電車に乗ろう!

めったにこのbikeカテゴリーに新規追加がないが、ほんとうにたまにしか乗っていない自転車。そうだいたい月に2回くらいだろうか。いつも乗っている最中はとっても楽しいので、あぁこれからはもっと頻繁に自転車に乗ろう、などと反省したりするのだが、どうも乗り始めが面倒でならない。というのも、うちの近所は坂道だらけなので、自転車に乗りに行こうと思うと、車に積んでどこか平らな乗りやすいところに行きたくなってしまうからなのだ。車に積むには、自転車用のキャリアをまず車に取り付けねばならないし、あー面倒くさい。
しかしこの日は、マルコさんご夫婦とともに遊びに行ったので、マルコさんちの大きいバンに自転車丸ごと4台積んで、あっという間に出発準備完了。いいね。
SolanaBeachの駅に車を停めて、自転車に乗りかえ、そのまま海沿いの道を北上。走行距離約30キロ、時間にして約1時間半、高低差ほとんどなしのとっても楽チン、ファンライディングコースなのだ。Oceansideから南へ戻る帰り道は、電車(Coaster)に乗る。駅で降りて、また車に自転車を積んでおしまい。こういうコースは同じ道を往復しなくていいし、何より乗り物にたくさん乗れて、遠足気分だ。

ところで、電車に乗るには当然切符を買う。そもそも一日に4本しか走っていないような電車なのと、どうも電車に乗りなれていない(と思われる)休日のサンディエゴの住人たち。切符を買うのも一苦労だ。時間のかかること。20分も前についたので余裕があるだろうと思っていたのが甘かった。1台しかない切符の自動販売機(もう1台は壊れている)の前には行列ができ、ただ切符を買うだけだというのに、一人ずつにかかる時間の長いこと長いこと。なぜなら、ある人のせい。
混乱する切符売り場 → 混乱する切符売り場

この車椅子に乗るおばさんは、本人いわく駅のボランティアなのだと。みんなになんだかよく分からないがIDを見せていたので、たぶん本当に駅の関係の人なのだろう。この人が、それはもう大きな声ですごく人を混乱させるアドバイスをしてくれるのだ。
切符を買おうとする私たちにもどこへ行くのか尋ね、SolanaBeachまでと答えると、次の電車は2時間先だという。
???
下調べ万端のJは、絶対違うとムキになるが、その後おばさんは、「2時間先というのはこっちに帰ってくる電車のことだもーん」と(←こんな感じで)のたまうではないか。きーっ。そんなこと誰も聞いてないっちゅうに。おまけに20ドル札で切符を買おうとすると、20ドルは使えないと大声を出す。あわてて列から離れ、もう一度並び直し。仕方なくカードで買ったが、あとで考えたら、あれは20ドル札のおつりは出てこない、と教えてくれたようなのだった。当たり前じゃっ!
こうして切符を買おうとする人々すべてを混乱に落としいれてくれたおばさんのおかげで、待ち時間ほとんどゼロで電車が到着したのだった。危ないところだった。
切符を買ったあとは、自動検札機にがしゃんと切符を通し、電車に乗る。ホームにも車内にも駅員はいない。降りたホームにももちろん駅員はいないので、これならキセルやり放題だと思うのだが、みなマジメに切符を買う。なぜなら、ごくごくたまーに抜き打ちで切符の検査を行うらしく、そのときに切符を持っていないと恐ろしく重い罰金が科せられるらしいのだ。これなどいかにもアメリカらしい。
自転車と一緒に車内へ → 自転車と一緒に車内へ

この駅が始発で、終点のサンディエゴのダウンタウンまでおそらく1時間足らず。それなのに、さっそく車内ではすでにコロナビールで乾杯する人々や、クアーズの缶ビールを1ダースもかかえて乗り込む人までいる。クアーズを抱えていたおじさんなど、電車が動き出すやいなや、「誰か車内にスナックの自動販売機があるかどうか知らない?」と周囲の人々に聞いて回っていたのだった。ビールを1ダースも買う暇があったら、つまみも用意しようよねぇ。
残念なことに私たちを含めて、誰も自動販売機があるかどうか知らなかったが、すぐ隣に座っていたおばさんは、これでよかったらあげるわ、と飴1個とピーナッツの袋をハンドバックから取り出してあげていた。こういうときに、屈託なくサンキューと受け取るところがアメリカ人のかわいいところだ。しかしいつまでも長々と立ち話を始めるおじさんに、早くしないとビール飲む時間がなくなるぞ、と私一人はらはらしていたのであった。
たまに乗る電車は楽しい。

8件のフィードバック

  1. 楽しい小旅行ですね。

    カールスバッドのうちの横を走ってたやつでしょうか?
    この車両は電気で走ってないよね……
    いつも旅日記で、電車って書こうとして、あ、でも電気で走ってないから、といつも列車、と書いている私であった。
    (そういうことをいうと意地悪だとk3がいつも私を非難するのであるが、意地悪とかそういうのとは違うのだ…)

    結局あの列車(しつこい)には一度も乗ったことがありませんでした。いつでも乗れると思うと乗らないものですねぇ。たろうが喜んだだろうになぁ~。

  2. >Akiさん
    あ!なに?電車って、電気で走っているってこと
    だったの?(←全然分かってない)。知らんかったー。
    そうそう。Akiさんの昔の家のすぐ横を走ったのよ。
    Jと一緒に、あーこのへんだねと話していたのだよ。
    あの辺りは、自転車にすばらしく最適な道だね。
    列車(←すぐに修正)の旅楽しかったよ~ん。しかし
    高くてびっくりした(4ドル50)。

  3. >大きな声ですごく人を混乱させるアドバイスをしてくれる
    そういう人は、私の住むところにもおおぜいおります。
    >屈託なくサンキューと…アメリカ人のかわいいところ
    ほんとにそうですね。もはや懐かしい。

  4. 結構みんな真面目に切符を買ってるんだね。
    無事にご乗車おめでとう!って感じかな(爆)
    で、電車の中でビール?!?!おつまみも用意して?!?!
    和やかムードの路線で楽しそう(笑)

  5. トラックバック、ありがとうございます♪
    車に自転車4台積めてよかったですよね~。
    本番(!)でも何かと便利。

    みなを混乱させるこのおばちゃん、本当にすごかった。
    黙って機械で切符を買えばいいのに、トムが助けを求めるからさ(笑)。
    私なら最初から無視して自分で切符を買います!
    自転車にも電車にも乗れる楽しい小旅行、たまりませんねー。

  6. 自転車の旅、いいですね~。今年の夏はとっても辛くバテバテなので全く山に行ってません(泣)
    今年の花火大会にたった一回乗っていっただけ・・・。

    だいたい私も10キロ30分くらいでのんびり走りますね。
    もちろん高低差のない道を選んで。へなちょこですから登り坂は嫌いなんです~笑。
    私の愛車はビアンキなんですよ。ビアンキカラーに惹かれて買っちゃいました。
    ちなみに私の女友達もTREKです。男前だ~とよくからかわれてますよ 笑。

    駅のおばあさん、親切・・・のつもりなんでしょうね 笑。

  7. ぎゃはは。 面白珍道中でしたね~(笑)。 そのおばさん、絶対駅関係の人ぢゃない気がするのは、私だけ?(笑) 

  8. >Kさん
    ふふふ。Kさんの周りにはこういう人たくさんいそうですね。
    私かねがね思っておりましたが、大阪の方はアメリカ人と
    共通するところが多々ありますよね。いや、もちろん
    よい意味ですよ(汗)。

    >Kalakaさん
    電車は広くて清潔で日当たりよくて、こんな中で昼間から
    ビール飲んだら、私だったら間違いなく寝てしまいそう
    です(笑)。それにしても、何もこんな短い乗車時間で
    ビールを飲まなくても…。しかし海沿いを走る景色も
    よい電車なので、飲みたくなる気持ち分かります~。

    >マルコさん
    自転車積んでいただいて、ほんとに楽チンでした。
    バンはいいですねぇ。本番というのはいったい何のこと
    だか分かりませんが(笑)。
    あのときトムが当然のごとくおばさんに助けを求めた
    ので笑ってしまった。あんな近くで見張られていたの
    で、無視できなかったんでしょうね^^; 私もマルコさん
    と同じことするでしょう。
    またファンライディング行きましょうね~。あ、ちなみに
    メキシコのはファンライディングとは言わないと思って
    いるのは私だけ?(@_@) 

    >がちょんこさん
    平均時速20キロくらいなので、がちょんこさんと一緒
    だったら並んでゆっくり走れそうですね。
    ビアンキというのは聞いたことなかったので、検索
    してみたら、とっても立派なバイクではないですか~。
    フレームの色も確かにポップでかわいい!
    盗まれないようお気をつけくださいましね。私の
    前のバイクのように(涙)。
    そういえば、今回一緒に行った4台はみなTREKでした。
    しかし色も形もばらばらなので、おそろいには見えない
    だろうな…^^;

    >雅子さん
    やっぱり~。雅子さんもそう思うでしょ。私もこのおば
    さん、絶対勝手にやってるだけだと思ったのですが
    そんな周囲の視線を感じてか、なにやらIDを見せて
    回ってましたよ。ますます怪しいですよね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください