ソフィーの災難

今日はソフィーにとって散々な一日だった。

少し前から、顎の下に黒いぽつぽつしたゴミのようなものがついていた。そのうち痒がって、後ろ足で引っかくようになり、とうとう血がでてしまったのだ。以前は真っ白でちょっとピンク色だったかわいらしい小さな顎が、今やすっかり黒ずんでしまった。消毒をしたり、お湯で洗ったりしたけれど、一向に治らない。マルコさんが教えてくれたのだが、これはどうやら猫のアクネ(座瘡)というものらしい。
そうと決まれば話は早い。以前予防接種に連れて行ったことのある、近所の動物病院に予約の電話を入れる。「たぶんFeline Acneだと思います」と言ったらすぐに通じたので、よくある病気らしい。名前を名乗ったとたんに、どっちの猫を連れてくるのだ?と聞かれた。「gentle one(おとなしいほう)」と答えたらすぐに予約が取れた。うぅぅ情けない。凶暴な黒いののほうじゃなくてよかった。
ソフィーは本当におとなしい。病院の診察台の上に置かれても、哀れにかぼそく泣きはしたものの、泣き叫びも暴れも隠れもしない。よっぽど怖いんだなぁ。
治療を待つソフィー。 → 治療を待つソフィー。

獣医によると、やはりこれは典型的な猫のアクネだそうだ。考えられる原因は4つ。
1. ノミアレルギー
2. 食べ物アレルギー
3. プラスチックアレルギー
4. にきびができやすい体質
チェックをしたがノミはない。定期的にノミ防止薬をつけていると言ったら、それで良いとほめられた。2の食べ物アレルギーに関しては、最近新しく変えた餌はないので違う。中にはチキンアレルギーの猫もいるのだそうな。本当はサイエンスダイエット1種類にしたほうが良いのだろうけれど、何せノアは2日続けて同じものを出すと露骨に嫌がる猫なので、うちでは1種類だけにはしぼれないのだ。3のプラスチックアレルギー、プラスチック製の食器もしくは水入れに反応してしまう猫もいるそうだ。確かにボランティア先で、そういう猫を見たことがあった。こういう意味だったのか。しかし、うちは全部陶器なのでこれまた違う。とすると残りは、4のにきびができやすい体質だとしか考えられない。
治療法は結局、そのにきびの場所を清潔に保っておくしかないのだった。コットンにお湯を含ませ患部にあてる、というのを一日数回。そして抗生物質入りの塗り薬を一日2回、しばらく続けて様子をみることになった。その治療にあたって、顎の下の毛を刈らなくてはいけないのだった。「じゃあ、shaveしてくるわね」と気軽にソフィーを抱き上げていってしまった獣医。麻酔もしないでできるのだろうか。
しばし待たされた後、戻ってきたソフィーは、顎の下がきれいにまあるく剃られていた。さすがプロだ。剃ったあとを見ると、かなり赤くはれている。痛々しい。かわいそうに。
「彼女は本当におとなしくて、完全にパーフェクトで、とってもいい子だったわよ」と、またもやソフィーは看護婦にも獣医にも絶賛された。ノアだったらこんな治療は、2週間前に予約して全身麻酔でもしなければ誰も請け負ってはくれまい。随分対応が違うものだ。
ところでこの看護婦。獣医がいなくなったあと戻ってきて、「うちの猫もにきびだったのよ。指でつまんでチユーッと押すと白いものがでてくるから、そのほうが治りが早いわよ」などとわざわざ言いにきた。そ、そんなこと獣医は言ってなかったのに、勝手なやつだな。人間でもにきびをすぐにつぶしてしまう人がいるが、たぶんこの人はそういうセッカチさんに違いない。聞かなかったことにしよっと。
かわいそうなソフィーは、帰りの車の中ではもうことりとも音をたてず、じっとうずくまっている。帰ったらしばらくクローゼットに閉じこもっていたが、その後でてくると、いつになく人懐っこく甘えてくる。よっぽど怖くて、心細かったのだ。今日だけ特別に、ソフィーのお気に入りの毛布に一緒にくるまって、ソファで寝ることにした。私のお腹の上で、すぐにくーくーと眠りについたかわいそうなソフィーは、一晩中起きずにぐっすりよく寝ていた。明日から治療がんばろうね。
こんなになってしまいました。 → こんなになってしまいました。

21件のフィードバック

  1. はじめまして~ソフィーちゃん可愛いですね。
    ウチの猫も超怖がりで動物病院にいく時、かならず
    脱糞します・・・・・(涙)診察台でも固まっちゃって
    じーっとしているし。そうそう。うちも以前よくにきび出来て
    化膿して自然に膿が出てかさぶたが出来て治る、というのを
    繰り返していました。その度にびょういんからもらった水色の
    消毒薬みたいなので患部を拭き拭きしていました。最近はなぜかまったく出来なくなりましたが。ソフィーちゃんも早くなおるといいですね。

  2. あう〜(涙)
    ソフィーちゃん痛々しいですね・・・。
    なんかぷっくり腫れてるのがわかる写真だわ。
    1日も早くうっすらピンクの可愛らしいアゴに戻ることを祈ります。

    人間でもカユイ時に掻くのをガマンするのって、なかなか難しいですからね・・・まして言っても聞いてくれなそうな猫だし。
    それ以上掻きこわさないで、すんなり治癒して欲しいなぁ。

  3. うううう。 ソフィーたん、本当に災難だったねー。 それにしても病院でこれだけおとなしいって、すごいわ。 診察台の上でもなんだか余裕に見えるけど(本当は腰が抜けるぐらい、怖かったとか?) 拓は逃げまくります(笑)。 とにかく診察台の上から降りようと必死。 それでも噛んだり引っかいたりはしないので、良い子だと言われます~。 ノアちゃん、やっぱりすごい評判なのね(笑)。 

  4. あうー(泣)、真っ赤なぼつぼつが、、、可哀想に。
    猫のあごフェチのワタシとしては、かわいいソフィちゃんのあごが元通りになることを祈るのみでございます。

    病院でのソフィちゃんは、良い子。。。それも、なんか、可哀想だねえ、よっぽど怖いんだろうなぁ。うちはとにかく、飼主に登る登る… が、病院の方に抱っこされると、、、はい、固まります。ソフィちゃんタイプかも^^;

  5. あ〜猫ニキビ、バリ猫も一昨年やりましたよ。
    黒猫なので最初は肌の状態なんてよくわからなかったです。
    やけに顎・口の回りを気にしてるなあ…でも触るとメチャ怒る…
    う!耳の内側にブツブツ!?で、疾患発見・確認・捕獲・連行。
    でも獣医さん、塗り薬と抗生物質は出してくれたけど、患部を
    剃ってはくれなかったな…やっぱりバリ猫だから…?
    その後2週間弱であっさり完治しました。
    ソフィーちゃんのお肌もすぐに落ち着くと思いますよ。
    ちなみに怒り狂う猫に薬塗ってた私の方がダメージ大でした。
    家猫歴16年近いんだし、いいかげん慣れてくれ、バリ猫。

  6. へぇ~猫にもニキビってあるんだ・・・・
    気をつけないとね。ソフィーちゃん痒かったんだろうね-_-;
    でも、大人しくて偉い子!早く良くなるといいね^^

  7. ソフィ、おいたわしー。あんなにはれてたのですね。
    毛に隠れてみにくかったけど、獣医、さすがあっぱれなてさばき。
    ソフィが早くつるすべお肌に戻りますように。

    ノアもソフィと同じようにあんなにかわいいのになー。
    よっぽど医者嫌いなのだろうなー。

  8. noirさん、ソフィーちゃん、お疲れ様でした。
    おとなしくていいコと評判のソフィーちゃん、実は怖くて動けないのだなんて、胸が痛みます。
    アゴの剃り跡も痛々しいし・・・。
    早くよくなるといいですね。
    ウチもミルクたんのアゴに黒いものができたとき、爪でカリカリってやって取ってます。
    病院で聞いたら「猫にはよくあること」だそうで、簡単に取れるなら心配なし、とのことでした。
    すぐりたんは黒いので、アゴの状態がわからず大変です。
    なのでせっせとアゴを拭いてあげてます。
    ノアちゃんもニキビができてもすぐにはわからないですよねぇ・・・。
    診てくれるお医者さんを確保する手間を考えると・・・
    うーん・・・ノアちゃんはニキビとは無縁で
    この先も病院に行く必要がないように祈ってます。

  9. ああ、確かに猫の『ニキビ』みたいなもんですね。

    うちでも何匹かの顎にできて、最初に病院で診てもらった子のときに「清潔にしておけばたいていじきに良くなりますよ」と言われ、それ以来ひどい症状の子がいないので病院には行ってないな・・

    猫もいろいろで診察台で固まっちゃって(怖くて)おとなしくなっちゃう子、嫌がってあばれる子、なぜか獣医さんに懐いて喜ばれちゃう子←小太郎・・などなど、9匹いるとこれはこれで楽しいものです(笑)

  10. ああああ〜。血がにじんで痛々しいですね。かわいそう。かわいそう。

    ノアちゃんは大丈夫なんですか。同じ家に住んでいて同じものを食べているのに、不思議ですね。やっぱ、体質?
    日本生まれとアメリカ生まれの差ですかね?早くよくなりますように。

  11. うちの神奈もアクネがあります(泣)
    神奈さんは別名、ご本尊と呼ばれている高貴なお方なので
    私たち人なんぞには滅多にお体を触らせてくださりません。
    なので治療は偉い大変です。
    まずは熟睡しているところを狙って
    そーーーっと静かに消毒液で顎をぬぐわせて頂きます。
    少しでもお気に障ったら容赦なく天罰をくださります。
    なので治療がいっこうに進みません。
    でもストレスで余計、ひどくなる子もいるので
    無理に治療するよりもストレスを軽減させることも重要らしいです。
    猫って本当にアクネが出来やすい子と
    まったく縁が無い子とに分かれているように思えます。

    ニキビをつぶしちゃう看護婦さんはきっと
    少しでも早く治るようにって思って教えてくれたんですよ♪
    (なんでも良い方に考えるようにしています 笑)
    でも、ニキビをつぶすと炎症が起きてさらにひどくなるので
    絶対におすすめはしません。
    一見、治っているように見えても
    痕になってしまったり、同じ場所にニキビが出来やすくなります。
    なので、長い目でみると治っていない…汗

    ソフィーちゃんのアクネが早く治るように
    日本から祈っています♪

  12. ソフィーたん、なんと痛々しい…。
    猫のacneとは、ビックリです。
    早く良くなるといいですね。
    治療、がんばってください。
    しかし、名を名乗ったとたん「どっちを連れてくるの?」
    と聞かれるノアちゃん… 笑
    有名なのね…。笑ってしまいました 笑

  13. ほんと痛々しい写真ですね。かわいそう。。。
    猫にもアクネだなんて!でもお腹の上でくーくー
    寝れてきっとハッピーでしたね。
    この場を借りて私には感謝したいことが。
    このブログを読んでマニスに今月のフィラリア防止の
    薬を飲ませていないことに気づきました。
    (勝手に)思い出させてくれてありがとうございます。
    お大事に~。

  14. >にゃんころさん
    はじめまして~(^O^) 初コメントありがとうございます!
    あぁぁ、やっぱりにきびができやすい猫っているのですね。
    繰り返しできていたのに、最近はまったくない、とは
    いったい何でなんでしょ。年齢とともに、大人になると
    できないものでしょうかね(人間のにきびみたいに)。
    にゃんころさんの猫ちゃんのように、うちのソフィーも
    早く良くなるよう、毎日消毒がんばります!
    ところで、うちの凶暴な黒いの(ノア)は、凶暴なくせに
    病院で脱糞して大騒ぎしたことのあるツワモノです(涙)。
    飼い主は辛いですね~^^; これからもどうぞよろしく
    お願いします!

    >踊る運び人さん
    うぅぅ、かわいそうでしょ~。昨日までぷっくり腫れて
    いたのに、今はまたひっかいたみたいで、かさぶたに
    なっております(泣)。このままだとエリザベスカラー
    を付けざるを得ないかも…(*_*)
    それにしても、毛のない猫って妙な感じです。マルガ
    リータを思い出しましたよ~(^^)

    >雅子さん
    拓ちゃんもおとなしいからなぁ。噛んだり攻撃的になら
    ないだけでも、うらやましいですよ~。ノアなんて、
    ノアなんて…。たまたま獣医がノアのときと同じ人で、
    顔合わせたとたんに、「あなたたちのこと覚えてるわよ!」
    と笑われてしまいましたよ(泣)。
    ソフィーは怖がりなので、心拍数もばくばくに上がって
    ました。もう病院には行かないですむといいなぁ^^;

    >koruさん
    私もね、koruさんと同じく猫の小さい顎が好きなので
    すよ。ソフィーは真っ白でピンクでとってもかわいかった
    のに…。今日はかさぶたでまだらになっております(T_T)
    りるーちゃんが登りたがるというのは、いかにもで
    頷けます(笑)。普段から登るの大好きですものね。一番
    安心できるんだろうなぁ。ソフィーが早く良くなるよう
    祈っててくださいね!

    >なみさん
    す、すごい!
    私この黒いぶつぶつは、黒猫だったら決して見つけられ
    なかったに違いないと思っておりました。黒いバリ猫
    ちゃんの症状をいち早く見つけるとは、なみさん
    すばらしいっ!
    バリ猫ちゃんの診察は麻酔なしで?だったら確かに
    剃るのは至難のわざかも(笑)。ノアなら断られますよ。
    そんなにすぐに治ったのですね。ソフィーほどひどくは
    なかったのかな。バリ猫ちゃんだけじゃなく、人間用にも
    軟膏処方してもらいたいくらいですね。お疲れさまでしたー。
    ソフィーの治療もがんばります!

    >Kalakaさん
    私も全くこれ初耳でした。まさかにきびとは。
    最初はゴミがついているのかと思って、家の汚いところ
    掃除したりしてたんですよねー(←普段から掃除しろ!)
    一度知ったからには、今度この症状がでたらすぐに
    分かるはず。
    ソフィーが早く良くなるよう祈っててくださいね~(^^)

    >Kさん
    きれいに剃れてますよね。電気かみそりでしょうかねぇ。
    もう今や痛々しくて、触るのもかわいそうなのですが
    本人ばりばり掻いてしまいます。このままだと
    エリザベスカラーかも(涙)。
    毎日、掻かないよう見張っていられたらいいんだけど
    なぁ。

    >エミさん
    顎の剃り跡、かわいそうですよねぇ。今はかさぶたが
    まだらにできていて、もっと哀れな感じです。
    おとなしいから治療を簡単にさせてくれるので、助かって
    おります。
    ミルクたんにも黒いものができたりしたのですね。
    すぐに治ったなんていいなぁ。ソフィーも早く良くなり
    ますように。すぐりたんのほうは、にきびができて
    いないのに、拭いてあげているのですか?確かに
    あごにできやすいのなら、予防になっていいかもしれ
    ませんね。うちの黒いのも、見つけにくいからたまに
    拭いてあげるようにしよう。何せ病院では超有名猫の
    ようなので…(涙)。

    >あずきさん
    さすが。よくご存知ですね。やっぱり清潔にしておくこ
    とが一番なのですね。拭いてあげたりしていたのでしょうか。
    同じ餌・生活環境なのにどうしてソフィーだけができる
    のか。やっぱり体質なのでしょうかねぇ。
    あはは。小太郎ちゃんは獣医さんになついてしまうの
    ですね。かわいいー。フレンドリーな猫はいいです
    ねぇ。うちのなんて、うちのなんて…しくしく。

    >うさをさん
    この写真あまりに痛々しそうでしたね。でも直接見ると
    もっと痛々しいのですよ~(泣)。
    獣医によると、やっぱり体質のようです。人間でも
    にきびのできやすい人っていますものね。でも同じように
    飼っているのに、1匹だけでるなんてほんと不思議です。
    ありがとうございます。早く良くなるよう祈ってて
    くださいね~(^^)

    >水樹さん
    おぉ、神奈ちゃんもにきび持ちなのですね。しかも
    そんなに高貴なお方だったなんて(笑)。それでは
    今も治療中なのですか?ソフィーはいったん捕まえて
    しまうとおとなしいので、治療は楽です。しかし、確かに
    無理に嫌がる治療をやると、余計ストレスがたまるかも
    しれませんね。気をつけます。
    ほんとは引っ掻かないように、エリザベスカラーをつけ
    たらいいとは思うのですが、猫の負担を考えると、それも
    二の足を踏んでしまいます(涙)。いったいどうしたら
    いいんでしょ。引っ掻かないで欲しいなぁ…。
    にきびをつぶす看護婦は、いかにもそんなことを
    やりそうな、しゃきしゃきしたセッカチタイプな女性で
    ございました(笑)。水樹さんのおっしゃるよう、確かに
    親切で教えてくれたのでしょうね(笑)。
    ありがとうございます。私も早く良くなるよう毎日
    祈っております~(^O^)

    >ナンコさん
    そうなのですよ。猫にもにきびがあるのですって。
    私も知らなかったのでびっくりしました。
    黒い小さなぼつぼつなので、黒猫だったら絶対に
    見逃してしまいそうです。
    病院では、今回ノアを連れて行かなかったにもかかわらず
    獣医にも「あなたたちの別の猫のことを覚えてるわよ」
    などと言われて笑われるし、お恥ずかしいったらありま
    せんよ~^^;

    >ゆーこさん
    そうなのですよ。犬はにきびなんてできないのでしょうか。
    なんで顎の下にだけできるのかも、不思議でなりません。
    おぉ、このブログが少しでも人さまのお役にたてた
    なんてうれしいお言葉(笑)。フィラリアの薬は毎月
    必要なのですね。うちはノミ防止の薬だけ毎月やって
    おります。
    治療がんばりまーす。応援しててくださいね!

  15. ソフィーちゃん、大変でしたねー。
    ニキビを掻いてつぶしちゃうなんて、人間の思春期みたい(^^;)
    猫の顎ニキビ、よくあるようです。猫は自分で顎、拭けないですものね。
    たいていは黒いブツブツ止まり(黒猫だとよーく見ないとわかりませんが・・・(^^;))だったりしますが、ひどくなると大変なのですね~。
    顎下に毛がないのって、ソフィーちゃん、どんな感じがするんでしょう(^^;)

  16. >月の輪猫さん
    あぁ、やはり猫のにきびをご覧になったことがおありなの
    ですね。私全然知らなかったので、最初ごみがついている
    のかと思ってしまいました(T_T)
    毛のないソフィーはとっても哀れな感じです。うぅぅ
    かわいそうに。剃ってみると、腫れていていかにも痒そう
    なので、掻かないようにさせるのが大変です。塗り薬をす
    ごく嫌がるのですよ~。
    早く治るよう祈っていてくださいね(^^)

  17. あらあら、痛々しい(;_;)

    しかし、よくもこんな場所をキレイに剃らせましたね。
    ソフィーちゃん、よく我慢したねぇ。
    (=ΦωΦ=)ヾ(^。^;) ヨシヨシ
     
    早く治るといいですね。
    ノアちゃんじゃなくて、ホント良かったわ~。

  18. こんにちわ
    猫にきび!
    うちの黒猫るぴあも一度なりましたよ。
    やたらと顎をもってくるので、なでてほしいのかと思ったら、プツプツ・・・
    人間の抗生剤入りの薬をちょいと塗って、顎を持ってくるたびに、撫でてやって・・・食後に口元を拭いてやるようにしたら数日で治りました。
    うちのは、人間を使うから、こういうときにはいいですね~
    獣医さんのところでは、看護婦さんや奥さんには良い子なのだけれど、確実に獣医さんを攻撃するので・・・(^^;
    病院は嫌いじゃない。むしろ好きかも・・・でも獣医さんは大嫌い!ということのようです。

  19. 猫にきび。初耳です。
    プラスチックアレルギーも知らなかった(^^;;;
    顎だもんねぇ。舐めたいところだが、掻くしかないもんね。ソフィちゃん。
    しかし、おとなしくて羨ましい。
    うち、みんな診察台でじっとしていませんから。体重すら量るの困難(;´д`)トホホ

  20.  ソフィーちゃん災難でしたね。私も猫のにきびとは寡聞に
    して知りませんでした。プラスチックアレルギーなんてのも
    あるんですね。使用している猫用食器は、ステンレス製のものなので特にあたらないとは思いますが、無難な選択なようでよかったです。
     診察台に上がるとおとなしくなるのはノリコも同じです(笑
     しかし待合室のキャリーの中では延々鳴いているので、
    なんとも恥ずかしい限りなんですけど。(^^;

  21. >riderさん
    そうなんですよ。見るからにもう痛々しくて。
    薬毎日塗ってます。すごく嫌がりますが(涙)。
    私も、こんなに見事にきれいに剃れるなんて、しかも
    麻酔なし!信じられません。ノアだったら、ノアだったら…(T_T)
    早く良くなるといいのですが~。

    >junjunさん
    おぉ、るぴあちゃんもにきびになったことがあるの
    ですか。よく気づきましたねー。私は黒猫だったら
    決して気がつかなかったかも。それにしても、ちゃんと
    顎をもってきて、そのたびに拭いてやるなんてすごい
    なぁ。
    いい治療ですねぇ。ソフィーはコットンや消毒液を
    準備する音を聞きつけただけで、すぐに逃げてしまいます(涙)。
    るぴあちゃんがうらやましー。しかし、獣医さんを攻撃
    するところは、ノアと一緒ですね(笑)。あぁ、どうか
    早く良くなりますように~。

    >piyoさん
    piyoさんがご存知なかったなんて、とっても意外です^^;
    私も初耳でしたよー。てっきりゴミがついているのかと
    思った。でもこれでどんなものか知ったので、これからは
    もっと早くから治療ができると思います。といっても
    もう繰り返して欲しくはないのですけど~。
    掻いてしまうところが困りものです(T_T)。このまま
    治りが悪かったら、エリザベスカラーかも…(涙)。

    >FZ-A茶飲み男さん
    プラスチックアレルギーで、顎ににきびができるなんて
    知らなかったら、思いもよらないことですよねー。
    うちも食器は陶器なので、セーフでした。でもにきびが
    できやすい体質だなんて、悲しい…(泣)。
    ノリコちゃんもソフィーと同じで、怖がりなのですね^^;
    攻撃的な猫よりはまだ鳴いているだけのほうがいいですよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください