらはとりあえず部屋へ入れるしかない。あとは一日でペンキ塗りが終わってくれるよう祈るばかりだ。
ところが予定通り始まって、何もかもビニールで覆われたと思いきや、突然ペンキ塗り作業は途中で中断してしまった。見るとおじさんたちは、遠く離れた建物でなにやら別の作業をしている。どうやら途中で作業の優先順位が変更になってしまったようなのだった。なんと中途半端な。
待つこと10日余。ようやくうちの建物の作業が再開されたと思ったら、ほんとにあっという間に終わった。それなら先に終わらせてくれたらよかったのに。その間、雑多な荷物であふれかえった薄暗い部屋でじっと我慢していた私たち(なぜ薄暗かったかというと、いつ人がベランダに入ってきてもいいようブラインドを締め切りにしていたため)。しかし実はこっそりテーブルだけベランダに戻しておいた。というのも理由がある。
(塗り替え前)柵とおそろいの青いテーブル。 → 柵とおそろいの青いテーブル

このベランダ用青いテーブルはJの手作りで、ペンキは随分前に私が塗った。青く塗ったのは、わざわざベランダの柵と同じ色にコーディネートしたくて選んだのだった。なのに今回のペンキ塗り替えで、もう青い色は使わなくなってしまった。新しい色はぱっとしない茶色。なので、この青いテーブルだけベランダの柵の近くに出しておいたら、もしかして一緒に新しい色に塗り替えてくれないかなーなどと、密かに期待していたのだった。
しかしペンキ塗りが終わってみると、やっぱりテーブルは青いままだ。ちっ(当たり前か)。おまけにところどころ、新しい色のペンキがついてしまい、ますますさえないテーブルになってしまった。
ところが先日気づいたのだが、このテーブル、以前から台の部分が一部外れて壊れていたのが、そこがいつの間にやら直っている!メキシコ人たち、ペンキは塗ってくれなかったけど直してくれたのね。いつベランダで修理なんてしてくれていたのだろう。親切な人たちだ。素直にお願いしたら、もしかしてテーブルも塗りなおしてくれたかもしれなかったな(←未練がましい)。
(塗り替え後)ソフィーとおそろいになったかも。 → ソフィーとおそろい

晴天の暑い夏の日が続くサンディエゴ。暑いせいか、一日何度も何度もベランダにでたがるソフィー。その都度、網戸を開けろと催促をする。虫が入るから、網戸を開けっ放しにはしたくないのだ。前にも書いたが、ソフィーは部屋に戻ってくるときだけは自分で開けられる。毎日大声で絶叫して網戸を人間に開けさせ、ベランダにでたソフィーが何をしているかというと…。
こっちを見てるだけ。 → こっちを見てるだけ

部屋の中を監視。
おい!それだけかっ。そして開けたらきちんと閉めてくださいねっ。

19件のフィードバック

  1. あああ、ソフィちゃんってば、なんて愛らしいんだろう
    (なでなで)
    このところ、近所のマンションが軒並み塗り替えられています。
    流行なのかな。通勤途中のマンションが、壁はお抹茶色に、
    ポイント的に柱とか天井と床部分らしいところはあずき色に
    塗り替えられたところがあって、
    住民は抹茶とあずきのスクエアケーキから出勤しているような
    気がするのではないかと、心配になったりしています(大嘘)
    Noirさんちの今回の塗り替えのときに、なにかおつまみと
    飲み物をこっそり机の上に置いといて、
    「一緒に塗っておいてくださいな」とお願いメッセージを
    つけておけば、ソフィちゃんとおそろいの色になったかも
    しれませんね。次はいつだろう。。

  2. とりあえずテーブルが修理されていてよかったよかった。
    こちらでは梅雨明けが遅れていて毎日雨。
    雨で亡くなる人まで出る始末・・・とうなってるんだ!!の世界。
    からり晴れた夏空が羨ましい。

    うちでも一部の猫は網戸を開けてベランダに出ます。そして絶対閉めない(当たり前だよね)
    そしてある日、さつきが体当たりして網戸破った(しくしく)
    すごかった!
    だてに太ってるわけじゃないんだって実感しました(しくしく)

  3. アハハ!部屋の中をみるだけというオチに笑いました。
    普段と違った角度から見てみたいのかな…?新鮮なのかな。
    それにしても、ソフィーちゃんかわいいですねえ

    テーブルを直してくれたなんて、ほんとうに親切ですね!

  4. ノア殿ん家は、ベランダが広びろして明るかったなあ。
    家はブラインドをほとんどあけることがなかった。
    理由はいつも散らかしてるのと洗濯物を室内干してるのとで、あけられなかったの。苦笑
    アメリカは美観にはたいそううるさいですねえ。

    ベランダは荷物、家具置くのは禁止。
    置いてると、撤去勧告のふみがオフィスから届けられる。
    なんのためのベランダじゃーーーー?

  5. きゃぁ、今日もソフィちゃんが超かわ。

    こんな風にみてくれるのなら、何度でも網戸開けますが。。。ああ、でも、お客の前には出てきてくれないんですよね。口惜しや。

  6. テーブルの青い色、ソフィーさんの毛色が映えるので
    そのままのがいいな〜。
    ところで行ってきましたよ、サンディエゴ。
    相変わらず景観の良い美しい街ですね〜。
    仕事が終わらなかったのでまた行く事になるのですが、
    交通渋滞だけは辛かった〜。

  7. わはははは、眺めてるだけなんだ!
    しかも室内を。
    締め出されたニャンコを気取っているのかも
    しれないですね。
    だって、猫ってヒマっぽいし。
    妄想でもしたら少しはやること増えるかな・・・と。

  8. メキシコ人の方々は、勤勉なんですね~。
    これまた、私の想像とは別物でした。
    私の中では、彼らはもう大雑把にくくってラティーノ。
    仕事はサボルとは言わないまでも、ラティーノにとっては重要ではないので必要最少限、なイメージでした。

    ソフィーちゃん、そんな特技を持っていたのですね。
    モモは、ドアノブを触れば開くと信じているので、取りあえずドアノブ触って鳴いてます^^
    ドアが押す側で、かつ半開きの場合は成功しますが、引く側やきっちり閉まっていたりすると、ドアノブ触ってニャアニャア!
    うるさいったらありゃしない。
    もちろん、ドアを閉める概念はありません。
    ソフィーちゃんと違って、アミ戸は破って出るもの、と思っている、困った猫です。

  9. 親切ですね!素敵☆
    ホント、お願いしたら快く塗りなおしてくれたでしょうね。
    惜しかったですね(笑)
    ソフィーちゃん、笑える~!!
    中を見ているだけなんて(爆)
    外より中の方が面白いのかしら?

  10. >momomoさん
    抹茶色とあずき色のマンション。暑苦しい、いえ、とっても
    おいしそうな感じ。うちのアパートがそんな色だったら
    あずき色のテーブルにしなくては(あ、そんな色のペンキ
    売ってなさそうだ)。
    「一緒に塗って置いてください」と何度メモをおいて
    おこうと思ったことか。そこがほれ、私日本人ですので
    シャイですから(こういうときだけ)言えなかったのです
    よ~(^^)
    次の塗り替えいつでしょうね。そして買ってしまった
    青いペンキがまだたんと残っているのですが、どうしま
    しょ…(涙)。

    >あずきさん
    うふふ。さつきちゃんの体当たりのときの様子は
    ブログで拝見しましたよ~。すばらしいですね。たくま
    しいですね。あの網戸直しましたか~(笑)?
    あずきさんのところみたいに、たくさん猫がいると
    開けられる猫とそうでない猫の違いが分かって面白い
    ですね。うちもノアは決して開けようとしません。ソ
    フィーが開けている様子を見ているのにね。もしや
    メスのほうが器用なのかなーと思っていたところです。
    あずきさんのところの、開けられる猫ももしかして
    メスだったりしませんかね。それとも単なる外好きな
    猫か^^;

    >にゃうちろさん
    外から部屋の中をみると、新鮮なのかもしれませんねぇ。
    なんだかまるで、中にいる人間のほうが、動物園の
    檻の中にいるような気分になってきます。だってね、
    興味津々な様子でながめているのですよ、ソフィー^^;

    >Kさん
    え?Kさんが住んでたアパートって、ベランダに家具も
    置いてはいけなかったの?そんなー。だってアメリカ人
    はベランダ用の家具置いてBBQしたりするの大好きなの
    にね。あのアパートはペットのことだけじゃなく、いろ
    いろヒジョーにキビシーところでしたのね。
    ここ数日30℃を越す暑さです。うちのご近所さん、みな
    窓どころかドアも開けっ放しで寝ております^^;
    あーうちもドア開けたい(猫がいるので開けられない…涙)。

    >こるーさん
    ソフィーのお客さん嫌いは年とともにエスカレートする
    ばかりです(涙)。仔猫のときはそうでもなかったのに
    なぁ。なので、お客さんの前でも姿を見せてくれる
    りるーちゃんのほうが断然社交的でうらやましいですよ~^^

    >なみさん
    お疲れさまでした。暑かったでしょうサンディエゴ。
    そして渋滞たいへんでしたねぇ。5号は朝晩すごい
    渋滞になるのですよね^^; お仕事ではなく、いつか
    遊びでいらしてくださいましね♪
    今日の日中の気温は33℃。LAとどっちが暑いだろうかー。

    >でめたんさん
    締め出された気分…。確かに、もしかしたらそう思って
    るのかも!だって、しばらくすると突然、大鳴き
    して中に入ってきたがるのですよ。まさに何か妄想に
    ひたっているとしか思えん。放置プレーゲームか(笑)。
    外から眺められるこちらは、まるで檻の中に入っている
    かのような気分です^^;

    >モモねこさん
    私のイメージではメキシコ人の人たちはみんなマジメに
    よく働いています。英語があまりしゃべれない人は
    無口なので特にそう見えるのかもしれませんが。その代
    わり休みの日に遊ぶときは家族で仲良く大騒ぎって感じ
    で。そこは陽気なラティーノのイメージと近いですね(^^)

    ドアノブを触るモモちゃん、かわゆいですね。とりあえず
    触ってみて鳴くというのが、いかにも猫らしい(^O^)
    そして賢いわ~。 網戸、破って出てしまうのですね。
    さぞかし虫が入って大変でしょう。うちの網戸も
    ソフィーのせいで穴だらけなので、お気持ち分かりま
    すよ~(涙)。

    >月の輪猫さん
    親切な人たちですよね。直してくれたこと、ひとことも
    言わないところがにくいです。ペンキも塗ってくれるよう
    お願いしておけばよかった(笑)。
    ソフィー、今も外から私を監視してます。何が楽しいの
    でしょうね^^; 後ろから猫の視線が痛い~。

  11. 定期的に修理を請け負ってる会社の方なのかな?
    テーブル直してくれるなんて親切な方々ですね。
    青い海から森の中へ移動したベランダにソフィーちゃんがいるみたい♪色が違うだけで印象が随分変わるもんですね。

    ベランダに出たソフィーちゃん、お部屋の監視ご苦労様です。視点を変えていろいろ観察したいのかも~。

  12. 久々に読んで笑ってしまったよ~~(笑)
    お元気そうで何よりだわ^^

    しかし、何と親切なメキシカンな人なんだろう~
    >もしかして一緒に新しい色に塗り替えてくれないかなーなどと、密かに期待していたのだった。
    おやつと一緒にメモ置いておけば・・・もしかして??だったかもね~(笑)

    茶の色にブルーのテーブル素敵だわよん♪
    生ソフィーにゃんを見てみたくなるわぁ~(o^-^o) ウフッ

  13. ソフィーちゃんおもしろいなぁ。
    人間を観察して・・・何を考えてるんだろ?
    ちょっと冷ややかな目だったりして・・・(笑)

    実家の猫も、最近網戸の付けた鍵を、
    飛び上がってはずすことを覚えたみたいで、
    母親が困ってます。

    誰が教えたわけでもないのにね・・・。

  14. お久しぶりです。動物って何を考えてるんでしょうねぇ?
    外から中を見ているだけだなんて!きゃわいい!ガラス越しに見ると何かが違うのかな。。。人間にとっては想定外のことを
    して、その理由を話してくれない所がペットの魅力ですね。

  15. ソフィちゃんはベランダからお部屋を監視するのが、好き!?
    なのですか。入るときは自分で開けるなんて賢いですね!
    うちは、モモが網戸やら押し入れの戸を開けて出入りしますね。もちろん、開けっ放しで他の猫も追随していくのでとても
    困り者です。
    ベランダのテーブル、ブルーでもいいですよ!
    ソフィちゃんに映えます。ノアちゃんは、ベランダにでないんですか?

  16. >がちょんこさん
    毎日のようにいろんなところを修繕したり掃除したり
    している方々なのですよ。こういうの管理費に含まれて
    いるのでしょうが、大勢いてすごいですよね。おまけに
    とっても親切(^O^)
    ソフィーは、今も外から私のことを観察してます(涙)。
    後ろが気になるー。何か面白いことしなくちゃいけない
    ような気分になりますよ(笑)。

    >えじさん
    お久しぶりでーす!お元気ですか。
    ふふふ。おやつと一緒にメモ置いておけばよかった
    ですかね。こんなに親切な人たちだと事前に分かって
    いればー。
    生ソフィーを見に、サンディエゴにいらしてくださーい!
    超人見知りなので、数日間うちで過ごさないと、出てこ
    ないかもしれませんが^^;
    えじさんのところ暑いでしょ。暑中お見舞い申し上げます~。

    >judyさん
    ほんとに、人間を毎日観察して何が楽しいのでしょうね^^;
    後ろが気になってなりません…。
    網戸の鍵をはずしてしまうなんて、かなり賢いですねぇ
    ご実家の猫ちゃん。すごいわー。あとは、出た後
    また網戸を閉める、ということを覚えてくれれば
    申し分ないのに(笑)。
    そうか、猫は毎日人間を観察して、そうやって覚えて
    行くんだわ(なぜ開けることだけしか学ばないのだ!)。

    >ゆーこさん
    こんにちは!
    ガラス越しに見ると、まるで檻の中に入っている動物
    (人間)を観察しているようで楽しいのでしょうかね(笑)。
    見られているとどうも視線を感じて、気になってなりま
    せん^^; 猫がこうして網戸を開けられる、ということは
    犬だったらもっといろいろできるのでしょうか。あぁ
    犬だったら、開いている網戸を閉めるということを
    教えたら覚えてくれそうですねぇ(憧)。

    >ボーちゃんママさん
    ふふふ。モモちゃんは押入れの戸も開けられるのですね。
    重そうなのにすごいー。他の猫が追随していくという
    のが、想像できて笑えます(^^) モモちゃんはみんなの
    役に立っているのですね!
    ソフィーの場合、ぎりぎり狭くしか開けないので、残念
    ながら、ノアはその隙間からでることはできません(笑)。
    なのでノアは出入りしたいとき、もちろん人間に開けさせ
    ております。うぅぅ、みんな自分で開け閉め覚えて欲しい~(涙)。

  17. なんとソフィーちゃんはベランダが好きなのですね風流な(^^ ウチは机の上の何故かカッティングシートとか、何故か
    エアコンのない蒸し暑い部屋の板の間が好きだったりします。いずれにせよ寝ているんで同じですが。障子は普通に
    開けるので、ウチも網戸があれば同じ事をするかも知れません。幸いにも網戸はないのでそういうことはないのですが、
    やはり開けるだけで、閉めるのは人の仕事のようですね(^^;

  18. そんな芸があればとっくにAnimal Videoに応募して
    賞金をがっぽりゲットしておりますよ・・・。
    網戸を開けることすらできないので、我が家は
    ドギードアをつけて勝手に出入りしてもらってます。
    なんとこの暑いのに炎天下で昼寝するんですよ。
    犬は猫ほど手先が器用ではないので(うちの犬だけ?)
    開け閉めは難しいでしょうね。

  19. >FZ-A茶飲み男さん
    いやー風流かどうか(笑)。でも日がな一日ベランダの
    椅子の上で寝ているので、よっぽど涼しいのでしょうね。
    しかしそうかと思うと、クローゼットの一番奥で寝ていたり
    もするので、よく分かりません^^; カッティングシート
    の上も、ちょっと涼しそうですよ。
    障子を手で開けるなんて、ノリコちゃん賢いわ~。
    ちゃんと破らないで開けられるのですね?うちのソフィーは
    網戸に思いっきり爪立ててるので、大穴だらけで、
    もはや網戸としては機能していないような状態です(涙)。

    >ゆーこさん
    あはは。やっぱり閉めることはできないのですね。
    ドギードアはいいですね!うちも網戸に猫用ドアを
    付けたいっ。できれば網戸がぼろぼろになる前に
    そうしておくんだった(笑)。
    炎天下で昼寝なんて、すごい。この暑いのに!最近
    本当に暑いので、動物も人間も日射病にお気をつけ
    くださいませね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください