ジャスコの同意語

以前にも書いたが、Netflixという郵便で配達してくれるレンタルDVD屋の会員になっている。
そこには日本の映画もある。あまり邦画はみないのだが、今回はどうしても見てみたかった、matthewさんおすすめの『Kamikaze Girls』(邦題:下妻物語)を注文した。
いやー、面白かった。こんなに面白い邦画は、今まで見たことがないかも。オリジナルの『下妻物語』よりも、カミカゼガールズのほうが、タイトルと雰囲気が合っているような気すらする。これは確かにアメリカ人にも受けるだろうなぁ。テンポがいいし、配役もいいし、何より笑えるのだ。サンフランシスコでは映画館で上映されていたのだそうだ。これ、映画館で見たら、周りの反応がわかってもっと笑えそうだ。
しかし、DVDで借りてよかったところもある。難解な日本語がでてきたときに、途中で注釈が入ることのだ。その説明が面白い。例えば『ジャスコで服を買った』というセリフのときに、ボタンを押すと、映画は一時停止状態になり、ジャスコの説明が英語で流れて詳しく教えてくれる。これはもしかしたら英語版のDVDだけのかもしれない。他には『ヤンキー』や『やくざ』についての説明もあった。ちなみにジャスコは、アメリカ版のウォールマートで、cheap and casualの同意語だそうだ。笑える。さっそくNetflixをやっているアメリカ人の友人にも、この映画をおすすめしておいた。受けるといいのだが。

さて、この写真は何かお分かりでしょうか。
車の行列。 → 車の行列。

正解は郵便ポストのドライブスルー。いつ行っても、車がじゃんじゃん来ていて、みんな手慣れた様子でしゃきしゃき投函している。車の停止時間は平均1秒以下。なぜか大きさや形の違うポストが何台も並んでいるので、最初に一人で来たときは、どれに入れようかおろおろしていたら、後ろから追い越されて、前のポストに周られてしまったこともある。急いでいるときにはとても便利だ。
並ぶ郵便ポスト。 → 並ぶ郵便ポスト。

映画を見終わると、添付の返信用封筒にDVDを入れ、郵便ポストに投函しておしまい。次は何を見ようかな。

11件のフィードバック

  1. あ~っ、私もつい先日同じくNetflixで下妻物語借りて見ましたよ!最初夫には「深田恭子ぉ?」と不審の目で観られましたが、観てみたらやっぱり面白かった~。邦画の中では、Water Boysと同じくらい好きかな。Netflixで借りられる邦画で、「ラジオの時間」(英題Welcome Back, Mr. McDonald)というのがあるのですがご覧になったことありますか?結構面白いのでお薦めです^-^

  2. ふふふ、下妻物語は日本でも結構ウケてたみたいです。
    私も今度見てみようかな。
    郵便ポストのドライブスルーまであるなんて、さすがアメリカ!
    窓口でイライラすることもなく、いいかもしれませんね~。
    (アメリカの窓口&レジ全般の従業員はなーんか信用できなくて・・・。
    特に空港なんて・・・・以下略)
    ところでこの時期でもこんなにキレイな青空がひろがっているんですか、サンディエゴというところはっ!
    東京は今夜雪になるかもしれないというのに・・・・うらやましい~!

    私のところに夢バトンなるものが回ってきました。
    お次の方としてnoirさんにもお願いしたいのですが
    お暇なとき、試してみてくださいますか?
    もちろん、聞かなかったことにしていただいても構いません♪
    そのときはお互いこの件に触れないという方向で(笑)

  3. ポストもドライブスルーとは・・・・
    すごい。
    でも、コレはゴミ捨て場か?と思ってしまうほど
    日本ではポストが赤っていうのがあたりまえ。
    やっぱりポストは赤じゃなくっちゃ。
    習慣って怖いですね。
    でも、やくざやヤンキーの説明も気になります。

  4. 「神風ガール」もみたいなあ。
    あれ、英語にするとどんなセリフなんだろう?
    やくざやヤンキーに対する説明もあるのか。
    おもしろそう。
    右翼に対する説明もしてくれればいいのに。
    買おうかな。

  5. 映画「下妻物語」はイカレテルけどメチャ楽しい

    遅まきながら、レンタルビデオで映画「下妻物語」を観ました。

    ご存知、深田恭子演じる“ひらひらロリータ”の主人公と、土屋アンナ演じる“ヤンキー娘”の、フツーあり…

  6. 「下妻物語」最高です!アメリカに上陸してるとは知りませんでした。「Kamikaze girls」という題名がまたすごいですね。英語版HPをたどったら、NYタイムズにも取り上げられててびっくり、「The yummy Japanese confection」とはうまいこと言うもんだ。

    (前回のコメントに続き、またしても投稿がうまくいきませんでした。重複投稿分は削除して下さいませ。申し訳ありません)

  7. おおおー うちのジャスミンですが、
    普段はジャスコと呼ばれておりますので
    このエントリタイトルを見た時はドキリと
    しました(笑)

    実はご連絡もありまして伺いました。
    ここ最近、うちに外部からの迷惑TBが増えてしまい、
    やむおえずTBをエキブロ限定でさらに記事内に
    リンクがあること、と、いう条件に設定することに
    しました。気軽にTBしてもらって交流をしていきたい
    と思っていたのに、本当に残念なのですがやむおえず。。
    といっても迷惑TBはなにやらアダルト系の外国からの
    ものなので特殊といえば特殊外部さんなのですよぅぅ
    なので、とってもご面倒をかけてしまうのですが、
    もしTBしてくださるときはコメ頂ければすぐに対応しますので、今後ともどうぞよろしくお願いします!
    取り急ぎ、ご連絡まで。

  8. >daidaiさん
    おぉ、daidaiさんもご覧になりましたか。では英語版の
    DVDですね。面白いですよね、あのキャベツの注釈。
    私も日本にいたら、深田恭子の映画をロードショーで観る
    なんて考えもしないところですが、こうして観てみると
    すごく面白い!日本映画も捨てたものではないですねー。
    ウォーターボーイズも、ラヂオの時間も観ましたよー
    (もしかして、daidaiさんと私、趣味が似てる?!笑)。
    どっちも好きです。こうしてみると、案外いい映画がたく
    さんあるではないか。偏見持たずに観るべきですねぇ。

    >エミさん
    夢バトン、面白そうですね。しかと受け取りましたよー。
    ぶるんぶるん!
    郵便ポストはドライブスルーであっという間ですが、
    郵便局の窓口の行列はひどいものです(泣)。エミさんの
    意見に激しく同感!アメリカの事務はほんとうにダメダメ
    ですよー。いつもたらいまわしにされて、泣いておりま
    す。しくしく。
    おぉ、東京はまだ雪が?早く暖かくなるといいですね~♪

    >あゆさん
    確かに赤いほうが、郵便ポストっぽいですね。郵便局の
    カラーが青なので、ポストから配達の車まで、みんな
    青いのですよ。慣れてしまったので、気づかなかった。
    ヤンキーの説明も面白かったですよ。
    英語のヤンキーとは意味が違います、ときちんと説明
    しておりました(笑)。映画ご覧になりましたか?かなり
    お勧めです~。

    >Kさん
    おぉ、いったいどちらからコメントを?!
    英語の訳が面白かったです。英語の勉強になるかも(ならんか?)。
    >>右翼に対する説明もしてくれればいいのに。
    また、Kさんったら(笑)。
    この映画すごく面白いですよねー。またうちに見にきて
    くださーい。気をつけてお帰りくださいまし。

    >やぶ猫さん
    わ~、やぶ猫さんもご覧になったのですね!
    日本では去年の4月に、もうDVDになっていたのですか!
    アメリカではDVDのレンタルが始まったのが先月。けっこう
    遅いですねぇ。
    やぶ猫さんのおっしゃる通り、土屋アンナがすごくよ
    かったです。あの役似合ってますねぇ。あんな格好して
    ても、きれいだし。面白い映画でした。
    トラックバックありがとうございます♪

    >さくらくらさん
    トラックバック、了解いたしました。うちも少し前に
    英語のTBスパムが大量に押し寄せたことがありました。
    最近全然こないな。なぜだ?
    トラックバックする際には、ご連絡してからにいたしまーす。

    ジャスミンちゃんがなぜジャスコなどと呼ばれているの
    でしょう(笑)。ではジャスコ繋がりで、もしまだご覧に
    なっていないようでしたら、この映画ぜひお勧めです!

  9. noir会長、トラバありがとうございました!

    で、この映画ですが、ね?ね?面白かったでしょう? 僕は映画館でケヴィンと見たのですが、意外なことに、日本人らしき観客は僕だけでした。あとはほとんどが地元のアメリカン。しかも、「ももこ」のようなコスプレをしている白人の女の子も結構いて、みているだけで楽しめました。

    同じ監督の新作が日本では公開されるそうですね(されたのかな、もう?)。こちらも絶対に見てみたいです。

  10. もう家に帰ってきてますがな。
    日本で2日めダウンし、3日め復活してかえってきました。
    体調の悪い中、義理父と靖国、中国韓国問題で大激論(けんかともいう?)して帰ってきました。(笑)
    Jさんを印籠にしてB父にかかげてやりたい。
    懸案事項はBルース出張まで、問題先送り。がくっ。

  11. >matthewさん
    この映画を見たとき、観客が大受けだったとmatthewさんが
    書いてたことを思い出しましたよ。さすがサンフランシスコ
    だなーと思って。コンサバなサンディエゴでは、上映すら
    されなかったようです(泣)。
    ももこのコスプレのアメリカ人、見てみたいですねー。
    新しい映画もあるのですね!楽しみ楽しみ♪

    >Kさん
    お帰りなさーい。お疲れさまでした。日程きつかった
    ですものねぇ。
    そ、それにしてもなじぇ、そんな話題で舅と激論して
    しまったのでしょ(笑)。どちらが、どっちの立場だった
    のか、見てきたかのように分かりますよ~^^;
    どうぞゆっくりお休みくださいましね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください