猫にごはん

‘日常のこと’ カテゴリーのアーカイブ

夏の日のプレゼント

2016 年 7 月 18 日 月曜日

きれいにラッピングされリボンがかけられた四角い箱をたずさえて、友人が家に遊びに来てくれた。重さ約9キロのそれは…

猫にごはん

いただきものの重さを測る失礼な私たち

千疋屋のスイカだっ!
スイカがこんなにかわいらしくラッピングされているのを見るのは初めてだ。箱を開けてみるとプチプチや緩衝剤にカバーされ、おまけにヒンヤリとよく冷えているではないか。さすが千疋屋。

猫にごはん

今年の夏4個目のスイカ

触感が良くみずみずしくて、本当においしい!

先日帰宅したら、ノアが玄関まで出迎えてくれたのでびっくりした。ケージに入れて出かけたのに!どうして!よろけながらも歩いてるし!

猫にごはん

毛づくろいなどして余裕をかますノア

元気が出てきたのはうれしいが、まさかケージから脱出するとは思わなかった。出がけにしっかりジッパーを閉めたのは間違いない。ケージを確認するとなんとジッパーが破壊されているではないか。こんな力が出てきたとは。しかしぶつかると危ないし、家には段差もあるので、早急に何とかしなくてはね。

猫にごはん

我関せずソフィー

肉球とサーキュレーター

2016 年 7 月 3 日 日曜日

猫にごはん

ノアの肉球

ノアが寝たきり生活になって1ヶ月ほど経ったある日、ふとノアの肉球を見て、色が薄くなっているのに気が付いた。以前は黒または濃い紫のような色だったのが、今は何というか薄い茶色になってきた。歩かなくなると色が抜けるのか?もしくは今まで黒かったのはただ汚れていただけなのか?(以前のノアの肉球の色はこちら
色の薄くなった肉球に触ると明らかすべすべで柔らかくなっていて気持ちいい。あれか、赤ちゃんの足の裏が柔らかくてきれいなのに、大人になるとタコができたり(私)外反母趾になったり(私)ガサガサかかと(私)になったりするのと一緒か。

暑くなってきたのでサーキュレーターを買った。昨年来Jが買いたい買いたいと言っていたのを無視していたのだが、「ほらノアも暑いだろうし」の一言で買うことを決意した。何だか最近ノアにかこつけて色々なものを買っているような気がするが、気にするのはやめよう。検討の結果買ったのはこちら(おぉ、今みると在庫なしになっている。やったねJ←小市民)。
私は週に数日は在宅勤務をしており、エアコンの風が届かないパソコン部屋で仕事をするのも辛い季節になってきたのでちょうどいい。隣の部屋のエアコンの風をサーキュレーターで循環してパソコン部屋にも届くようになった。あー涼しい。
嫌がっているのはこちらのお嬢さん猫ソフィーだけだ。床置きのサーキュレーターの前を怖くて通ることができず、大回りして小走りで通り抜ける。そんなに怖がらなくてもねぇ。

猫にごはん

ソ「どうしよう、あっちに行けないわ」

インドア生活

2016 年 6 月 13 日 月曜日

猫にごはん

初丸ごとスイカ

スイカが美味しい季節になった。今年初の丸ごと1個スイカは、9.1キロというけっこうな大きさだ。今うちの冷蔵庫はスイカ中心になっていて、スイカ以外の余計なものは一切入る余地がない。

我が家の中心と言えばもちろんノアだ。状況はあまり変わらないが、うちの患者さん(ノア)は食欲があり、自己主張もはっきりするので、ナースコールが頻繁だ。つまり大声で鳴いて専属ナース(私)を呼び、その都度トイレだったり、水を飲みたがったり、ご飯を食べたがったり、寝返りをうちたがったりと。この調子でがんばれノア!
願わくば昼は起きて夜寝てくれるともっとうれしいのだが。

猫にごはん

グレープフルーツ実沢山ふるふるゼリー

もともとインドアな人間であったが、そんな訳で週末も家にずっといることが多くなった。最近気に入っているのはゼリー作りだ。固すぎず柔らかすぎず適度にふるふるが好きなので、色々な100%ジュースや牛乳で試した結果一番満足がいったのはこの分量だ。

皮をむいてほぐしたグレープフルーツ1個
グレープフルーツジュース470cc
ゼラチン7g
お湯30cc(ゼラチン溶かし用)
砂糖大さじ1

さらに最近Youtubeにヨガのレッスンがたくさんあるのを知り、家でヨガをやっている。大画面のテレビに映せばまるでヨガの個人レッスンを受けているかのよう。さて、ヨガマットを広げて...ってえーと。

猫にごはん

ソ「ヨガってこんな感じ?」

猫にごはん

ソ「一緒にやってあげる」

相変わらず邪魔です。

集うリニア好き

2016 年 3 月 27 日 日曜日

リニアモーターカーを試乗してきた。事前に申し込んで抽選で当選し(過去数回外れた)、当選から1週間以内にお金を振り込み、搭乗券が郵送で送られてきてやっと試乗という長い道のり。おまけにその日は平日だったが仕方あるまい。仕事を休んで、いざ山梨へ。

これが時速500キロの速さだ!(速さが非常に伝わりにくいが)

入口では、写真撮りまーすと満面の笑みで係員に誘導され、リニアのパネルから顔を出して(観光地にあるような顔出し看板)「はい、リニア♪」と撮影してもらった。その写真がこちら。
というのは嘘で、その写真はあまりに恥ずかしいのでボツ。

猫にごはん

リニア見学センターのモニター。浮上走行中だ

さぁいよいよ試乗。
130キロくらいになると、ふわりと浮く感じがすごい。音も静かになる。そしていよいよ500キロ。Jは出発前からずっと動画を撮影していたが、500キロに達したとき車内ではほぼ全員がモニターにカメラやスマホを向けて撮影していた。さすがリニア好きな人たちが日本全国からわざわざ集まってきただけのことはある。

猫にごはん

500キロ!

今回は途中で車両の調子が悪いとかで止まってしまいやり直しになったが、試乗時間が延びたことでJはむしろ喜び、そのことを激励のメッセージとともに降り口の係員の方に伝えていた。トラブルすらも嬉々として受け入れるリニア好きな人たち。さすがだ。

話は変わり、痩せてきてしまったノアをまた動物病院へ連れて行った。血液検査、触診、エコーなどやってもらったが特段目立った悪いところがない。怒ってはいたが驚くべきことにちゃんと触診もしてもらうことができた。あんなに昔から動物病院で猛獣のようになっていたノアを思うと、うれしいやら心配やらだ。
腸や胃の働きを助ける薬3種類を処方してもらい、少し様子をみることになった。幸い1週間で100g増えていた。薬が効いてこのまま体重が増えてくれるといいのだが。

猫にごはん

怒りを内に秘めるノア

いろいろ出かけることが続く 2

2016 年 1 月 31 日 日曜日

久しぶりの海外旅行は台湾!
こんな時期に旅行に行くことに決めたのは随分前の夏ごろのことで、やっぱり寒い時期には南国だよね的な軽いのりだった。ところが40数年ぶりの大寒波がきていて、そりゃあもう寒いこと寒いこと。ダウンと手袋を持って行ってよかった。山のほうでは雪まで降っていたが、雪が珍しい台湾の方たちは雪を集めてフロントガラスに乗せたりして楽しそうであった。

台湾といえば夜市!食べ物!猫!

猫にごはん

夜市で海老釣り

歩きながら食べきれる程度のカットフルーツがビニールに入って一つ100円程度。安い。おいしい。

猫にごはん

夜市で果物

食べ物はもうどれもこれもとておおいしいものであったが、どれか二つだけ選んだのがこちら。
(その他の食べたものの写真はこちら

まずは台湾の朝ご飯の定番は温かい豆乳と揚げパン。さくさくの軽いパンを豆乳に浸しながら食べるのだ。手前が塩味、奥が甘い豆乳。塩味の豆乳はもろもろになっていたが、そうかもろもろでも気にしなくていいのか。
朝ごはんは一人150円程度。安い。おいしい。体に良さそう。胃に優しい。毎朝食べたい。

猫にごはん

朝ごはんは豆乳と揚げパン

こちらの餃子の店はたまたまGoogleMapで調べて行ったフードコートに入っているような店だが、現地の人で行列ができていていかにも美味しそう。隣のテーブルのカップルの真似をして蒸餃子・焼餃子・スープを注文。中でも蒸餃子が、本当に感動的なおいしさだった。小龍包ではないのに肉汁たっぷりで、無防備に食べて盛大に汁を吹き飛ばした浮かれた観光客(私)に、ティッシュを差し出してくれた優しい隣のカップルの方、どうもありがとう。
これ毎日食べてもいい、とJは言っていた。蒸餃子200円程度。安過ぎる。

猫にごはん

感動的においしい蒸餃子

こちらは大餅包小餅というよく分からないもので、右側に山積みになっているコロッケのようなサクサクの揚げたもの(何も具は入っていない。粉を揚げたもの)を、クレープのような薄皮で包み、トンカチでサクサクのやつを粉々に砕いて、好きな味をまぶして食べるのだ。すごく行列もできていたし、芸能人らしき人たちの写真なども飾ってあったが、これほど食感だけの食べ物もあろうかという不思議な食べ物だった。サクサクやらもちもちやらの食感の合間に、ピーナッツ味(選んだ)がまぶさる。他にカレー味や辣油味もあった。うーんどうなんだろ。おいしいのか?

猫にごはん

大餅包小餅

そして猫飼いだったら行かねばならぬ台湾の猫村「猴硐(ホウトン)」
雨で寒い日だったので、駅ではそこかしこの段ボール箱に猫が丸くなっていた。みんな人懐っこいし、太って毛艶も良さそうだった。暖かい日にもう一度行きたい。

猫にごはん

猫村の猫は休息中

こちらは夜市でみかけた猫。店の中を平気で歩いていた。

猫にごはん

夜市でも猫

夜市で花文字(吉利字画)を書いてもらった。ものの数分でハガキ大の文字を書いてくれる。1500円程度。

猫にごはん

花文字

気楽で楽しい台湾。外国という気がしないし、怪しげな屋台で食べてもお腹も壊さなかったのがうれしい。味付けは全体的に薄味だがしっかり味付けされている感じで、不思議と食べながらアルコールを飲む感じも雰囲気もしない。見回しても本当に誰も飲んでいないし、アルコールどころか飲み物も飲んでいない人が多い。基本水やお茶などペットボトルを持ち込めば良いらしく、日本のように水を出してはくれないので持参するに限る。ただしこれは私たちのようにB級グルメばかり食べていたからかもしれない。でもどれも本当においしかった!

RSS/猫にごはん


(2005/01/17~)