続 飛行船の恐怖

先月からうちの中にいる特殊な樹脂でできた飛行船。だんだん低空飛行になってきた。高みから見下ろされるのも恐怖だったが、すぐ近くにいるのはもっと怖い。たとえば寝ていてふと目が覚めると、枕もとにひっそり座っていたりするのだ。
この飛行船、わずかな気流に乗って空気とともに部屋中を流れる。どこにもいないと思って探すと、クローゼットの中にちんまり落ち着いていたりもする。いなければいないで非常に気になる存在なのだ。
そんな飛行船も、今や地を這うありさまだ。しかし大きさ自体は、不思議なことにちっとも小さくはなっていない。何ら変わりなく、ただ黙々と低空飛行を続けるのみ。あんなに最初は怖がっていたり、興味を示していたりした猫たちも、もうすっかり見慣れた飛行船には、何ら興味は示さない。猫にすら無視されてしまう存在。ガタイはでかいが、態度は小さい、居候のような良いヤツのような気がしてならないのだ。
完全に無視するノア。 → 完全に無視するノア

7件のフィードバック

  1. おおお、飛行船、戦艦のようですね。水を張ったお風呂とかにうかんだりするのだろうか。ヘリウムって空気よりおもいのですか?水より重くなったら、潜水艦?
    うちにいただいたヘリウム入り風船も地をはうようになり、今はスタンドにぶら下げて飾っています。おっきいヨーヨーのようでかわいいです。
    Jさん、noirさんの忠告がなければ、風船のヘリウムガス吸い込んで「帰ってきたヨッパライ」を歌ってみただろう。
    もし一人の時に実行して酸欠で死亡などしたら、らもに続く頓死になったやもしれぬ。らも同様、悲しいのかおもしろいのかわからなくなり、あげくのはてに「らしい最期」などといわれるのだろう。
    お二人は命の恩人だ。アメリカではそんな事故は起こってないのだろうか。

  2. わ~~あの飛行船まだ飛んでるんですね。
    ノアちゃん”もう邪魔ね。”って言ってるみたいですよ。(笑

    noirさんに「なかなかうい奴」って言ってもらって
    飛行船も喜んでるかもしれませんね♪

  3. あぁ、飛行船。
    実はずっと気になっていました。
    そっか、低空飛行でちんまり居候中なんですね。
    小さくもならず、落ちることもなく、一生居候状態?

  4. 寝ていて起きたら枕元にひっそり座っておられて、顔を覗き込まれていた・・・・。
    というのは、ちと怖いかも。
    寝ぼけて攻撃してしまいそうです。
    あぁ。私奥ゆかしいんだったわ。忘れてたよ(笑)
    攻撃なんてしませんわ~。

  5. >kさん
    風船の中のヘリウムはもう随分薄まっているそうなので、
    吸っても大丈夫そうですが、『帰ってきたヨッパライ』
    みたいにはならないでしょう。残念なので今度カラオケで
    でも聞かせてくださいまし。
    >「らしい最後」
    爆笑!想像してしまったじゃないですかっ!

    >やんやんさん
    まだ全然小さくならないで飛んでますよー。いったい
    最後はどうなるんでしょうね。ずっとこのまま?!
    だんだん愛着感じてきちゃいましたよ~(笑)。

    >マルコさん
    あれからずーっと居候状態でちんまりしてます。
    どうなっちゃうんでしょうねぇ、これから。
    クローゼットとかに入り込むのは、怖いから止めて欲しい
    んですけどねぇ(笑)。

    >nyaoさん
    今日も奥ゆかしいnyaoさん、こんにちは♪
    これ巨大だからかなり怖いです。酔っ払ってたら
    なぐり倒してしまいそうです。でも私も大和撫子なので
    そんなことは決していたしませんわ~(笑)。

  6. >NONさん
    いえ、おしゃれというか異様な風景のような気がするのですが…。^^;
    でも黒猫は何にでもよく似合いますからね(←バカです)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください