できの悪い袋たち

アメリカに来てスーパーで最初に戸惑ったのは、レジでこう聞かれたとき。
「Paper or plastic?」
紙か、プラスチックか…?一瞬頭の中が真っ白。単語は分かっても何を聞かれているのかさっぱり分からない。
その後ほどなく、プラスチックというのが、日本でいうビニールのレジ袋だということを知った。レジで店員が袋詰めをしてくれるときに、紙袋かレジ袋か、客がどちらか選択できるようになっているのだ。
そしてその使い方は、アメリカらしくふんだんだ。猫缶とドライフードと猫おもちゃを買ったりすると、3袋に分けて入れてくれたりする。なぜかというと、アメリカのレジ袋が非常にちゃちだからだ。牛乳のガロン瓶(約3.8リットル)は絶対にレジ袋に入れてはいけないよ。すぐに破れる。重いものを入れるのに全く適していないのだ。少し重い物だと、袋を2重にしてくれることもある。
週末の買い出しから帰って数えたら、今日はなんと袋は20枚もあった。この人たちに袋の節約という概念はない。さすがに私もこれを見て、もったいないなぁと思ったのだが、うちでは猫のトイレを片付けるときにこの袋を使うので、いちおう役にはたっている。しかし、かなりの確率でこの袋は最初から穴が開いているので、猫のうんちを入れる前にはよーくチェックしなくてはいけないよ。
そういえば、日本ではもうすぐこのレジ袋が有料化だとニュースでやっていた。それはとてもいいことだ。いいことだけど、このレジ袋ふんだん使いに慣れてしまったので、そのニュースを聞いてまっさきに思ったのは、あぁ面倒くさそうだなぁということ(すみません)。

レジ袋がなくて、何か小さいものを一つだけ買っても、いつでも紙袋に入れてくれる店もある。そしてこの紙袋というのも、また出来が悪い。濡れているものを入れてはいけないよ。すぐに破れる。
ボクも大好き! → ボクも大好き!

でもこの紙袋、うちでは非常に好評だ。もちろん猫たちに。紙袋で帰ってくると、待ってましたとばかりに入る。入れ替わり立ち代り。しかしもちろん丈夫な作りではないので、猫を入れたまま持ってはいけないよ。たいへんなことになります。聞いてるかね、J?

私も大好き! → 私も大好き!

11件のフィードバック

  1. ノア、影にすっかり溶け込んでて、目つぶってたら気が付かなかったかも。(笑)
    注意のメッセージは誰に言ってるのかと思ったら、Jさんだったんだ。やっぱり。(爆)

  2. 私は猫が紙袋に入るのを見ると、待っていましたとばかり、
    ♪猫をかんぶくろに詰め込んで~♪(←たぶん実際存在する歌)と歌いながら、
    猫が入ったままの袋を腕に引っ掛けて、部屋をうろうろしてしまいます。
    Jさんのお気持ち、わかります~。

  3. noirさん、ダメダメ!!!
    これからの地球のために資源を無駄に使っちゃ絶対に駄目です。
    アメリカが京都議定書にサインしなかったのが今日少しだけわかった気がしました。
    noirさんがこれだもーん。(=^・・^=)ブヒブヒ。

  4. noirさ~ん

    レジ袋、UKではビニールですがこちらも同じように薄い!
    角の尖ってるものと重いものを一緒に入れてはなりませぬ。
    私もいつも二重にしてるので袋が溜まる一方。

    紙袋のなかのノアちゃんとソフィーちゃんの目がキラリ☆

  5. ♪山寺の和尚さんは、マリをつきたしマリはなし、
     猫をかんぶくろ(紙袋)におしこんで
     ポンと蹴りゃ、にゃんとなく、
     にゃんだ、にゃんでなく、ほーいほい

    かわゆい子猫時代と変わらず、でかい図体になった
    猫たちが、たまにもらってくる紙袋に狂喜して
    入り込んでは器用に中で向きをかえ、鼻づらを
    だしてニコニコしていたのを思い出しました。
    レジ袋、有料になるかもで、ちょっと困ったな。
    あれは、ナシ園の方が、観光もぎ放題用に考案した
    のが最初らしいですね。
    オーストラリアのスーパーで買ったときは、紙袋
    だったかなあ、覚えてない。
    ドイツのバーデンバーデンで、二日連続で同じ店に
    買い物に行って、くれろと言ったら「売ってくれた」
    あげくに「昨日も買ったじゃないか、持ってこなかったのか」
    と言われましたよ。ドイツは進んでいるのかも??
    ああーん、そふぃちゃん、かわゆうい!!
    ノアくんのおめめは琥珀のようですね。

  6. momoさん!ありがとうございます。
    そうだそうだ、そういえばその歌の一部だったんだ~。
    いつも同じフレーズ(2行目)を繰り返していたので気付きませんでした。
    そのうえ「おしこんで」→「詰め込んで」と勝手に変えているし(爆)。
    でもよく考えたら、マリのかわりに蹴るなんてひどいなぁ。
    横レスですみません。

  7. 分かる、分かる。スーパーの袋と紙ナプキンの無駄使いは目を見張るものがありますよね。私の近所はうっすい、うっすいビニール袋を毎回2重にしてて、だったら分厚いの作ればいいのにと思う次第。コストが低いのかしらね、薄い方が。後、日本って袋のサイズがたくさんあるのに、こちらは一種類のみ。やっぱり資源の無駄使いという点ではアメリカはすごいですよねぇ。

  8. 私もよぉ~「紙?プラスティック?」って何が?押し売り?欲しくないわよぉ~!見たいな。。。(爆笑)
    こっちの地元のスーパーの袋はしっかりしてて大きい目!ごみ箱用に重宝!!でも、セーフエーの袋は最低!薄くて小さくてアナポコだらけ!!どっちも卵にひとつ、ブレッドにひとつ、って確かに使いすぎで、袋溜まってます。
    誰かが袋でいじめたのかなぁ~うちのチビ君、プラスティックの袋の音にはとっても敏感で逃げ回りますよ。袋に入るなんてかわいぃ~~~

  9. >Kさん
    そうそう。すっぽり袋に入ってしまうと、気付かず踏んで
    しまいそうになりますよ~。重い紙袋を持つとたいへんなこと
    になりますからねぇ(経験済み)(笑)。

    >マルコさん
    わはははは。
    ♪詰め込んで~♪っていうのがすご過ぎです!
    この歌、歌詞を見るとほんとにひどい歌ですよね。
    まりがないからって、猫を蹴らなくても…(泣)。
    マルコさんも猫入りの袋を持ち歩きたくなるのですね。
    Jと一緒ですよ~(笑)。

    >くろねこ・ママさん
    叱られてしまった~^^;
    だって、面倒じゃないですか~レジ袋にお金払うなんて。
    すみません、ふとどきものです(猛省!)
    おっしゃる通り、アメリカは京都議定書の決まりなど絶対
    守れそうにもない、激しい消費社会でございます。
    何でも、大きくて量があればいいと思ってるようなふしが
    あります。あぁ、こういう悪いところだけ染まってしまい
    そうな私…(>_

  10. おおお!私なぞは紙袋に入れてくれるなんて
    なんかおしゃれー♡とか思ってましたがやばいのですねぃ!
    そういえば、千葉にあるコストコというアメリカ?系列の
    スーパーでは、袋はくれずに、空いたダンボールなどを
    提供してくれて、それに入れて車まで荷物を運びますなぁ

  11. >さくらくらさん
    だって、紙袋の質が悪いんですよ~(泣)。取っ手なんて
    すぐに取れるし、いまだに取っ手すらないただの紙袋も
    けっこうあります。猫が入る以外使い道まったく無しです(笑)。
    コスコ(Costco)の千葉店いかれたことあるのですね!
    私会員じゃないんですけど、友達に連れて行ってもらってます。
    近所に2店あるのですよ。
    あぁ、そういえばコスコでは、袋に入れてくれませんね。
    ダンボールか、そのままだなぁ。物がでかいからでしょうか。
    とにかく馬鹿でかくて、行くとどーっと疲れます^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください