正体見たり!

この一年で、何度ノアは目ばちこ(ものもらい)になっただろう。去年の10月にも、6月にも目ばちこになった。その他にもたまに片目が腫れてることがあったような気がするから、全部で3~4回か。
毎回片目だけ、まぶたが腫れぼったくなって、どろっとした嫌な感じの目やにがでる。しかし、必殺目薬を使うと、たちどころに1日もしないうちに治ってしまうのだ。原因はソフィーが、ノアの目の周りを舐めるからかと思っていたが、たぶん違った(すまぬ、ソフィー。あらぬ疑いをかけてしまった)。今日何となく原因が分かった。

それは、ノアの古本フェチのせいだった。

ノアは本当に古本が大好き。古本を買ってくると、においを嗅いで嗅いで、嗅ぎまくる。そんなに大好きならと、いつも好きなようにさせていたのだが、それがいけなかったのだった。

話は変わるが、先週知人の家におじゃました。友達、というにはおこがましい。年上の、知り合い。ちょっとした打ち合わせのために、お宅へ行くことになったのだ。
この人の家には、広ーい庭があった。庭には、同居の鳥類学者が飼っているハゲタカの檻もあり、近所の野良猫がたくさん住み着いており、夏みかんがたわわに実り、サボテンがあちこちに植えられ、まるでジャングル。良く言えば野趣あふれる、自然のままの、一言で言うと、まぁ手入れのされていない庭だ。こういう庭は、さぞかし住みやすいのだろう、私が見かけただけでも5~6匹の野良猫が住み着いていた。みんなたっぷり餌をもらって元気そうにしている。
庭には二羽ハゲタカ → 庭には二羽ハゲタカ

ところで、用事が終わり、おみやげ代わりに持っていくよう勧められたのが、たくさんの本。この人はもう30年以上もアメリカに住んでいる日本人で、日本語の本がたくさんあって、処分に困るほどだという。お茶を飲んでいた庭先に、どーんと持って来てくれた大量の古本。

私は、人が貸してくれる本が好きだ。自分では決して買わないようなジャンルの本は、読んでみると案外面白かったりすることもある。こういうときは、選り好みせず、お勧めを貸してもらうことにしている。

窓を開けっ放しの室内にも、野趣あふれる庭先からたくさんの虫たちが入ってくる、このお宅。たいへん素敵な家であった。
そして、紙ぶくろに、2袋分古本をもらった。
たくさんの古本に興味を示す猫たち。 → 
たくさんの古本

週末具合の悪い間、ずーっと読みふけっていた、いただいた古本。しかし古本を家に運び入れて以来、気のせいか、見たことない、てんとう虫のような虫や、蚊のような虫が居間で発見されたりした。ちょっと嫌な予感がする。しかし気のせいか。
古本が入っていた紙袋に、猫たち興味深々。特に古本フェチのノアは、私が読んでいる古本のにおいを嗅ぎまくり、これでもかこれでもかというほど、顔を激しく擦りつける。
そして、そして…。あぁ、ノアはまたもや目ばちこになってしまったのだった。もう目ばちこの原因は、古本に絶対決定!
早々に、古本は物置に仕舞われる羽目になったのだった。

8件のフィードバック

  1. この記事読んで思い出した。友人のお母さんで、国語の先生をしていて、本が好きな人がいて、その人が、古本を買ったら必ず虫干しというのでしょうか、日なたに出して干してから家にいれるのだといってた。
    そのときは、単にきれい好きなんだなぁとか思ってたが、必要なことだったんだね!!
    noirさんも、古本、サンディエゴの太陽光線で日光消毒すべし!!

  2. 我が家のぷっちも三ヶ月に一回くらいのペースで
    目がおかしくなります。
    同じ症状みたいですが、家には古本がない。
    あっ!でもたまにマンガを古本屋で買うけどそれ???

  3. あきこさん、ええこといわはるな~。
    SDの日光の直撃をうけたら、怪しい虫どももひとたまりもないでしょう。

  4. 私の知人の数名(みな,猫飼いです)は古本はもちろん図書館で借りた本も消毒をしているようです。(エタノールだったかなあ。消毒薬の名前を忘れてしまった。ごめんなさい)
    揮発性の何かですよね?きっと。
    ノワールさんもそうしたらどうでしょう?
    きっと匂いで猫は近づかないだろうし,ノワールさんご自身も安心なのでは?

    前述のオレンジジュースですが,胃を刺激するので,風邪の時など胃液を吐きやすくなります。そしてグレープフルーツジュースは薬と併用すると薬の効力が2倍になります。睡眠薬など気をつけてくださいね。というわけでリンゴジュウス,ぶどうジュースあたりが風邪の時には安心です♪

  5. そんなことあるんですねぇー
    何がついてるんだろう?

    でも古い本って白い小さい虫がいることありますよね。

  6. >あきこさん
    おぉ!虫干しか!それは言いことを聞いた。ひなたに
    置いとくだけなら、楽で良いね。ぜひやってみるよ。
    ありがとー。
    古本って、けっこう汚れてるもんだよね。確かに読んでて
    手がざらつくことがある(笑)。でも古本のにおいって
    私はけっこう好きなのよ~。日光消毒してから、読むことに
    しまーす。

    >あゆさん
    ぶっちちゃんも、目が悪くなるのですか。やっぱり
    ものもらい、みたいな状態に?そういう猫が他にもいるのは
    初めて知りました。ちょっと心強い(なぜだ?)。
    うちもブックオフでたまに古本を買うので、今までもそれが
    原因だったように思えます。ぶっちちゃんも、古本のにおいが
    好きなのでしょうか。お互い気をつけましょうね~。

    >Kさん
    ほんとですねぇ。日光消毒、とっても大事だ。
    こーのすけは、古本に興味示したりしないですか?

    >まここっつぁんさん
    あ、エタノールありますよ、うちにも!揮発性のアルコール
    ですよね?確かに、それは吹きかけるだけなので、いいかもしれませんねー。においは、しかしすぐに飛んでしまいます
    が、一瞬でもアルコールくさいと、猫も近寄らなくなるかも
    しれないし!
    ありがとうございます。これも試す価値ありそうですねー。
    子供の頃、風邪ひくと、リンゴのすりおろしを作っても
    らったのですが、リンゴは胃に優しいからだったのか。
    気をつけまーす。どうもありがとうございます♪

    >ラムさん
    小さい白い虫、いますね、よく。見つけると、ページに
    はさんで、ぺしっと殺しています。
    確かに、古本読んでると、手が汚れることもあるし、
    なにやら汚いものがついているのでしょう。私は古本好き
    なんですけどねぇ。猫のために、今後はちゃんと消毒して
    読むようにします…。

  7. noirさん、全快して良かったですね。。。
    健康一番!だけど…あの病人食はたまに食べたくなるかも♪

    ノアちゃんの“古本フェチ”って何だか怪しいような…
    学者肌のような…とにかくマニアックなイメージですね。
    でも、目ぱちこは古本が原因だったみたいですねぇ。
    そうか〜、虫干しすれば大丈夫なのか☆

    アタシもちょっと昆虫アレルギーがあるんですが…
    古本に触れたあと、鼻がムズムズしたり痒くなったりしてたのは
    虫の死骸とかフンのせいだったのかなぁ〜、とやっと気づきました。

    それにしても、“自然のまま”のお庭…なんだか素敵ですね。
    そうゆう場所は猫達のかっこうのくつろぎ場所になりそう。
    ハゲタカって近くで見たことないけど、かなり大きいんでしょうね。
    ちょっと、コワイ気がしますが…慣れればカワイイのかな☆

  8. >踊る運び人さん
    ハゲタカはおとなしくて、案外かわいかったです♪
    でも絶対に懐かなそうな顔してました(笑)。
    あぁ、踊る運び人さんも、昆虫アレルギーがあるのですね。
    こういうアレルギーってはじめて聞きました。たぶんノアも
    そうだ(笑)。古本触るときはお気をつけくださいませ。
    うちも、今後は日光消毒することにします。^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください