女子更衣室の秘密

相変わらず週に2回プールに通っている。最近はだいたいいつも同じ曜日の同じ時間に行くことにしている。このプールではアクアビクスのクラスをやっていて、そのクラスが終わった直後だと、いつも以上にプールが空いていてとてもよいのだ。アクアビクスのクラスは、年配の女性が圧倒的に多い。なので、私が更衣室に入ると、だいたいおばあさま方の着替えの現場を目撃することになるのだ。
それはもう更衣室はにぎやかなのだ。ただでさえおしゃべりなアメリカ人。しかもおばあさま方。しかもみんな仲良し。静かなはずがない。そしてその着替えっぷりも、たいへんおおらかで大胆。
個室になっているシャワーが5個並んでいるのだが、シャワーカーテンも閉めずに、シャワー中もおしゃべりに興じているおばあさま。もちろん全裸だ。
そう。全裸の人が多いのも、私にとっては衝撃だった。タオルで髪の毛を包んだりはしているが、体を隠そうという気配がないのだよね。先日もロッカーの鍵が閉まらなくておたおたしていた私に、全裸のままでやり方を教えてくれたおばあさんは、たいへん親切な女性であったが、もうどこに目を向けていいのか分からず、私のほうが赤面してしまった。タオルで隠しながら、脱ぎ着をする私が、とってもシャイな大和撫子のように思えてしまうではないか。
さらに、洋服を着る順番にも驚きの事実は続く。私の着替え方が一般的かどうか、比べたことがないので果たして分からないが、まず私の順番はパンツから。そしてブラジャー、シャツ、Gパン、靴。いたって普通だ。
ところが先日みかけた、仲良し3人組おばあさんたちは、なんと全員全裸のまま靴から履いていたのだ。更衣室に入るなり、靴だけ履いた3人の全裸の女性たちと目が合って、私は本当にびっくりしてしまったよ。頭にはタオル。みんな愛想よく「ハーイ」などと声をかけてきたので、ひきつった微笑みだけをかろうじて返すことができたのだった。
そんなこんなで、驚くことも多々あるが、私は彼女たちの下着が好きだ(←観察しすぎ?)。花柄だったり、ショッキングピンクのサテン地だったりと、それはかわいらしい。私も年とってからも、ああいうかわいい下着を身に付けていたいものだと思う。

基本からしっかり覚える水泳

『基本からしっかり覚える水泳』
買ったばかりのこの本は、タイトル通り泳ぎに関して、本当に基本的なことが写真入りで書いてある。水に顔をつける方法、もぐってみる方法、など。いくらなんでもちょっと簡単すぎるのではと思ったが、ところがどっこい。読んでみるとたいへん役に立つ本なのだった。

水泳の本を買おうと思ったきっかけは、何を隠そう、『クイックターン』をマスターしたいという野望を持っていたからなのだ。なぜなら、それはかっこいいから。(※クイックターン:水中で前転しながら壁をけるターン)
クイックターン、それは子供の頃からの憧れであった。水泳教室に通っていた幼少の頃は、まだ幼すぎて教えてもらえなかった。学校でも水泳部の人しかできなかったクイックターン。大人になってからは、もちろん誰もやり方を教えてなどくれないのだった。
そんな憧れのクイックターンを、すいすいとやっているアメリカ人が、私の行っているプールにはけっこういるんだなぁ。あぁ、かっこいい。やってみたい。そこで、この本(クイックターンに関してはたったの2ページしかない!)の写真を穴のあくほど眺めてから、いざ実践。
ぐぐぐっ。鼻に水が入る。前転が難しい。壁との間のとりかたが難しい。壁に近いと激突しそうなので、壁から離れすぎてじたばたしてしまう。
と、なかなか一筋縄ではいかない。この日たまたま隣のレーンに、いかにも遊びじゃないわよといった風情の水泳選手(たぶん)ががんがんクイックターンをしていたので、眺めて参考にさせていただいた。そして何度も何度も練習しているうちに、とうとうできるようになったのですねぇ。うれしー。
クイックターンのいいところは、休む暇がないことだ。ターンのとき壁際で一息ついていたりしたのが、このおかげでかなり少なくなった。そしてクイックターンをやりたいばかりに、他のことは何も考えずに集中するので、疲れが少なかったこと。全くもって、いいこと尽くめではないか。客観的に自分のターンがどんな様子なのか見ることができないのが残念だが、たぶん(希望)ちゃんとできていると思われる。いや思いたい。
参考までに、こちらのサイトにある、クイックターンの動画もたいへん役に立った。しかし基本は練習あるのみだと私は思う。この年になってできるようになるとは、まさか思いもしなかったので、感激もひとしおだ。
そしてもう一つ。この本を読んで私は、クロールの息継ぎの基本的なところを間違っていたことを発見した。正しい呼吸法で泳げば、苦しさも半減。何事も基本は大事だねぇ。

15件のフィードバック

  1. 私、泳げにゃいくせにクイックターンはにゃぜか出来たのですよ。
    昔のことだし、いい加減にゃターンだっだと思うけど。
    大人ににゃってからでも努力すれば新しいことが出来るようににゃるのですね。素晴らしい!
    アメリカの女子更衣室、大変興味がありますニャ。
    実は私、更衣室や銭湯では全裸派にゃのです(笑)。
    アメリカみたいに周りがみんにゃ堂々と全裸だったら、
    ますます私の全裸っぷりもエスカレートすることでしょう。
    でも全裸に靴はありえにゃいですよね。全裸に靴下も嫌。

  2. なになに、noirさんプロの水泳選手目指し始めたの?
    本まで買っちゃって入り込んでるじゃないですかぁ~
    ゴボゴボ鼻にお水は痛いですよぉ~(爆)
    ははは。。。仕事場の更衣室と同じだね。おばちゃま族は隠しもせず、恥ずかしいと言う言葉が中のように。。。確かにこちらが赤面ですよね

  3. 私も、全裸平気派かも。。。

    お風呂に入る時にゃどは、うっかり「全裸+靴下」ににゃらにゃいよう、早めに靴下をぬぐ、という工夫はしておりますニャ。
    たまに、うっかりそうにゃると、ひとりでもにゃんだか恥ずかしい気がしますニャ。全裸より。

    スポーツジムに通っている時は、よく大浴場で人様の裸を観察しておりました(失礼ですね。。。)
    で、女とおばさんの境目は年齢や体格ではにゃく腰のくびれにあるのだ、という自説を生み出した次第ですニャ。

    私もかわいい下着のおばあちゃんににゃりたいですニャ。
    間違っても更衣室でバスタオルの上部にゴムをいれたものを着用しているおばあちゃんにはにゃらにゃいようにしたいものですニャ。

  4. noirさんの水泳ネタには、反応してしまうクロpapaですニャ。
    女子更衣室の秘密にはニヤニヤですニャ。クロmamaに聞くと、日本ではかにゃりの割合で、みにゃさんバスタオルで隠して着替えているようですニャ。全裸で靴は凄い!文化の違いですね。「男子更衣室の秘密」は、大体40歳台を境に、バスタオルで隠す、隠さにゃいが分かれているようですニャ。青少年は殆ど隠していますニャ。
    (でも、クロpapaが泳げるようににゃった25年前の神戸のYMCAでは、全裸派の天下でしたニャ。今は昔ですニャ。)
    クイックターンはかっこいいですね。すばらしいですニャ。パチパチ拍手!。一時期、練習しましたが、習得する前に、あきらめてしまいましたニャ。トライアスロンの場合、競技には関係にゃいし、ターンで息を止める時間が長く、息が乱れる気がしていましたニャ。でも、集中できるのはいいですね。ターンのたびに、やはりホッとして、気を抜きますからね。
    いつまでたっても、swimは悩みですニャ。改善を求め、フォームを変えるたびに、速くにゃるどころか、思わぬところに筋肉痛が現れますニャ。そろそろ、年齢との競争ですね。

  5. 全裸に靴って不思議にゃ光景ですが、もっと不思議にゃのはそのあとどうやってズボンを履くのかということですニャ。おしゃれにゃおばあさん達はスカートにゃのかにゃぁ?

  6. クイック・ターン成功というか、制覇おめでとうございます!

    あああ、しかし聞きたい、おせ~て、お願いですnoirさん!
    みやもクイック・ターンできません。
    力いっぱい鼻に水が入ってくるんですニャ。
    どうしたら、入らにゃくにゃりましたかニャ?
    やっぱ『とお!』っと下にもぐるときに
    鼻から空気をだしているのですかニャ?

    それとブレスの方法のどこが違っていたんだろう?
    そんにゃに泳げるnoirさんにゃのに、にゃんで違ってたんだろう?
    何が間違っていたのかニャ?すごく不思議ですニャ。

    >この年ににゃってできるようににゃるにゃんて・・・

    にゃどと、何をおっしゃるnoirさんはみやの年齢より
    かにゃ~り若い方だとお見受けしとりまする。
    今から、まだまだいろんにゃ初体験が待ち構えておりますぞ。

    ああ、でもできにゃいってことが『できる』ようににゃるって
    嬉しいことですよね!よかった、よかった(喜)

  7. >マルコにゃん
    えぇぇ!泳げないのにクイックターンだけできる人が
    いるなんて!まるでいいとこ取りではないですか!!(笑)
    マルコさん全裸派なのね。分かるような気がする~。
    私もそれほど隠すタイプではないのですが、彼女たちの
    様子を見ていると、とっても恥ずかしがりやのような
    気がしてまります。全裸になってもいいけど、そのまま
    歩いたり、おしゃべりに興じていたり…。これが普通?!
    全裸に靴もやだけど、パンツに靴もNGですよね(笑)。

    >Kalakaさん
    そうなのー。ゴボゴボ鼻に水入ると痛いんですよね~(涙)。
    Kalakaさんの仕事場の更衣室もこんな感じなのね。ねぇ、
    みなさんあまり隠しませんよね。というか全然(笑)。
    Kalakaさんも赤面だなんて、ちょっと意外(失礼!)
    ですが(笑)、私と一緒なので、うれしいです~(^o^)丿

    >ソレイユにゃん
    あはは。ソレイユさんも全裸派なのかー。すごいなー。
    日本の更衣室ではあまりいらっしゃらないのでは
    ないですかねぇ。くれぐれも全裸のまま、更衣室内を
    ぶらぶら歩き回ったりしないよう、お気をつけください
    ませね^^
    全裸に靴下って、なんだか生々しいような感じがいたし
    ますよね。私も絶対やらないなぁ。ましてや全裸に靴!
    ありえない。かなりの驚きでしたよ~。
    女とおばさんの境目、たいへん興味深いですねぇ。
    なるほどなるほど。えーっと私の腰のくびれは….
    探さなきゃよかった…(泣)。
    バスタオルの上部にゴムを入れたもの、とは着替えの
    ときにかぶるような丸くなったバスタオルのこと
    ですか?大丈夫ですよー。ソレイユさん、全裸でOK~(笑)。

    >クロpapaにゃん
    おぉ!クロmamaさんのご意見はたいへん参考(?)に
    なります。やっぱり日本ではバスタオルに隠しながら
    着替える人多いですよねー。コメントいれてくださった
    方で↑全裸派が二人もいたので、私のほうが少数派かと
    思ってしまいましたよ~。
    25年前は全裸派が天下だったというのも、興味深い
    観察記録ですねぇ。昔は裸をみせても平気だったのか。
    若い人ほど隠すということは、隠す隠さないで、
    自分が若い人の仲間に入るかどうかが分かるという
    ことか!(←『若い人』なんていっている時点で、
    終わっているような気もしますが…笑)
    クロpapaさんなら、てっきりクイックターンをいつも
    されているのかと思っておりましたが、そういえば
    トライアスロンにはターンなんて必要ないのでしたね。
    クイックターンを激しく練習した翌日は、思わぬところに
    筋肉痛が現れました。別の筋肉を使っているのでしょう
    かねぇ。不思議です。

    >ゆーこにゃん
    そのことですよ!私もとても不思議に思いました。
    たとえスカートだとしても、そのあとどうやってパンツ
    はくのか?もしやノーパンか。
    次からもっとよく観察しておきますね(笑)。

    >みやごんにゃん
    おぉ、みやごんさんもクイックターンの練習をされた
    ことがおありですね!そうそう。鼻に水が入ると苦しい
    のですよねぇ(T_T)
    本によると、鼻から思いっきり空気を吐き出しながら
    回転するとよいそうです。すなわち、回転する前には
    たっぷり肺に空気が入っていなければ間に合わない
    ようなのですよね。
    思いっきり息をすいこんだ直後に、回転すると鼻から
    ごぼーっと空気を吐きつづけられるので、痛くならない
    ですよ~。
    息継ぎの間違いというのは、顔を上げる角度と、そのと
    きの上になっている手の曲げ方が全然間違っていたの
    です^^; 正しくは、思いっきり後方斜め少し上を
    見上げる顔の角度で、手はまっすぐ上に上がるそうなの
    ですよ。手はまだ直してませんが、顔の角度を意識
    しながら息継ぎすると、とっても楽になりました!
    ちゃんと考えられているのですねぇ。たいへん納得いた
    しましたよ~。
    >>にゃどと、何をおっしゃるnoirさんはみやの年齢より
    >>かにゃ~り若い方だとお見受けしとりまする。
    いえいえ。なんの。私はもう自分の年など自然に忘れて
    しまうほどの年齢になっておりますよ(←もうボケが
    始まったか!?)。

  8. 全裸に靴だけの姿ってファンキーですね〜。
    でも靴履いた状態からパンツ履くのって・・・
    どう考えても不合理この上ないですよね。不思議だ・・・。

    息継ぎの話しで同感しましたが、正しい(?)動きには
    無駄や無理がないものみたいですね。
    超合理的で自然な流れがスムーズな動きに繋がっている。
    私の大好きなダンスの真髄でもあります。プラス、ハートで踊る。
    あぁ、無駄を省いてもっともっと気持ち良く踊りたいなぁ!
    やはり基本をモノにするには観察と練習の反復しかないですね。
    noirさんのクイックターンはきっと美しいと思います。

  9. 白人のおばぁちゃんって、ほんと、いくつになっても
    かわいいですよね。
    ピンクがよく似合うし。

    きっと、肌の色、髪の毛の色、目の色・・・が、
    日本人と違うからかなぁ・・・。

    年を重ねてから(も??)、かわいい女性になりたいと、
    ほんと、そう思います。

  10. クイックターン、かっこいいですねー。
    ぜひ次は、とびうおターン(知ってますかニャ?)にチャレンジしてくださいね!
    きっと、周りの人達に大ウケですよ!

  11. 小学生の時、そのかっこよさにあこがれて、クイックターンを覚えようと試みましたが、溺れて、、ホントにゴボゴボと水を飲んで死にそうになって以来、、、
    今に至ります。
    クロールの基本的な息継ぎ、正しい方法、のところ、すごくすごーーーく興味津々です。私は25メートル、息継ぎでも保たず、苦しくて途中でギブなんですが、、きっと、いや、絶対、何かが間違っているのです。。

  12. >踊る運び人さん
    ほんと。パンツ履くときは、また靴脱ぐのでしょうかね。
    不思議です。この更衣室、人も少ないし、掃除も行き届いて
    いるのに、どうして靴から履きたいのかほんとに不思議です。
    次はパンツの履き方について、観察しておきますね(笑)。
    なるほどー。合理的で自然な流れは、確かに運動全て
    において共通するものですねぇ。ダンスはまさに、全身
    運動のかたまりですものね!
    水泳の息継ぎの場合、自分の姿を客観視できないことと
    苦しくて、つい無理な姿勢でしてしまいがちなのだと
    思います。どうすれば自然なのか、基本通りにきっちり
    やるととても納得のいく動きになりました。いやー、
    ほんと、観察と練習は大事ですねぇ。
    私のクイックターンが、じたばたターンになっていない
    ことを願っております(笑)。

    >judyさん
    そうですねー。確かに白人茶髪は、ピンクがよく似合い
    ますよね。水色とか、いくつになってもかわいらしく
    着れるし。黒人黒髪も、ピンクがよく似合います。
    アジア系の顔には、うーん、どうなのでしょうね。
    少なくとも私はおっそろしくピンクが似合いません(涙)。
    ピンクの服などひとつもない...。
    せめて下着だけでも、かわいい色のものを、年取ってからも
    身につけるようになりたいものですよね〜。

    >うさをにゃん
    と、と、と、とびうおターン!!!!
    なんですかそれ。今ググってみましたら、なにやら
    スポ根ドラマにでてくるターンのようですね!
    いかにもすごそうだけど、具体的にどんなターンなのか
    説明が見つからなかったー(←やるつもりか?)。

    >dear-xoxoさん
    そうそう。クイックターンってほんとに溺れそうに
    なりますよね。鼻から勢い良く水が入ってきて、
    水中でどっちが上なのか分からなくなって、パニクって
    しまいます。でも、何度も練習していると(笑)、
    最後はできるから不思議ですよねー。まるで自転車に
    あるとき突然乗れるようになったときみたいでしたよ。
    あぁ、dear-xoxoさん、この本をぜひおすすめしたいわ〜。
    水に顔をつけるやり方から、歩き方、基本から学んで
    いくと、25メートル泳げなかった人でも、泳げるように
    なるそうです!練習すれば大丈夫ですよ〜。一緒に
    水泳やりましょー♪

  13. あ~あ、楽しかった!
    皆さんのコメントとnoirさんのレス読んで一人大笑い。←アヤシイね。

    全裸に靴はとってもヘンですニャ。
    パンツはくときどうするか観察してまたアップしてくださいね。

    全裸に靴でウロウロしにゃがらわーわーきゃーきゃしゃべって笑いこけてる太目のアメリカ人を想像して、そんにゃところに一緒にいられる自信にゃいにゃぁ・・にゃどと要らぬ心配してしまいました(笑)

  14. え、noirさんやりたいんですかニャ?
    とびうおターンとは、プールの壁を蹴って空中に飛び出すという究極の技にゃんですが、残念にゃがら、人間技とは思えません。
    それでも小さいときは、みんにゃでとびうおターンの練習とかやってましたよ。
    あー、あの頃は無邪気だったにゃあ。

  15. >あずきにゃん
    ねぇ、全裸に靴ってやっぱりヘンでしょう。やっぱり
    靴下や靴は最後ですよね。って、これは日本人的感覚にゃの
    でしょうかねぇ^^;
    >>そんにゃところに一緒にいられる自信にゃいにゃぁ・・にゃどと
    あははは。私もですよー。にゃので、いつもひっそり
    端っこで、着替えておりますニャ。にゃるべく全裸ににゃる瞬間が
    にゃいようにしておりますが、私ってよっぽど恥ずかしがりや
    にゃのかしらね(笑)。

    >うさをにゃん
    にゃ、にゃんとっ!プールの壁をけって空中に飛び出す!!!
    それはたとえできたとしても、早いターンとはとても
    思えませんが、周囲の注目を浴びることだけは間違い
    にゃさそうですねー(爆)。
    私の周囲の人間に、とびうおターンを知っているかニャ?と
    聞いたところ、誰も知りませんでしたよ^^; うーむ
    どこかで密かにゃブームににゃっていたのか…。
    教えていただきありがとうございますニャ。がんばります(?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください