自分のことは自分でやる猫

猫にごはん

ノ「向こうの部屋に行きたいな」

扉で仕切られている部屋は、暖房中は締め切っている。別に向こうの部屋には猫の興味をひくようなものもないし、用事もないはずなのに、なぜか向こうの部屋に行きたがる猫たち。

猫にごはん

ソ「向こうの部屋に行きたいわ」

寒いからね、開けませんよ。君たち別に行く必要ないでしょう。

猫にごはん

ソ「いいわよ、開けてくれなくても」

自分で開けてしまうんだよねぇ、ソフィーは。歯でぐわっと扉に噛み付き、重い扉を手で押して、少しの隙間をつくると頭をぐりぐりと入れて強引に開けてしまう。
向こうの寒い部屋へ行ったところで、別に何をするわけでもなく、何やら座って考え事(?)したり、すぐに飛び出てくるだけなのに、どうしてそんなに行きたがる?

猫にごはん

ソ「自分のことは自分でやるから」

勝手に扉を開けてしまうソフィーとは違い、ノアは自分で開けるようなことは全くしない。ソフィーが自分でぎりぎり通れる幅を開けて、向こうの部屋に行ってしまっても、ノアは行けない。あと数センチくらいなんだから押し開ければいいのに、ちゃんと太っている自分の幅をわきまえていて、あと少しだけ開けろ開けろと騒いで人間に命令するだけだ。
この2匹の違い、なんなのでしょうねぇ。扉を開けられるソフィーのほうが賢いのか、にゃーんと鳴いて人間に開けさせるノアのほうが賢いのか分からない。分かるのは、とにかく開けるだけで、あとは決して閉めてくれないことだ。まぁ、どっちも自分勝手なことには変わりない。
うちはJもちゃんと扉を閉めないので、私が一日中そこらの扉を開けたり、きちんと閉めたり忙しい。早く暖房のいらない季節になって欲しいと願う今日この頃。

10件のフィードバック

  1. うぷぷぷ
    ちぃまの最近のブームはお風呂。
    いないな〜と探すと だいたいお風呂の床にじ〜っと
    座って待ってます。
    そう シャワーでシャワシャワ お湯飲みたいの。
    飲み終わったあとも くつろいでます。
    「からり床」が超お気に入りに(笑)
    ということでお風呂開けっ放し。

  2. お久しぶりです。わかります。ウチはノリコもマサムネも自分で障子開けるので、
    ウチにいる時は、頻繁に閉めに行ってます。特に冬は閉めないと冷えるし(^^;
    閉めてくれるとよいのですが、猫が自分で閉めるようになると化け猫になったとか(^^; ノリコは右上牙が抜けてしまいましたがそれ以外食欲も変わらずマサムネ相手に元気です。さすがにフードはシニア用の比率あげるようにしてます。

  3. ノアさんとソフィーさん
    うちのみいたさんとみみちゃんと見た目が似てるな、と思ってました。
    が、扉に関しては全く逆でしたか。
    みいたさんは「すべてのドアを開ける猫」<過大評価。丸ノブはむりでした
    みみちゃんは「すべてのドアを開けさせる猫」です。
    玄関、吐き出し、ふすま、障子、引き戸はすべてどちら開きでも
    L字ノブは立ち上がって、高ければジャンプしてまわして開けてました。。。
    対してみみちゃんは全ての戸の前で「にゃぁ〜ん」と鳴いて
    誰かが開けてくれるのを待っています。
    こちらのほうが老獪で猫らしいと言えば猫らしいのかもしれません。

  4. うちの猫たち、引き戸は難なく開けちゃう子が多いですよ。
    ドアノブはL字型、これは銀平がかたっぱしから開けます。
    ついでに中折れドアのクローゼット、銀平、大輔が器用に開けちゃって
    あんこやななが入り込んで寝てたりします。
    ドアやクローゼット開けて楽しいのかしら?
    なんてときどき思います(笑)

  5. ソフィーちゃんが賢いと思いますが、猫は自分勝手が
    仕事みたいですから、開けっ放しも仕方ないですね~
    (あっ、Jさんもか・・・)
    クロは、和室との境の、襖をガリガリして、開けろと
    主張するので、これも困り者です。

    テルマエ・ロマエ、面白いですね~

  6. おじさんも大体のドアを開けます。
    …用もないのに(笑)

    最近怖いのは、窓の鍵をやたらと気にしていること。
    今は鍵が掛かっていれば窓を開けることは出来ないのですが、近頃、窓をあけるのに鍵が関係あるのでは?と疑っている様子。
    勝手に鍵を開けて脱走されるのは困る~。

  7. >黒糖さん
    ちぃまちゃんすごい!シャワーでお湯飲むなんて。よく怖がりませんねー^^;
    お風呂場の床は、ノアも好きです。端っこの、あまり掃除の行き届いてない
    ところにごろんと転がるのが好きなので、困ったものです(←掃除しろ!)。
    水を怖がらない猫って憧れます~。一緒にお風呂に入ったりとか、ちぃまちゃん
    ならできそう!

    >FZ-A茶飲み男さん
    おぉ!マサムネちゃんも自分で開けられるのですね!うちはノアがそういう
    ことできないので、オス猫は不器用なのか?と思っていましたが、どうや

    ただ単にノアが何もできない猫だっただけのようですね^^;
    ノリコちゃんは、マサムネちゃんを相手にすることで若さを保っているの
    かもしれませんね~。
    どこかに、閉め忘れているドアを閉めてくれる猫、いないでしょうか。
    どうして自分のやりたいことしかやらないんでしょ、男って。あ、失礼
    猫って(笑)。

    >かちゃにゃさん
    みいたさんすごい、すごい!
    L字ノブを開けるねこ、テレビで見たことありますが、本当にできるので
    すね~。飛び上がって開けるのですね。丸ノブまで開けるようになったら
    もう絶対動画撮って、投稿してくださいませ!^^なんて賢いのでしょ。
    みみちゃんは完全にノアタイプですね!
    ノアは、あと数センチ押し広げるだけなのに、そんなこともできなくて
    にゃーんと人間に命令しますが、そんなおばかなところも、またかわいい
    と扉を開けてやる人間って…完全にやられてます(>__<)

    >あずきさん
    おー!銀平ちゃんがそんなに器用だったとはっ!
    オス猫or黒猫不器用説は完全にくずれました(>_<) あれ、脱走するのは銀平ちゃんじゃなく、小太郎ちゃんでしたよね? 中折れクローゼットも開けられるのか。すごいなぁ。そして自分で入り 込むわけではなく、ただ開けっ放しにして、別の猫が入り込んで寝ている というのが笑えますね~。って、飼主にとっては油断もすきもなくて 気をつかいそうですねぇ^^; うーん、器用な猫はけっこういるのですね! >クロpapaさん 猫は自分勝手が仕事!確かに~。でも自分にも人にも甘いから、開けっ放し のドアをみつけても、猫は怒らない。そのほうが心穏やかに暮らせていいの かもしれないなぁ^^ クロちゃんはにゃーんと命令するのではなく、がりがりやってれば襖が 開くと覚えこんでしまったのですね~。いつもがりがりやる部分に、爪とぎ とか貼り付けておけば、一石二鳥(?)かも(笑)。 テルマエ・ロマエお読みになったのですね!面白いですよね~。着眼点が いいです。作者の経歴も変わってますよね^^ >がらさん おぉ。おじさんも、ドアを開けるのですね!さすが老獪だわ。人間の子供 より賢いかもしれませんね~。 鍵と窓に関係があるとにらんでいるとは、さすがっ! L字ドアを開けられる猫だったら、鍵も開けられるかもしれませんねぇ。 お気をつけくださいませ~。 おじさんっ、鍵はだめですよっ!

  8. いやいや、みいたさんはもう鬼籍に入っちゃってますのでこれ以上の進化は…
    みみちゃん、開けられるんですよ、爪が引っかかりさえすれば。
    「鍵がかかっていて開けられなかった」ことを覚えているらしく
    鍵有りの戸がきっちり閉まっていると自分からは絶対開けません。
    ドアは開けない代わりなのか夜中に外から帰ってくると
    家の周りの小高いところを次々ジャンプしながら半周回って
    2階の私たちの寝室の窓の外で入れて入れてと鳴いています。。。

  9. 前に猫好きな友人に、『猫によって右利き左利きがあるから、開けられる扉は、どっち開きかで変わるんだよ』って聞いたんだけど・・・

    らん君は・・左手で開ける所は見ますが・・・どうでしょうか??
    そんじゃ・・らん君は・・左利きの男の子かな??

  10. >かちゃにゃさん
    ごめんなさい!たいへん失礼いたしました。すみません。
    みいたさん、とっても賢い猫だったのですね。L字型ノブの話にあんまり感心して、まったく
    もってぼけたこと言ってしましました><
    みみちゃんも学習能力がありますねぇ。鍵がかかっていることもちゃーんとわかるのですね。
    しかもそんなに元気いっぱい走り回って!うちはノアがもう10歳なもんで、どうも最近
    動きがにぶいです(涙)。たまにはみみちゃんのように小高いところをジャンプしまくる
    若々しい姿をみてみたいです〜。

    >メガネさん
    ソフィーもそうです。えぇと、右に開けるから、右利きだと思います。あ、以前網戸は
    左に開けてたな。あれ?どっちだったか忘れてしまった(←ぼけてる)。
    らん君はいつも左手で開けるのですか?どちらの利き手が多いのでしょうね〜。
    そして、どちらにも開けることのできないノアは…ノアは…うぅぅぅ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください