猫いろいろ

お気に入りの動画「のせ猫」シリーズの真似をしてみた。

猫にごはん

うちののせ猫

ソフィーはよくこうして前足を長く伸ばして寝ているので、つい何か乗せたくなってしまうのだよね。不審そうな顔でゆずとみかんを眺めている。

今年はみかんをよく食べた。一箱みかんを送ってもらい、ほとんど一人で全部食べた。
みかんってつくづく優秀な果物だと思う。水分たっぷりだし、包丁もまな板も皿もいらず、洗わなくてもいいし、ごみも皮をくるっとまとめてコンパクトだ。

体重減少が続いていたノアは、最近あまり吐かなくなったので、ドライフードを療養食ではなく普通の老猫用に戻すことにした。すると体重も徐々に増え始め、4.1キロ→4.6キロまで復活した。療養食のほうが高カロリーのはずなのに、やっぱり普通のフードのほうが好きなのだろう。よく食べる。

猫にごはん

こんなに元気です

ソファの真ん中においたクッションに寄りかかって寝るのが、ここ数日ノアの大ブームだ。一日中呆けて寝てばかりだが、このまま元気で長生きして欲しいものだ。

3件のフィードバック

  1. ソフィーの迷惑そうな顔が、とても可愛いです。でも、動かないのはちょっと気に入っているんですかね。さすがにミカンは食べませんか。

    そして、ノア、元気が出て良かったです。

  2. ソフィーちゃん、何か言いたそうな顔してますね。かわいい。
    柑橘系の匂い、嫌いな猫多いけど、一応嫌がらずに載せたままにしているのね。
    そういえば、おじさんはあまり前足を伸ばして座っていることって少ないかも。

    そうそう、ウチも療法食のみにしていたらどんどん痩せた…というか、筋肉が落ちて行った感じです。お尻周り(足の付け根)が骨っぽくなって行きました。
    療法食ってカロリーは多いけどたんぱく質控えめ。
    恐らく、たんぱく質が少ないせいで筋肉が落ちて行ったのかなぁ?と推測しています。(素人考えですが)
    今は、ドライは大人猫用(シニアではない。シニア用だとやはり低たんぱく質なので)、ウェットは療法食で落ち着いています。
    人も猫も年を取ると色々気を遣わなくてはいけなくて大変ですよね(苦笑)

  3. >れんとさん
    みかんに限らず柑橘系は苦手みたいです。
    でもこんなもの乗せられてもじっとしているところが、おとなしくていいですよね。
    ノアだったら絶対無理です^^; あっという間にみかんを投げ出すはずです~。

    >がらさん
    うちの猫たちも柑橘系嫌いなのですが、みかん剥いていなければ、においしない
    のでしょうかね。
    ノアもおじさんと同様、あまり前足を伸ばして寝ることがないです。ましてや
    両手投げ出す格好なんて。こういうのみると、つい何か乗せたくなったり
    握手したくなります(^^)
    あー、やっぱり療養食のみだと痩せていきましたか。ノアもほとんど吐かなくなった
    ので、普通食に切り替えたのですが、体重もそれから順調に増えていきました。
    一応療養食が効いた(?)結果だ、と思いたいです。もうすぐ15歳ですが、
    シニア用とか、15歳以上とか、老猫用とか、最近たくさん種類があり過ぎて
    いったいどれが一番いいのかほんと悩みます。ほんと年取るといろいろ気をつかい
    ますよねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください