さまざまな診断。

調子の悪いうちの車。あれから、放ったらかしにしているわけではない。トランスミッションの交換(もしくはこのまま放置か)を言い渡した、ベトナム人デイビッドの見立てに不信感をおぼえ、別の修理屋にも行ってみた。
ひとつは、友人Aさんから聞いたクワンズオート。韓国人(?)のおじさんは暇そうにしていたのにも関わらず、ちょっと車から出る不審な音を聞いてくれというと、だめだと断る。診断料65ドルを払わねば、ならぬのだ。そして、トランスミッションの問題ではないだろうと予想する。しかし、じゃあ何が原因だと思うか聞くと、教えてくれない。それには65ドル必要だと言うのだった。ちょっと感じが悪かったので別の店へ。
次に行ったのは、メキシコ人経営のルイス・トランスミッション。小さい修理屋で、混んでいる。ものすごく忙しそうに働いていたにも関わらず、メキシコ人カルロスは気さくだった。それなら今一緒に乗って、不審な音を聞いてやろうという。丁寧に油で汚れた手を洗い、わざわざ新聞紙を助手席に敷き、油の付いた作業着でシートが汚れないよう気を使ってくれる。二人で修理屋の周辺をぐるりと回ると、カルロスは言った。
「トランスミッションではない。フロントのベアリングとブレーキが悪い」
トランスミッション修理専門店にも関わらず、違うというカルロス。親切にも、別な店を紹介してくれた。しかも診断料もいらないという。いい人だ、メキシコ人よ。ありがとう。
紹介された店は、アメリカ人経営のブレーキ専門修理屋だった。なんでこうも専門分野に分かれているのだ。面倒だったらない。
カルロスが言うには、至急修理が必要だとのことなので、予約を取って、明後日アメリカ人の店へ行くことにした。いったいどこが壊れているのか。はたまた、同時に何箇所も壊れたのか。あぁ新しい車欲しい…。

ところで、車の修理屋はConvoySt.という大通り近くに多い。せっかくそこまで行ったので、通りに面したところにある日系スーパーに立ち寄る。日系スーパーは遠いし、週末は混んでいるのでめったに来ないが、平日の昼間は空いていて新鮮だ。
そこで、日本のみかんに一番近い、と以前誰かに教えてもらったことのある、『クレメンタイン』を発見。
見た目も普通の日本のみかんにそっくり。 →クレメンタイン

アメリカには『薩摩』という、見た目は日本のみかんにそっくりなのも売っているのだが、種があって酸っぱくて食べにくい。タンジェリンに至っては、缶詰のほうがおいしいくらいで問題外。その他、オレンジやネーブルなら安くてたくさんあるのだが、冬はやっぱりみかんでしょ。ずっとみかんが食べたいと思っていたのだ。
みかんの箱には、小さくてかわいくて、手で簡単に剥けると、わざわざ書いてあるのがおかしい。『クレメンタイン』、全然日本のものっぽくない名前のカリフォルニアみかんだが、なかなかどうして。おいしいではないの。確かに日本の懐かしいみかん。こたつがないのが、悔やまれる。

9件のフィードバック

  1. noirさんあのまま乗り続けていたのですね~。
    しか~し、修理屋によって壊れてる部分が違うと言われるのもちと怖いかも・・・・。本当に大丈夫??noirさんの車。。。。
    早く良くなって、快適なドライブをお楽しみくださいね~。

    みかん。。ほっとかれたら手が黄色くなるくらい食べてしまいそうです。

  2. これはね、きっとNOIRさんがカルロスのタイプだったのではないかと・・・。うん、そうに違いない。だって、文面から察すると、必要以上にカルロスがいい人なのが引っかかりますもん。

    ところで、柑橘系のフルーツ、僕も大好きです。最近毎日食べているのがテキサスさんのルビーフルーツ。美味しいですよ~。オレンジと比べると糖分もぐっと控えめだし、健康オタクの僕にピッタリです。

    で、カルロスだけど、NOIRさんはどう思いましたぁ?

  3. 一般的な韓国人やベトナム人のことはわからないけど、
    メキシコ人は概してみんな親切で気さくですよね。
    うちに来るガーデナー、プラマー、ハンディマン、みーんなメキシコ人ですが、いい人たちばかりです。
    仕事の腕は良くわからないけど(笑)、とりあえず「信頼できるいい人」というのは一番大事ですね~。
    クレメンタイン、おいしそう。
    試してみたいのですが、こんな大きな箱でしか売ってないの?

  4. えー、クワンのおっさん、ひどいなー。そんなんやったっけなー。以前はけっこうしっかりした日本人の女の人がバイトでいたんだけどやめてしまったんかな。無駄足ふませてしまって悪かったねぇ。
    たしかに今思えば初回に診断料払った気がする。

    >NOIRさんがカルロスのタイプだったのではないかと・・・
    間違いない。

    サツマっておいしくないんやー。へー。

  5. >>NOIRさんがカルロスのタイプだったのではないかと・・・
    >間違いない。
    に清き一票!
    だって、Jさんいなかったのでしょ?
    もし、2人で行ってたとしたら、どっちがタイプだったのだろう?
    場合によってはJさんという線も否定できん。(笑)

  6. >nyaoさん
    心配してくれてどうもありがとうー!!
    おかげでまだ無事です(笑)。
    nyaoさん、みかん好きなのね。よく手が黄色くなってる人
    いますよね。私も大好き!こっちだと、このみかんけっこう
    いい値段してしまうので、ちびちび食べてますー。
    やっぱり日本のみかんが一番です!

    >matthewさん
    健康おたくのmatthewさん、こんにちは♪
    ルビーグレープフルーツおいしいですよね!シーズンに
    なるとすごく安いし、ジューシー。酸味があって、これは
    日本のよりもおいしいような気がしますね。

    >>カルロスのタイプだったのではないかと・・・
    やっぱり?!きゃー恥ずかしいー(←バカ)。
    カルロスね、すごくナイスガイでした。←これほんと!
    やっぱりトランスミッションも換えちゃおうかな~(笑)。

    >マルコさん
    そうそう。メキシコ人の人っていい人多いですよね!
    マルコさんもそう思いました?男性が優しいし!
    やっぱりラテンだからか?!
    クレメンタインは、量り売りでも売ってましたよ。
    ほんと日本のみかんそのまま。みかん好きならぜひお試しを~。

    >あきこさん
    クワンズオート、日本人がいるかと思って期待していたの
    だが、外人(どっちが?)ばっかりだった。
    でもトランスミッションではないらしい、というクワンの
    見立ては間違っていなかったので、へんな店ではないと思う。
    何しろあきこさんの車が無事アメリカ横断できたのも、
    クワンのおかげだし?!
    でも、カルロスはナイスガイだったよ(笑)。

  7. >kさん
    >>場合によってはJさんという線も否定できん。
    ぶははは(爆)。
    この説に1票!!

  8. >kさん
    >>場合によってはJさんという線も否定できん。

    (PCの前でにやり)

    クワンの話だが、k3に話したら、私らのときも最初の診断料を払ってたことを思い出した。クワンのおっさんはちゃんと全部あけてしっかり見てくれていた。アメリカ横断できたのはほんとにクワンのおっちゃんのおかげだよ。
    カールスバッドで何度か行ったshopも、そういえば診断料取ってた。
    しかし、noirさん最終的に値段もリーズナブルで腕もよいところを見つけたんだね!さすが!
    よかったね!!

  9. >あきこさん
    やっぱり診断料は払うものなのか。確かに人件費かかるもの
    ねぇ。最初にトランスミッションだなどと診断したベトナム人
    よりは、クワンのほうがずっと誠実でいいと私も思う。
    いつかアメリカ横断するときには、うちもクワンに行くことに
    する(いつだ?)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください