苦手から得意へ

私は苦手な食べ物がいくつかある。そのうちの一つがカキフライだ。生牡蠣も焼牡蠣も好きなのに、カキフライは子供の頃に苦手だと感じて以来長いこと食べていない。

ところがつい最近、急にカキフライが気になりだした。気がつくと「カキフライ 有名店」「カキフライ レシピ」などと検索している。はて、私はカキフライが嫌いなのに、なぜカキフライの写真や作り方を調べているのだろうか。もしかしたらカキフライが食べたいのだろうか、いやそんなはずはない。大嫌いなのに。でも今ならなぜか食べられる気がする。食べてみたいかも。いやむしろ体がカキフライを欲しているような予感がする。

そこでいかにもカキフライが置いてそうな居酒屋へ行くことにした。なにせカキフライが大嫌いなので、もし洋食屋さんへ行って「カキフライ定食1つ」などと注文してみたものの食べられなかったらアウトだ。他に食べるものはないし、全部残すのも気が引ける。居酒屋であれば他の食べ物とともにカキフライを頼めばいいし、それがだめでも何とかなる。

食べてみた。
美味しい。とても美味しい。

皿に4つ乗っていたカキフライのうち3つをパクパクと食べた。残りの一つを食べたJによると、ここのカキフライは冷凍食品で、5段階でいうと2くらいだという。そんなにレベルが低いとは驚きだ。こんなに美味しいのに。

自分で作った方がはるかに美味しいと豪語するJに、数日後家で作ってもらった。それがこちら。
猫にごはん
本当に美味しい。カキフライって美味しいものだったんだ。なんで長いことこんなに美味しいものに気がつかなかったんだろうか。そしてなぜ急に食べられるようになったのか。本当に不思議だ。
カキフライデビューなので、まずはソースでシンプルに食べた。次のときはタルタルソースでも試してみよう。そしてつい昨日、八百屋さんでレモンを見つけたので買っておいた。きっとカキフライに合うに違いない。レモンをかけても食べてみたい。どうしたことだか、もう頭の中はカキフライでいっぱいなのだ。

3件のフィードバック

  1. カキフライ、いいですね。僕も、子どもの頃は好きじゃなかったように思います。それが、いつからだったか(学生の頃に飲み会で食べて?)、好きになりました。衣も中身もおいしい、本当においしいカキフライには なかなか当たらないのですが、それでも食べたいです^^

    Jさん、料理されるんですね。すごいです。

  2. カキフライ苦手ですー。
    普段から苦手な食べものが食べられるようになっているかもしれないので、時々チャレンジしてみるのですが、牡蠣はチャレンジしてみる勇気もないかも。
    生牡蠣に当たった人を知っているので、そのイメージもあって牡蠣自体が怖くて…。
    でも、揚げ物大好きなので、この時期カキフライを見る度にちょっと買ってみたい気持ちに駆られます。

  3. >れんとさん
    れんとさんもカキフライが大人になってから好きになったのですね。食べてみると美味しいですよね。トンカツと違って中身がさっぱりした牡蠣だからなのか、いくつも食べられました。なぜか急に食べられるようになるものなのですね。
    Jは料理上手なのですよ、たまにしかやりませんけど

    >がらさん
    私は焼牡蠣にあたったことがあるのですよ。それでも懲りずに生牡蠣好きだったくらいなので、もともとは牡蠣が好きなのですよね。でもカキフライだけは嫌いだったのです。ある時突然食べられることに、何故か気がついたのです。がらさんも無理に食べようとしなくても、いつかそういうタイミングが自然に訪れることがあるかもしれませんよ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください