ご飯と猫

猫にごはん

生しらす丼

今日の夕飯は生しらす丼だ。生しらす、初めて食べた。新鮮でくさみが全くなく、薬味もいらないくらい美味しかった。

もともと私はお刺身でご飯を食べるのが苦手なので(というのはどうしてもご飯よりもお酒が飲みたくなってしまうからだ)、生しらすなんかでご飯が食べられるだろうか、と思ったがけっこういけるものなのだ。
どこで生しらすを買ったかというと、こちら。
小田原の漁港、

猫にごはん

休日の漁港の主は猫

の近くの干物の店だ。炭火で焼いた干物を試食し、干物やしらすを購入し、そして魚市場食堂で朝ご飯を食べた。
お刺身で朝ご飯というのもどうも抵抗があるのだが(朝からビールが飲みたくなってしまうので)、漁港の2階にある食堂の活気と勢いにのまれ、朝定食をがっつり食べてしまった。Jが頼んだアジフライ定食とつみれ汁もとてもおいしかった。

猫にごはん

魚市場食堂の朝定食

お土産をもってJ兄宅へ行き、久しぶりにつくし嬢と対面した。前回のエントリーのソフィーの写真も、「雌猫!」という雰囲気がするが、こちらのつくし嬢の表情も、いかにも雌の雰囲気が漂う。
カメラ目線の凛々しい緑の瞳、そっとJ兄にふれる白い手が妖艶ささえ感じさせるではないか。この2匹ほんと女子力強しっ。

猫にごはん

つ「彼は私のものよっ」(きりっ)

6件のフィードバック

  1. 生シラスおいしいですよね~
    鎌倉・江ノ島方面に行くと、食べます。
    生魚でごはんを食べるのが苦手な理由がお酒というのに笑いました(^^)

    つくしちゃん美人ですねえ~
    私が行きつけのヘアサロンの1階に、お米屋さんがあって、そこに三毛猫ちゃんがいるんですが、やっぱり美人。
    三毛猫は美人率高い?
    そういえばソフィーちゃんも三毛ですもんね!
    雌猫って、本当に、美しい生き物ですよねえ…ためいき

  2. 生しらすは食べた事ないですが、noirさんのコメントで食べてみたくなりました。

    私は、ご飯の上にお刺身が乗っているのが、苦手です。
    酢飯ならいいんですけどね。
    熱々ご飯だと、お刺身が、あったまってしまうようで落ち着かないのです。(^^ゞ
    noirさんは、別の意味で苦手なのですね。それも納得。(^。^)

  3. つくしちゃん、美しいわ。
    いいなぁ、こういう飼い主を一途に愛してくれる猫。
    おじさんはちょっと違う系列の猫なので。(いや、おじさんはおじさんで非常にかわいいのですが^^;)

    生シラス。しらすが有名な地域の地元民としては、あるときを境に突然流行り出したイメージがありますが、個人的にはやっぱりふかふかに蒸した釜揚げシラスの方が好きです(笑)
    でもnoirさんの記事を読んで久しぶりに生シラスを食べたくなりました。

  4. >にゃうちろさん
    確かに三毛猫って美猫率高いかも!三毛猫振興会も作ればよかったか(笑
    ソフィーは三毛猫の端くれ、と言った感じかもしれませんが、まぁ美猫で
    あることは間違いないです←猫ばか(^O^)
    雌猫マーシャちゃんもほんと愛らしいですものね!
    うちのノアとソフィーがそうだからか、どうも雌猫のほうがいかにも雌らしい
    仕草をするのですよね。雄雌いると、そこらへんの比較も楽しいですよ~
    と多頭飼をすすめてみる(笑。

    >はるみさん
    あー分かります分かります。酢飯ならいいんですよ。はるみんさんに
    言われて気がつきましたが、全く同感です。
    冷めないうちに食べなきゃ、とあわてるところが、嫌なのです。
    酢飯だとその点ゆっくり飲みながら食べられるし(笑。
    生しらすはさすがの海の幸が豊富な北海道でも手に入りにくいでしょうか。
    おいしかったです~(^O^)

    >がらさん
    多頭飼じゃなくて、1匹だから飼い主に甘えるのかと思っていましたが
    おじさんのようなクールな猫もいましたねー。やっぱり雌猫ならでは
    なのでしょうかね。ノアとそっくりな、おじさんのワイルドなところ、私
    も好きです~。
    生しらすっていつから流行っているのでしょうね。そういえば、昔は
    そんなの聞いたことありませんでしたが、地元では昔から当たり前の
    ように存在していたのでしょうねー。いや、なかなか美味しかったです(^O^)

  5. Noirさん、かなりの時差のあるコメントでごめんなさい。
    すぐにでも書き込みたかったんだけどあまりに自分が猫ばかであることに思い当たり、ちょっと照れちゃって書き込めませんでした…
    でもやっぱり書いちゃいます!(なんだよ!)
    三毛猫は美猫率が高い、と思います!我が家のミストラルも…(ああ、猫ばか)
    つくしちゃんとそっくりの「うふん、彼は私のものよ」的な表情をして、夫にしなだれかかったりしてますから。本当にそっくりです!!他の方が「かわいいねー」って言ってくれると、
    「あたりまえじゃないの、ふん」という感じの顔をしてますし。

    私の大事な黒猫、今は天国にいる野枝は、彼女も雌だったけど、もうちょっときりっとしてました。なんというか、雌って言うより、性別を超越した長老みたいな貫禄があって、私も、夫も、野枝様に「くるしゅうない」って言っていただいてから、おそるおそるなでさせていただく感じでした。ではでは!!!

  6. >Karine-Kさん
    ふふふ。三毛猫ミストラルちゃんも美猫ですものね~。いいですよ~、猫バカ
    大好き(^O^) 照れながらも猫バカぶりを披露していただいてうれしいです♪

    旦那さまにしなだれかかるミストラルちゃんをみてみたいですねー。
    きっとザ・雌猫!って感じなのでしょうね。不思議ですが、ソフィーも
    どんな表情をしていてもメスにしか見えないのです。そういうタイプの
    猫がいるものなのですね。

    野枝ちゃんはきりっとしたタイプだったのですね。うちのノアもそうです。
    黒猫だから?!ノアもいつもとても凛々しい表情で、甘えるときはバカっぽい
    (笑)感じになるのですよね。三毛猫たちと大違いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください