いろいろあった日

今日ボランティア先であったこと。
寄付金を入れるケースが壊され、現金が盗まれた。透明なプラスチックケースで、お金が透けて見えるタイプの入れ物(カギ付き)の、裏側が割られ、現金がほとんど抜かれていた。お札もたくさん入っていたのに。11セントだけ残して、あとは全て盗まれた。小さな子供が自らお小遣いを寄付してくれたりするかたわら、こんな賽銭泥棒のような真似する人もいる。たくさん入っていたとはいえ、どうせ30ドルそこそこしかなかっただろうに。これからは、ボランティアが不在のときは、寄付金箱は隠しておくようにとのこと。わびしいことだ。

新しくきたばかりの猫3匹から、耳ダニ(ear mites)発見。うぅぅ。耳ダニってはじめて見た。すごく汚い耳だったので、ちょうどそこにいた獣医に聞いたら、即座に「Ear mites!」と断言。他の猫に感染しないよう隔離し、石鹸で手を洗えという。しかし、たまたまハンドソープが見当たらなかったので、水だけでごしごし洗っていたら、そこにある掃除用洗剤を使えと命令するのだ、この人。ひ~。洗うかこんなので普通?案の定、洗ってしばらくすると、両手の指先が全部、がさがさに荒れてしまった(泣)。アメリカの洗剤きつ過ぎる。平気な顔をして一緒に洗剤でごしごし洗っていたが、あの獣医さんの手は大丈夫だったのだろうか。

変わった電話数件。うち1件は、ある年配の女性からかかってきた。死んでしまった猫の生まれ変わり(reincarnated cat)を探しているのだという。片足だけオレンジと白のまだらで、金色の目の猫がいないかと聞くが、残念ながらうちにはいなかった。ダライラマじゃないんだから、猫が生まれ変わってまた猫になるのだろうか。しかも同じ柄になるのか。いろいろ疑念がわいてきたが、しかしこの女性が、いったいどれだけ長いこと愛する猫の生まれ変わりを探して、あちこちむなしく電話をかけ続けているのだろうと思うと、かわいそうでならなかった。お気持ちよく分かります。どうかいつか見つかりますように。

ハロウィーンが終わって、店内は早くもクリスマスの飾り付けになった。猫のケージのすぐ上にも、緑の蔦の葉のようなものをからませ、そこに巨大なオーナメント(直径30cmくらいの球)を飾るという。そんな場所にまで何も飾らなくてもと苦い顔で見物していたら、猫たちもみな興味津々で見ていた。
飾り付けが終わり、満足げに眺める店員たち。が、まもなく、がしゃーんという音とともにオーナメントは落下して、気持ちいいほど粉々に砕け散ってしまった。
あ、危なかった。ほんの3秒前まで、そこには生後2ヶ月の子猫たちが遊んでいたのよ。死んでしまうぞ!あまりびっくりしたので、私も店員も十数匹の猫たちも、皆しばし固まって動くものはいなかった。
飾りつけは部屋の外側にだけ行うようにと、即座に変更が決定されていた。

すごくかわいい子猫もたくさんいたのに、今日は忙しくて一枚も写真が撮れなかった…(T_T)。

7件のフィードバック

  1. 耳ダニって、どんなんだろうなあ。
    目に見えるものなんですか?
    めったに見れないものが見れて、ある意味ラッキーでしたね(笑)

    きっと獣医さんは掃除用洗剤ごときではどうにもならないでしょう。外人の方が皮が丈夫にできているはずですもん……………たぶん。

    ハロウィンが終わったら、次はクリスマスですかあ。
    こちらでも、色んな所でグッズを見かけるようになりましたよ。

  2. 耳ダニは、あっちゅうまに感染していって、
    それこそ狭い囲いの中に多くの猫がいた場合
    収拾がつかなくなりますから、
    早期発見できたのは、本当に幸いだったですね。
    おうちにお持ち帰りしなくて良かったのも含めて。
    (ものすごいお土産になるとこだったですね
    ハンドクリームの上等のを買ってもいいのでは?)
    て、いうのも、ムツゴロウ王国で「猫を隔離して
    群れのように多数で飼う」ことをした方の本を
    持っていまして(「猫ふえちゃった」という
    みもふたもないタイトルですが)そこで
    耳ダニの猫が持ち込まれて、全部に感染、
    あじゃぱーーというくだりがあるのです。
    あまり読みたくない章でもありますね。

    うちの近所でも、クリスマスの電飾をはじめたおうちが
    あります。浮いてる、浮いてるよー。。

    いろいろとお疲れ様でした。
    かわいい写真はいつもいつも楽しみにしています。
    次回に期待します。

  3. うちのみみ婆さんは、耳ダニで耳が化膿してしまい、治療した獣医さんがヤブさんだったので、治った耳は見事に変形していました。

    お父さんが早く気づかなかったからだね。
    ごめんね、みみ婆。

  4. 寄付金どろぼうなんて、罰があたるぞ!
    耳ダニ、怖い。どうやって駆除するの?お医者さん?
    ダニなんかすばしっこいから、あっちゅうまにあっちこっちに行きそうだが。
    オーナメント落下、猫も人もご無事で何より。

  5. もうクリスマスですか?
    早過ぎるのでは?なんて思ったけど、
    よく考えると今年もあと2ヶ月弱なんですよね。

    可愛がっていたネコちゃんの
    生まれ変わりを探しておられるご婦人。
    探し出すのは時間がかかるかもしれませんけど、
    その気持ちがすごくわかるし、嬉しいです。

    時間がかかっても、いつか出会えますように。
    日本からも祈っています。

  6. 寄付金泥棒、寒い話ですね。その程度のお金を
    盗んでしまう方の気持ちを考えるとそれも寒いですが。

    猫の生まれ変わりの話はつらいっす。
    自分もやりそうで、ハハハ。

  7. >うさをさん
    見た感じ黒くてただ汚れているように見えました。
    家に帰って調べてみたら、白っぽくて見ただけで
    判断するのは難しいそうです。なんであの獣医、
    分かったんだろう。
    きっと彼女は丈夫そうだったので、あれしきの洗剤
    なら問題なかったのでしょう。私なんて、まだ
    ざらざらですよ~(泣)。指紋なくなるかも…(T_T)

    >momoさん
    ムツゴロウ王国は、以前から疑問に思っていた
    のですが、ちゃんとめんどうを見きれているので
    しょうかね。あんな激しい多頭飼いしてたら、きっと
    病気もあっという間に広がることでしょう。
    あじゃぱー、なんて嫌じゃ~(泣)。
    家に帰ってシャワー浴びて、洋服洗濯しました。
    お持ち帰りがないことを祈ります。
    おぉ、日本でももうクリスマスの飾り付けをして
    いる方が!早っ。まだ11月だぞー!
    次回、momoさんのご期待に応えられるよう
    がんばります(^o^)丿

    >ゆず彦さん
    あぁぁぁ、かわいそうに、みみ婆さん。(←どの猫
    なんでしょ。まっくちゃん、ゆずちゃん?)
    耳ダニがどんなに恐ろしいものか、よく分かりました。
    その獣医さんひどい。
    これからは他の猫(うちのも含めて)感染してない
    かよーく、チェックします。怖いですねぇ。

    >Kさん
    あんなに人も多い店でねぇ。まさか寄付金箱が
    壊されるとは。ペット飼ってる人しかこないような
    店なのに。そんなやつに飼われるペットがかわい
    そうじゃ。
    耳ダニは、獣医に連れて行って治療するそうです。
    薬で治るのですって。やれやれ。

    >judyさん
    そうですねぇ、言われてみればもう2ヶ月で今年も
    終わりなんだった。早いなー(遠い目)。
    生まれ変わりを信じて探していらっしゃったあの
    女性は、ほんとうに信じているようでした。うちの
    猫が死んでしまったら、と考えると、お気持ち
    よく分かりますよ。きっとすごくかわいがっていた
    猫だったのでしょうね。
    たとえ違う柄だとしても、いつか新しい猫と、再び
    幸せに暮らせるようになることを、私も祈っており
    ます♪

    >koruさん
    ふふふ。koruさんもですね。私も他人事でないです。
    死んでしまった猫のこと、すごくかわいがっていらした
    のでしょうね。早くまた猫と暮らせるようになると
    いいですね、あの女性。
    寄付金なんて盗むなよ、と思いませんかー。ひどい。
    他の人々の善意をふみにじるような行為は、許せん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください