Hug!

久しぶりにボランティアに行く。最後に行ったのはいつかとブログをチェックしたところ、1月だ。もう約1年も休んでいたのだなぁ。どんな猫ボランティアをしているかという詳細はこちら
長年、ボランティアのボスをやっていたミシェルが辞めてしまったのも1月。私はこの頃学校で忙しかったので休みをもらうことにしたのだが、同じ時期に多くのベテランボランティアもいなくなった。新しくボスになったのはデボラという人だ。体も性格も豪快なおっかさんタイプの女性で、恐ろしく記憶力がいい。この人ならよいまとめ役になることだろう。新しいボランティアもたくさん入っていた。いいことだ。
来週以降は週に一度、また一人で担当することになったが、今回は久しぶりなので、デボラも一緒。「Welcome back!」とあたたかい抱擁(hug)を受けた。
私はこの、女性からの抱擁が好きだ。特に両腕が回らないほどたっぷりとした肉厚な女性から抱きしめられると、うわ~とボーっとなってしまう。この人は大柄なので、大きな胸と肉にぎゅーっとうもれる感じがたまらない(←ヘンか?)。あー気持ちいい。

この日は、たまたま1匹の猫が点滴中だった。Flower(花)というかわいらしい名前の雌猫は、8歳で腎臓が悪い。週に一度点滴治療が必要なのだ。おとなしい、はかなげなこの白黒長毛猫は、点滴されている15分くらいの間、じーっとして文句の一つも言わない。長毛なのでふっくら見えるが、抱きあげると、痩せていて羽のように軽いのが分かる。人懐っこく、見知らぬ人間にもすりすりしてくるし、膝に乗せればそのまま素直に丸くなる。かわいいねぇ。こんなかわいい子が捨てられた理由は、トイレ以外の場所で粗相するようになったから、とのこと。前の飼い主は病院にも連れて行かなかったのだそうだ。今この子は、きちんと治療を受けて、まったく粗相もしなくなったそうな。早くもっと良い飼い主がみつかるといいね。
かわいいFlower → 猫にごはん

私がこのボランティア団体を好きな理由は、決して安楽死をさせない団体であることだ。どんなに年をとった猫でも、お金のかかる病気の猫でも、ちゃんと治療し里親を探す。当然それには限界があるため、無制限に多くの猫を引き受けることはできないし、独自にレスキューもしない。その代わり、一旦引き受けた猫には必ず里親を見つけ、何年たっても、どんな状態でも、飼えない事情ができたらその猫を返してもらう。
団体ができたのが、1977年だから、もう30年も歴史があるのだ。裕福なお金持ちからの寄付も多いし、ボランティアの人数も多い。みんなできる範囲で数時間だけでも、無理せずボランティアできるのがよい。私も、また週に1回楽しくやっていこう。

17件のフィードバック

  1. Flowerちゃん…かわいい…
    トイレ以外で粗相をするようになったら、やっぱり尿路系の病気?など心配になりますよね。なのに、病院に連れて行くどころか、「もういらない」って捨てちゃうなんて…ひどい…

    小さいマーシャを保護して、一緒に暮らす時間が長くなるほど、愛情は増すばかりです。普通はそうですよね?

    はじめから野良猫として産まれてずっとそうして生きて行くよりも、一度飼われたのに捨てられる方がやはり猫にとって辛いんでしょうね…気まぐれで飼うな!飼うなら一生可愛がれ!って言いたいです。Flowerちゃん幸せになってね。

    ※マーシャかかりつけの動物病院の壁が新しくなり、なんと黒猫の絵が描かれています。(以前は無地のアイボリーの壁)今日の記事に写真が載ってますので、ご覧になってみて下さい♪

  2. 今、ボランティアの詳細のリンク先を見て思った。
    良く出来ているし、なんていい制度なんだろう!と(笑)
    日本にも出来たらいいのに…なかなか日本人の文化(というのかしら?ペットと人との在り方)が違うからこういったボランティアってうまく回らないのかしら…?
    でも出来たらいいなぁ、と思いました。

    花ちゃんかわいいv
    今我が家にいるおじさん(猫の愛称)は大人しいとは間逆のところにいるので、(←いつも傷だらけなあたし)大人しい子も飼ってみたいです(笑)

  3. とっても良いことされてますね♪感動~!!
    私も動物ボランティアをしたい。って思いながらも
    今は子供団体のMAKE A WISHだけです。
    動物系はシェルターだけかと思ってました。
    明日の命を助けて上げられない子達を見るのが辛い。。
    だから気になりながらも、ずっと目を背けてしまって。
    でもこんな素晴らしい所もあるんですね!
    うちのニャンタもそうでしたが、大人ネコでも
    愛情を注げば、その何倍にもして返してくれます。
    ここに居るみんなが、早く暖かいお家に
    引き取ってもらえます様に!
    そしてもう二度と、同じ辛い目に会いませんように。。

  4. 素晴しいシステムですね。
    だからアメリカでは猫を捨ててもいいなんて微塵も思っていませんよー!念のため。(笑)

    日本にもこういうボランティア文化が根付くといいですね。ICタグやワクチン接種すら当たり前になっていない現状では難しいかもしれないけれど。

    FLOWERちゃん、いい里親さんが早く見つかりますように。

    追伸:昨夜はなこが、今朝銀平が脱走して泣きそうになりました。どちらも無事保護できたけれど・・はぁ・・・

  5. おおお、またボランティアに戻られたのですね。
    猫たちもよろこんだでしょう?
    フラワーちゃん、かわゆいですね。
    早くやさしー飼主がみつかりますように。

    こうのすけのフレーメン顔を先日はじめてみました。
    ファスナー全開でおいてあったでっかいカバンをにおってて。。。
    ん?すなかけしぐさもしてる。。。
    そうです。
    トイレ外おしっこ第二弾でした。号泣
    かばんに入って遊んでるのだとばかり。。。
    フラワーちゃんと同じく腎臓悪いのだろうか?

    ハグが大丈夫、どころか好きだなんて、意外だー。
    私はどーーしても、あれだけはだめなのですー。
    ちなみに、Jさんはどーです?
    って、男の人はそんなにせーへんか。

  6. きゃきゃきゃっ。noirさん、気が合いますねぇ。
    私も大柄の女性にハグしてもらうの大好きですよぉ。何故好きかはnoirさんのおっしゃる通り。なんであんなにフワフワ気持ちいいんでしょうねぇ、はぁ~、何だか思い出しちゃいましたよぉ。
    ちなみにテディベアばりの男性がハグしてくれた時はそれ程でもなかったので、やはり女性特有のお肉の柔らかさが必須要件だと思われます。

  7. 何回読んでも素晴らしい仕組みですね。
    日本も少しは見習って欲しいなぁ~。
    それにしてもFlowerちゃんお洒落で可愛いですね♪
    性格も穏やかだし^^可愛らしい!
    noirさんの「羽のように軽い」という表現で、このニャンコがどの位痩せているか、手に取るように分かります。。。。
    優しくて信頼出来る里親サマに出会える事を祈っています★
    それにしても、30年の歴史がある事に驚きです。
    日本は一体何十年遅れているのかしら?!

  8. ボランテイア活動もやられていらっしゃるんですね。
    ワタシも身近にそうゆう活動があったらやってみたい派です。
    日本はほんとうに欧米と比べると遅れていて二子玉のような所も結局は人寄せのお商売になってしまいましたものね。
    それだけ、税金面などで難しい点が多くあるようですね。

    子供の頃、野良犬と遊んだりした思い出があります。
    昔はもっと野良猫や野良犬も暮らしやすい環境があったはずなのにどうして歯車があわなくなっていったのでしょうね。

  9. Hugって、恥ずかしいです。
    日本人だからでしょうかね。
    でも、恥ずかしがるのが恥ずかしいんだ!って、自分の感情を外に出すのって大事なんだ!って最近思うようになりました。
    フラワーちゃん、三毛猫みたいなのに毛が長いんですね。なんか、tomoさんとこのうめちゃんの色が黒くなって毛が長くなったような・・・
    違いますかね。へへへ。

  10. >にゃうちろさん
    かわいいですよね、Flowerちゃん。先入観があるせいなのか、
    寂しげな目がかわいそうでなりません。
    私もまったくにゃうちろさんと同意見。一度家庭でかわい
    がられたのに、あとで捨てるってほんとうにひどいと
    思います。書きませんでしたが、おまけにFlowerちゃんは、
    爪抜き手術までされているのですよ。爪抜くために病院へ
    連れて行ったくらいなら、病気のときもちゃんと連れて
    行けといいたい。
    早く幸せな家庭が見つかるといいですよね^^

    >がらさん
    この猫ボラの仕組み、すごくよくできていますよね。
    私もいつも感心します。そして日本にもできたらなーと。
    しかし、難しいでしょうかねぇ。この仕組みが上手く
    回っているのは、ひとえに、年をとった猫でも里子に
    もらおうという人がたくさんいることなのだと思うのです。
    いつかこういうのできたらいいですね。
    がらさんのところの、おじさんは暴れん坊なのですね。
    うちのノアと一緒です~。噛まない猫ってうらやましい
    ですよね、笑。

    >sunnyさん
    sunnyさんは、子供のボランティアをしていらっしゃる
    のですね。すごいなー。私アメリカの子供って、とても
    苦手です。大人と違って、片言英語を理解しようとして
    くれないので(当たり前か)、全然会話が通じないの
    ですよ~(笑)。そして子供の英語も難しい~。
    そうそう。カリフォルニアでは猫の店頭販売している
    店がないのですよ(もちろんブリーダーはいるので
    通販やネットで買うことはできます)。店頭に置いている
    のはアダプションの動物だけ。これもしかしたら、カリ
    フォルニア全体じゃなくてサンディエゴだけかもしれま
    せんが。そしてアリゾナに行ったときに、ペットショップで
    じゃんじゃん子猫や子犬が売られているのをみて、私は
    ちょっとショックを受けたことがあります^^;所変われば
    ルールも変わるものです。

    >あずきさん
    はなこちゃんと銀平ちゃん見つかって良かったですねぇ。
    あずきさんが家出してしまわないか、心配でした^^;
    日本も最近はマイクロチップを付けてくれる病院が
    増えたようですね。犬のように全頭登録制にできれば
    いいのでしょうが、猫は勝手に外を出歩くからなかなか
    難しいのかなぁ。
    Flowerちゃん、とってもかわいいので、きっと良い里親が
    見つかると思います♪がんばれ!

    >Kさん
    久々のボランティアです。猫全部で15匹くらいいましたが
    猫の名前だけは楽に覚えられる私(笑)。
    フラワーちゃんは、こーのすけのように、爪を抜かれて
    いる猫なのですよ。爪抜きをしたあげくに捨てる飼い主
    だけは許せん。早く良い家が見つかるとよいですよね。
    こーのすけのように。うふ。
    こーのすけ、自分のおしっこのにおいに、フレーメン?!
    なんてことでしょ。何も鞄の中でしなくてもいいのに
    ねぇ^^;トイレか砂に問題でもあるのでしょうか…。
    後始末たいへんだったでしょう。Kさんがんばれー。
    Kさん、ハグ嫌いなのですね。嫌いな人がいるなんて
    思いもよりませんでした(笑)。体格の良い女性には
    自ら進んでハグしに行く私。男のひとにはあまり
    ギューっとはしてくれないようですよ。女性でよかった(^^)v

    >ちきかよさん
    やったー!私と同じ趣味の人がいたっ!
    やっぱり女の人のハグのほうが気持ちよいですよね。
    特に大柄な胸の大きい人のハグは大好き。自ら進んで
    ぎゅーっと抱きしめに行ってしまいます(笑)。
    でもNYだと、私たち好みのそういうタイプの女性を
    見つけるのたいへんではないですか?みんな痩せてるし。
    サンディエゴはこういう体格の方々がたくさんいます
    よ~(他人事ではないが)。

    >ヤヨイさん
    Flowerちゃんは、とっても軽くて、信じがたいくらい
    大人しい猫でした。うちの噛み猫も少しは見習って
    欲しいくらいです(涙)。
    このボランティア団体は歴史が古いので、ボランティアを
    していると、20年前にここで里子にもらった猫が、
    まだ生きているとか、親子2代で里親になってくれる
    人とかいて、いろいろな話が聞けて面白いです。
    こういう猫ボラの仕組みって、そのまま導入するのは
    難しいでしょうねぇ。何より、年取った猫を里子にもらう
    という習慣があるところが素晴らしいと思うのですよ。
    Flowerちゃんも早く良い家にもらわれるよう祈っており
    ます!

    >AJさん
    2年くらいボランティアやっていたのですが、ここ最近
    ずっと休んでおりました。久々の復活で楽しく働け
    ましたよ。
    日本で猫ボラをやるというと、一人の負担がすごく大きくて
    なかなか手が出せない人多いと思います。こうして
    手軽にできる範囲で参加できるようなのがあると
    いいですよね。
    私一度、どこか日本の温泉地にある『ワンニャン村』
    みたいなところに行ったことあるのですが、あまりの
    猫の環境の悪さに(みんな目やにがたまっていて、
    風邪をひいていた)、もう2度と行きたくないと思い
    ました。
    今は野良猫に餌をやっていると、苦情がきたりしてしまう
    のですものね。なかなか地域ボランティアは難しそう
    ですよねぇ^^;

    >うさをさん
    おかしいですね。私も思いっきり日本人ですが、ハグが
    大好きです(笑)。今度機会があったら、体格の良い女性と
    ハグしてみてくださいよ~。もうあの感触に病みつきに
    なってしまいますよ(←変態?)。私はハグも好きだし
    両頬音だけキスも好きです。あ、もちろん女性限定で。
    しかしこうして書くとますます、おかしな趣味があるよ
    うに思われそうだ…^^;
    ふふふ。Flowerちゃんとうめちゃん、どこも似ていなさ
    そうに思いましたが、うさをさんに言われると、どこと
    なく似ているような気も(笑)。じゃ、tomoさんのとこ
    に貰ってもらうか!

  11. ふふ。私は、最初に写真でFlowerちゃんを見た時から、うめこによく似てるーと思ったのですよ。うさをさん、さすが♪
    似ていると思ってしまうのは、頭の黒い部分が、おかめっぽいからです。頭に色が付いている白猫はたくさんいますが、おかめ風だとなぜかちょっとブサイクになってしまう(笑)。刈り上げおかっぱ頭の田舎の少女を連想するのは私だけでしょうか。

  12. こんなボランティアのお話は読むと胸があったかくなります。
    (いや、HUGのシーンの話ではありませんヨ^^;)
    ほんとにほんとに見習いたいなあと。
    flowerちゃんかわいい。ロシアの映画、こねこにでてきた
    ジンジンに似てますね。バンカラーっていうのかな?

    輸液の必要な子と聞くと、我が家も将来そうなりそうな
    子が一人。黒猫長男、レオですが、この子はストラバイトが
    あるとはいえ、抗議をするときは布団でちっち攻撃を
    しますので、時々「こやつ~~!捨てたろかっ!」と思って
    しまいます^^;←をい^^;

    今日も雨なのに毛布二枚洗濯中 目からも雨が( p_q)エーン

    でも将来輸液が必要になるようなことがあっても大切に
    愛したいなあと思います。

    でもできれば必要にならないでおくれ~、と^^;(祈)

  13. Nicoleさんに同感です<ほんとにほんとに見習いたいなあと。
    気持ちが温かくなりますね。こういうボランティア姿勢。
    自然に出来ることをちょっとずつ。
    気負わず、長くゆっくりと。がいいですね。

    flowerちゃん、
    名前も甘えたなところも、家のはなに似ていて気になります。
    早く病気がよくなって温かい家族が見つかるといいですね。

  14. フラワーちゃんって名前、いい名前ですね。
    ボランティアなさっているんですね。また、お話聞きたいです。
    私は老人介護ボランティアをしています。ボランティアを通じて社会を見れるので勉強になります。
    帰国して、「はぐ」する機会はなくなりました。ちょっと
    さびしいです。中東は抱き合ってほっぺ同士3回くらい
    ぴたぴたくっつけて挨拶してました。
    男性は鼻で挨拶したりするひとも居るんですよ!
    アラブ猫キキも鼻を私の鼻にくっつけるので
    アラブ男性だなって思うことがるんです(笑)

  15. お久しぶりです!
    実は11月に、もう1匹ニャンコが我が家の一員になりました。
    推定年齢5~7歳のナイスミドル(笑)の「もち吉」♂です。
    シェルターにいたコ (そのボランティア団体のサイトはこちら→http://www.arkbark.net/) なのですが、もう何年もうちにいるかのように馴染んでます。パムも最初から大喜び(!)だったので、嬉しい限りです。

    もう一匹、下半身不随のニャンコの「足長おじさん(おばさん)」も続けていて、
    本来なら引き取ってあげたいのですが、実家との往復で私が留守にすることも
    あり、お世話できなければ本末転倒なので、
    今のところボランティアの方々のお力に頼っています。

    hug、私も大好き!一番好きだったのは、大好きだったアメリカ人のおじいちゃん(血縁関係はありませんが)のhugと両頬へのキスでした。
    今思い出しても涙ぐみそうです。(数年前に他界したので・・・)
    仲良しだった他のアメリカ人のお友達も、みんな本国へ帰ってしまって、
    hugや頬キスが恋しい今日この頃です。

  16. 本当にアメリカはボランティア先進国ですね~!
    その懐の深さは見習いたいです。
    なんだか、動物保護への寄付金をどう使っただなんだとぎゃーぎゃーやってる日本のマスコミがお粗末に思えてきましたよ…(苦笑)

    ところで、実は私も豊満な女性にぎゅっとされると、「ふおーーーー!」とうっとりしてしまいます(爆)
    自分が肉薄(という言い方をしてみる)なもので、未知の感触につい…(^^;)
    おなかがボヨヨンとしている男性もなかなか良いですよね(笑)

  17. >マルコさん
    そうか。確かに頭がおかめっぽいですね(笑)。この形が
    また愛嬌をよんでいるように思えます。白っぽいし
    うめちゃんに似てるかも~。
    性格もうめちゃん同様、人懐っこくて、物怖じしない
    タイプです。きっとすぐに良い飼い主が見つかるはず。
    がんばれー!

    >Nicoleさん
    あはは。Hugもなかなか良いものですよ。胸があたたまる
    というよりは気持ちいい~(笑)。
    そのロシア映画、見たいと思っていたのですよ。ますます
    見たくなってきました。
    レオちゃんは、輸血が必要になりそうなのですか。
    かわいそうですねぇ。布団に抗議されるのは、さぞかし
    たいへんなことでしょうが^^;、どうかNicoleさんも
    がんばってくださいませ~。ほんとできれば必要に
    ならずに、良くなって欲しいですね。祈っております!

    >はるみんさん
    よかった。はるみんさんにまたボランティア復活した
    こと読んでもらいたかったのですよ。
    こういうの、自然に気楽にできるようになれば、もっと
    大勢の人がボランティアできるのにね。残念です。
    はなちゃんと、そういえばFlowerちゃんは同じ名前
    でしたね!はなちゃん同様、甘えんぼうのかわいい子です♪
    ちなみに病気中でも、理解のある飼い主が見つかれば、
    すぐに里子にだすのですよ。早く良い飼い主が見つかる
    とよいですね。

    >アラブの猫さん
    アラブの猫さん、老人介護ボランティアをされているの
    ですか。帰国されたばかりなのに、すごいなぁ。
    きっとみなさまに喜ばれていることでしょう(^O^)
    そういえば、中東の方は男性もハグしますね!
    ほっぺくっつけるときは、キス風に音を立てたりとか
    するのでしょうか。私そういう習慣けっこう好きかも(笑)。
    鼻キスはエスキモーの挨拶だと思ってました。ほら、
    寒いから手を出さなくてよいようにと(←うそかも)。
    ふふふ。私もキキちゃんに鼻キスしてもらいた~い。

    >パム母さん
    なんと!猫増えたのですね。いいですねー。
    しかもシェルターからもらってきたナイスミドルだなんて
    素敵♪
    このボランティア団体いいですね。日本にもこういう
    団体が活動しているのですねぇ。里親費用(15,000円)
    も、同じような金額です。
    パム母さんのように、年取った子たちを新しい家に
    迎えてくれる人がどんどん増えるといいなぁ。
    そして、先住猫のパムちゃんと仲良しなのが、また
    すばらしいっ!うらやましいっ!(笑)

    パム母さんも、Hug好きなのですね。おじいちゃんとの
    Hugもいい感じですねぇ。私は知り合いのおじいちゃんと
    一度Hugしたことありますが、ふっくら女性のときと
    違って、ぎゅーっと抱きしめられなかったのが物足りな
    い(笑)。
    どうですか、日本でも流行らせてみませんか~^^

    >シュガ子さん
    日本のそのボランティア団体のもめている話は、私は
    つい最近知ったのですよ。なんだかマスコミの取り上げ
    方が、ワイドショー的で興味本位っぽくて嫌な感じが
    いたしました。
    ふふふ。シュガ子さんもHug好きですね~。しかも豊満
    女性がお好きとは、私と好みも一緒(笑)。豊満な男性も
    私好きです^^; アメリカはその点、日本よりもそういう
    方々に出会う機会が多くていいですよ~(というか多すぎ!笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください