使えなかったカメラ

Whineyという名前の黒猫が帰ってきた。この猫は返品されたわけではなく、ひどい風邪をひいたため、少しの間動物病院に入院していたのだ。そのわずか数日の間に、Whineyの身に起こったことは、胸が傷むようなむごいことだった。
遊び盛り、いたずらっ子のWhineyは、具合が悪くて入院したのに、まだまだ遊びたい。ケージから小さい手をいっぱいに伸ばして、遊んで遊んでとみんなにせがむのがいつものくせだった。
その日病院で、Whineyのケージの前を通りかかったのは、やはり具合が悪くて連れて来られた犬だった。運悪く、気の立っていた犬に、前足をがぶりと噛まれ、取り返しのつかない事態になってしまったのだった。慌てて獣医も止めたようだが、残念なことにもうどうにもならず、左前足を付け根から切断しなければならなかったのだ。
まだたったの生後6ヶ月の小柄なWhineyには、そのケージの柵は大きすぎたのではないだろうか。誰を責めても詮無いことだが、病院にいてこんな事故が起きるなんて今でも信じられない。

そのかわいそうなWhineyが、手術を終えて、今日帰ってきた。それは、ただ風邪をひいて入院したときとは比べ物にならないほど、見るも痛ましい姿だった。体半分毛を剃られて、小さい体に十数針もの縫い痕が生々しい。
しかし、Whineyの性格は何ら変わっていなかった。今でも恐ろしくやんちゃで、3本足でそこらじゅうを走り回り、大人の猫のケージに入り込んで勝手に餌を食べ、シャーシャー叱られながらも一人で遊んでいたりする。掃除中の猫トイレに、キャットタワーのてっぺんから飛び乗って、思いっきり砂を流しにひっくり返し、配管をつまらせたりしてしまうし…。でもね、どんないたずらしても全然怒る気にもならないよ。元気なその姿を見て、店の従業員もお客さんもとても喜んでいた。
ただ一度だけ、ガラス窓越しに通りかかった大きな犬を見て、恐ろしそうに震えていたね。かわいそうになぁ。今日はカメラも持っていったのに、何度写真を撮ろうとしても、なんだかどの姿も痛々しそうに写りそうで、どうしても撮れなかった。本当はこんなに元気一杯なのにね。

Whineyは今は毛を剃られてしまっているが、本来美しい真っ黒な長毛の、たいへんきれいな猫だ。今日もボランティア先に、見に来る人来る人が注目し、かわいそうにと同情を寄せる。折りしも、もう1匹交通事故で片足を無くした別な猫が、里親にもられたばかり。大丈夫、こんなにかわいい君だもの。3本足だって、きっとすぐに飼い主が見つかるはずだよ。がんばれ。

15件のフィードバック

  1. なんと!運が悪いとゆうか、何とゆうか、、、痛ましい事故ですね。
    しかも病院内でとは・・・。信じられません。
    しかし、三本足でも元気いっぱいのWhineyなら、きっと良い飼い主さんがすぐに見つかるんでしょうね。
    それにしても、毛を剃られた犬猫って、本当に貧相で可哀想に見えますよね。Whineyも早く毛が生えるといいですね。

  2. 写真が撮れないという気持ち、よくわかります。
    いくら本人(犬猫)が元気でも、毛を剃られた痕や縫い痕、直視するのさえつらいですもんね。
    でもWhineyが今までどおり元気でなにより。犬や猫の、そういうたくましさがとても好きです。
    Whiney、犬嫌いはもう治らないかな~。

  3. 大丈夫! Whineyちゃん、絶対優しい引き取り手が現れてくれます! 猫は自分を可哀想だとは決して思わないそうです。 どんなにその猫生がタフなものでも。 だから、Adoptする人も可哀想にぢゃなくて、Whineyちゃんのやんちゃさを可愛いと思ってくれる人が、見つかりますよに!

  4. 知り合いのニャンも、3年前に近所のピットブルに噛まれて3本足になっちゃったです。
    犬飼ってたからわかるけど、犬種によっては小動物=獲物っていう認識がインプットされてるんですよね。
    でもガブリはねえだろ、ガブリは!と猫も犬も大好きな私は思います。
    犬のマジ・ガブリは凶器ですから。
    それに比べればバリ猫のバリバリなんて可愛いもんです(痛いけど)。
    Whineyちゃんはなんとも気の毒な事でしたね。
    遊んで欲しくて出した手をガブリとやられるとは…。
    救いは、猫も犬も人間よりよっぽど順応力が高くて、パーツを失った体でも逞しく前向きに生きていける事でしょうか…。
    ガブリ犬共よ、私は大型犬が大得意だ。犬の急所は心得ておる。
    重量級はともかく、大抵の犬なら相手に不足無し。私の目前でのマジ・ガブリは許さん!
    今回のガブリ犬の飼い主さんが厳しくガブリ禁止の躾に取り組みますように…犬にとっちゃ猫も人間の子供も等しく小動物なんですから。
    Whineyちゃん、猫は先天的に楽天主義な動物、よく食べて遊んで昼寝して必ず現れる里親さんを待つんだよ!

  5. なんとも痛ましい話ですね。

    脚一本を失ったけれど、
    逞しさは失わなかったWhineyちゃんには
    「天晴れ」という言葉と「幸せを」願う気持ちを
    注ぎたいと思います。

  6. Whineyちゃん、恐かったし痛かったでしょうね。
    通りがかった大きな犬を見ておびえ震えていたWhineyちゃんの気持ちを思うと、胸が痛いです。
    病院でそんな目にあうなんて・・・・・・。
    でも、元気いっぱいでよかったです。
    素敵な飼い主さんが見つかりますように・・・。

  7. やられちゃったんだね・・・・(涙)
    実家の先ヨークシャがいつもシェパードの家の前を通ると吠えててある時ゲートが開いててぱっくり胴を咥えられて、運悪くその日はリーシを話してたもんで、お追っかけた!おっかけた!!!シェパードは脅かしだけの噛み具合で収めてくれたけどヨークシャは気絶状態で、気を取り戻すのに時間かかったよ。で、二代目のヨークシャはガブリ!!一本の指で済んだけど噛み千切られてしまいました・・・それでも今でも吠えにいてるけどねX-X;;
    Whineyのその元気さを聞くとよけいに痛々しいけど、間違いなく優しい里親に貰われて可愛がられるよ!
    幸せになってもらいたいね

  8. Whiney・・・かわいそうに。
    痛々しい姿を写真におさめるのは躊躇させられますよね。
    でも、元気でやんちゃな仔猫の顔って好きです。
    やんちゃな子って目がいいんですよね♪

    一日も早く優しい里親さんが見つかりますように。
    里親さんのとこへ行く前に、やんちゃ顔を撮って
    記念に残しておいてあげて欲しいなぁ〜。
    がんばってWhiney〜!

  9. Whiney!!
    ただの風邪で病院にいたにもかかわらず、
    こんなことになってしまって・・・。
    それなのに前と変わらずヤンチャで、とっても元気そうで・・・。
    そんな姿を思い浮かべると心が痛む。
    そして、なんでだか自分の家で待っている3匹にはやく
    会って抱きしめてやりたいって思うのはナゼなんだろう?
    Whiney!
    きっと素敵な里親さんが迎えにきてくれるはずよ!

  10. >riderさん
    ほんとにそう!
    Whineyがんばれ~。

    >miさん
    病院内での事故というのが、なんとも信じがたいです。
    病院の人たちも相当ショックだったようなので、今後は
    同じ事故はおきないだろうと信じております。
    毛がなくても猫は気にする様子はないのですが、見ていて
    痛々しいのですよ~(T_T)

    >マルコさん
    ほんとにたくましいです。人間だったら立ち直れない
    くらい落ち込みそうですが、普段通りにはしゃいで
    走り回って元気一杯。動物のそういうところは、すばら
    しいですね。でもねぇ、手術の痕が生々しくて痛々しくて
    見ているこちらが辛いです~。犬嫌いは…、もし私だっ
    たらたぶん治らない気がします(涙)。

    >雅子さん
    そうなのですよ!猫は落ち込みもしないし、非常に
    たくましく1本なくなった足で、適応しております。
    すごいですよねぇ。人間だったらこうはいかないだろう
    なぁ。
    Whineyはやんちゃで、あまりにもかわいいので、可哀想
    とだけいつまでも思い続けられないです(^○^)
    きっと理解のある飼い主が現れると信じております!

    >あずきさん
    Whineyは小柄でやんちゃな黒猫で、いたずらな大輔ちゃん
    のようですよ~♪
    >>絶対素敵な里親さんが現れるからね。
    はい!私もそう信じております~。

    >なみさん
    うぅぅ、ガブリ犬にやられてしまう猫って、案外身近に
    いるものなのですね(涙)。ピットブルはたまに
    人に襲い掛かったなどとニュースでやっていたりする
    ので、どうも怖いイメージでいけません。
    大型犬が得意ななみさん、すごい!知らない犬でもOK?
    急所、教えて欲しいな~。
    ほんと順応力が強いです!全然気にやむようすもなく
    はしゃいで、キャットタワーのてっぺんまで登って
    しまうのでこちらが心配してしまうくらい(^^)
    動物のこういうたくましいところ、いいですね!
    Whineyがんばれ!

    >でめたんさん
    前足を1本なくしたばかりなのに、もうその状況に適応
    して、ちゃんと毛づくろいやトイレもできるし、何より
    キャットタワーに登ったりもできるのですよ。すごい
    ですよねぇ。ほんとにたくましいです!
    はい、私もでめたんさん同様、Whineyの幸せを願って
    おります♪

    >月の輪猫さん
    そうなんですよ~。やっぱりすごく怖いみたいで、大型犬
    を見るなり、震えて、腰が抜けたようになってました(涙)。
    病院といえども安心できないなんて、ひどすぎる…。
    はい、元気でやんちゃで遊びまわっていますので、きっと
    よい飼い主さんがみつかって、かわいがってもらえると
    思っております!

    >Kalakaさん
    うわぁ、シェパードにくわえられてしまったなんて…。
    なんてかわいそうなのだ。犬同士でも、体の大きさが
    あまりに違うから、獲物だと思っちゃったのでしょうかねぇ。
    2代続けてそんない事故にあってしまったなんて、災難
    でしたねぇ。かわいそうに。
    私もWhineyの幸せを願っております!がんばれ~。

    >踊る運び人さん
    ふふふ。私もやんちゃな子猫の顔はたまらなく好きです
    よ~。もうね、おもちゃを手にしただけで、目を真っ黒に
    見開いてお尻ふりふりですよ~。かわゆいの♪
    あ、確かに目がいいかも。特に動体視力はすごい!
    優しい理解のある里親さんが、早く見つかるといいです。
    Whineyならきっと大丈夫!

    >あゆさん
    病院でこんな事故にあってしまうなんて、ほんとに
    ひどいですよねぇ…。こんなことめったにあることでは
    ないでしょうが、気をつけてもう2度とないようにして
    もらいたいものです。
    あ、あゆさん今、出先ですか?
    早くおうちに帰って、みなにゃんを、ぎゅうぎゅう抱き
    しめてやってくださいね~(嫌がられるか?笑)

  11. どうかどうか優しい飼主さんがみつかりますように。
    どうかどうか幸せになりますように。

  12. ううーん、病院でそれはないだろう、と、やっぱり思っちゃいますねぇ。
    うちはキャリーに入んないんで、抱いたまま、行ってるんですけど、注意しなきゃと思っちゃいました(個室が開くまで、車内で待ってはいるのですが)。
    やんちゃなのが余計、哀しい。世の中、不条理でございますな。早く、優しい人にもらってもらえますように!

  13. >judyさん
    優しいjudyさん!ありがとうございます。一緒に
    whineyの幸せを祈っていてくださいね♪

    >koruさん
    病院で、というのがなんともひどい話ですよねぇ。
    お互い気をつけましょうねぇ。しかし、凶暴なノアだったら
    逆に襲い掛かりそうで、それも怖い…(涙)。
    早くよい飼い主が見つかって欲しいものです。こんなに
    かわゆいからきっと大丈夫だと信じております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください