ソフィーがんばれ²

ソフィーはがんばっている。

がんばっているソフィーに、脱水防止のために輸液を点滴で注入1日2回(J担当)、栄養たっぷりご飯を強制給餌シリンジ2本を1日4回(私担当)。
猫にごはん
我ながら強制給餌の腕前はだいぶ上がった。準備の時間も合わせてだいたい10分くらいで済むようになった。
考えたら食欲旺盛だった数週間前までのソフィーは、ウエットフードしか食べず、それも食べてる途中で水分追加したり、お皿の向きを変えたり、寄せたり上げたり(?)、よく食べてえらいと褒めたたえたりと、朝晩2回各1時間くらいかかっていたのだ。それに比べれば強制給餌なんてあっという間だ。

これはJに抱っこされているソフィー。うとうとしている。
猫にごはん
ソフィーの体からはしっかりとした暖かさを感じるし、ささやかに抵抗する細く小さい腕からはまだ力強さを感じる。飼い主のほうは、自分がやっていることが正しいことなのかイマイチ分からないのだが、だから今ソフィーにしてやれることを後悔しないようにやろうと思っている。

5件のフィードバック

  1. ソフィーちゃん大好きなJさんの腕の中でうっとりしてる
    猫にどうしてほしいか聞けたらいいのに、と思いますよね。
    どうしたら一番いいのか悩みますが、かわいい我が子のためにできる限りのことをしてあげたいと思ってすることが一番なのだと思います…ソフィーちゃんはたくさん愛情もらってお世話してもらって幸せだと思います
    ゆっくりのんびり、頑張ってね〜ソフィーちゃん❢マーシャも応援してます

  2. ソフィーちゃんにとって、家族にとって、何がしあわせなのか、何を望んでいるのか、何が正しいのか…ずっと悩みますよね。
    多分、これは永遠のテーマなのでしょうね…。
    言葉で意思疎通が出来る人との関係でさえそうなのだから、言葉で意思疎通の出来ない者同士だったらもっと悩みますよね。
    でも、きっとnoirさんJさんが一番意思をくみ取れる人だと思うのです。そこは間違いない!上手く言えないけど気持ちは揺らいでも最後には自分を信じていいのではないかしら?
    ソフィーちゃんに、noirさんとJさんに、もちろんダンタカタンくんにも、幸運を!

  3. >にゃうちろさん
    そうですね、どうして欲しいのか教えてくれると助かるんですけど、猫は教えてはくれないですからねー。にゃうちろさんとマーシャちゃんに応援してもらえて、ソフィーも幸せです。できる限りのことをして、後悔しないようにしたいと思います。

    >がらさん
    ほんと、ペットの介護というのはいったい何が正しいのでしょうね。人間の介護だって難しいのに、動物ともなると本人が何を望んでいるのか分かりようがないですしね。でも考えだすと悩んでしまいますので、むずかしく考えずに今できることをたんたんとやっていこうと思ってます。
    応援ありがとうございます!励みになります。
    おじさんの大往生がうらやましいです。

  4. 皆頑張っておられます❣️確かに、本当はどう思ってるのだろうと不安になりますよね。
    二人の選択が正しいのです。
    1日2回の点滴に4回の給餌、ノア殿とJさんだからできることです。
    いくつになってもかわいいソフィーと、看護するお二人のご健康を祈っています。

  5. >Kさん
    ソフィーは本当にいくつになっても、こんな状況になってますます
    かわいいです。病院でも大人しいし、ノアの時と比べて手がかからないです。
    まるで子猫のようなのです。
    幸い今は二人とも出張もなくソフィーにつききりになれます〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください