花のエッセンス

最近ボランティア先でもらわらる猫が多く、回転が速い。いいことだ。一度会ったきりの猫や、性格をおぼえる間もなくいなくなる猫たち。みな元気で幸せになってもらいたいものだ。
先週スプレーをしたウォルターも、すでにもらわれていったし、ウォルターに襲われそうになった熟女コスタももらわれた。
熟女コスタをもらってくれた里親は、とてもやさしそうな年配の女性だった。しばらく猫の話をしていると、突然「日本のどこから来たのか?」と私に尋ねる。なぜ日本人だと分かったか聞いてみると、一言。
「アクセント!」
がーん。ちょっとショックなのだった。ま、仕方ないか。英語の発音の悪さはもうあきらめた。
すでにこの女性は3匹の猫を飼っている。なぜもう1匹猫が欲しいのか聞くと、3匹だけでは寂しいからという。いいなー。こんなこと言ってみたい。申込書からすると、けっこういい地区の一軒家に住んでいる。きっと広い大きな家なのだろう。うらやましい限りだ。
ところで、先週大興奮していたウォルター。ミシェルが教えてくれた秘密の薬はこれ。RescueRemedycoco5628さんがコメントで教えてくれた通り!)だった。
RescueRemedy.jpg
別に秘密でも高価なものでもなく、13ドル程度で買える花のエッセンスだった。猫用というわけではなく、人間用のもので、妊婦が使ったり、首に塗ったり、水と一緒に飲んだりすると落ち着く、アロマテラピーのようなものらしい。Webで検索したところ、猫の発情期に口に数滴垂らすと落ち着いたとレビューに書いている人もいたので、使い方は間違っていないようだ。
これが効いたか効かないか定かではないが、ウォルターはその後特に問題行動もなく、スプレーもしなかったそうだ。効き目があったのだと思いたい。しかし、あのスプレー後の部屋はあとあとまでかなり臭いがしていたらしく、部屋が臭いと苦情があったとのこと。消毒洗剤だけではだめだったか。花の香りも太刀打ちできず。恐るべし猫スプレー。

10件のフィードバック

  1. あ、noirさん、我が家にもあります、
    レスキューレメディ!
    前の猫のために買ったのでした。
    使い方を間違ってしまい、原液を舐めさせたら
    げぼげぼ吐かれてしまいました。(強烈ビネガーですものね・・)

    スプレーウォルター君、きっと不安だったんでしょうね。
    フェリウェイも効果があるって聞きました。
    (既に話題になっていたらごめんなさい)
    我が家に黒吉が来た時、不安そうだったので買ったことがあります。

    余談なんですが、私が居たコロラド州では、当時(10年前)
    飼育ペット数は、一家に3匹が上限という法律があったんですよ~。
    確か、沢山の野良さんを個人的に保護されていた方が逮捕されるという
    悲しい事件もありました・・。

  2. よかった~もらわれる猫が増えて。
    うちの近所の野良猫たちも飼い主探しをしたり、避妊去勢手術したりしたいけど、個人での活動には限度があり、ボランティアグループが存在するか調べてみようと思っています。

  3. 『レスキューレメディ』というネーミングが良いですね。
    いかにも女の子には効き目がありそうで…。
    3匹だけでは可哀想なおば様…うちみたいな1匹飼いの猫なんて考えられないくらい可哀想な猫なのかしら…。

  4. レスキューレメデイ。
    英語サイトなのね。(←当たり前か。)
    16ドルって日本円でいくらぐらいになるんだろ?
    日本でかえば2,000円前後くらいだったよーなきがする。
    16ドルもそれくらいかしらね。
    物価がちがうので、価格で基準がわかるわけではないけど。

    レスキューは、これ1本でまにあうけど、本来は、何本か種類別に揃えて調合するという使い方なので、何本もかうと、かなりな価格。日本は輸入してるから、その分高いのか。

    バッチ博士というのは、すでに故人だけど、ちゃんとした医師で、晩年花のパワーにとっつかれて研究に没頭したひとらしい。ユングが晩年塔にこもって瞑想しちゃったみたいなのか。(←一緒にすな。)
    もとのエッセンスは、無味無臭で、ただの水に感じるです。
    日本では、アロマショップなどにいかないと、おめにかかれないですが、アメリカなどでは、よく普及してるらしい。(知らないけど。)以上、しったかぶりの「うんちく」でした。

    て、そのよーなことは、英語で、説明してあるのかもしれないな。

    うちにもレスキューは、1本あるので、みてみたら正味期限きれてた。3年くらい前にかってた。もったいないので、お茶にいれて飲んでいるとこです。

    それにしてもアメリカは、大きな猫ちゃんでも、よく里親みつかるみたいで、うらやましいなあ。
    日本だと、生後3カ月すぎると、ほとんど絶望的。問い合わせも、なくなってしまうです。

  5. やむをえず。。場合によってはブログを移転するかもしれません。ただいま検討中ですが詳しくは最新記事をご覧下さい。

    記事に関係のないコメントで申し訳ありません。

    取り急ぎで失礼いたします。

  6. noirさん、はじめまして。ナンコといいます。1匹のネコと一緒にテネシー州に住んでいます。
    hitomiさんのサイトから遊びにきました。(あ、上にhitomiさんがっ♪)

    noirさんの日記、しばらく前から遊びきててupdateを楽しみにしていました。楽しい日記ですね。ノアくんとソフィーちゃんも可愛いです。
    あと、パン作りというページにも反応してしまいました。わたしも時々パン作りをします。

    サンディエゴ♪気候がいいと聞くので、いつか住んでみたい所です。雑誌で見たらサンディエゴ、「アメリカ国民が定年後に住みたい土地NO. 1!!!」にも輝いてました。やっぱりみんな住みたいのね、サンディエゴ…(笑)

    これからも遊びにきますね。どうぞよろしく。

  7. Noirさ~ん。 英語のアクセントは気にしないように♪ これがフランス人でも、彼女は「フランスのどこから来たの?」って質問になってただろうし。 その国、その国で違うアクセントがあるから(イギリス人にはイギリス人の、インド人にはインド人の)、決して悪い事ではないですよ~。 英語なんて、通じればばっちぐーなのです! 

  8. >hitomiさん
    hitomiさんもお持ちなんですか!やっぱり猫のために購入
    されたんですね。スポイトみたいになってて、原液をそのまま
    口の中に垂らせと言われたので、私もその通り原液を数滴
    舐めさせてしまいました。嫌そうな顔してましたけど、吐き
    はしなかったです。強烈ビネガー?!ひー、次から気をつけ
    ますー。しかし、だとしたらどうやって舐めさせるのがよ
    かったのでしょうか…。
    フェリウェイというの、知りませんでした。Webで検索
    したら、これも落ち着かせる作用がある薬なのですね。
    いろいろ探せばあるんですねー。今度飛行機に乗せるときは
    ぜひ試してみたいと思います。教えていただきどうもあり
    がとうございます♪
    たまに自宅を猫屋敷にしてしまい、病気の猫たちがたくさん
    保護されたという話を聞きます。Animalチャンネルでよく
    やっている。本人が善意であることから、余計ものがなしい
    話ですねぇ。一家に3匹までか…、サンディエゴにこの法律
    があったら、知り合いたくさん捕まりそうです(笑)。

    >ラムさん
    個人で野良猫の世話をすると、金銭的にもたいへん負担が
    かかることと思います。東京の一部の地域では、区から
    助成金がでたり、マイクロチップが無料で入れられたりする
    そうです(←あゆさん情報
    http://blog.goo.ne.jp/ayu1117/e/ea60da77156c5e20ca31285e11f2749c)。
    組織だって世話をしているボランティア団体が身近にあると
    いいですね。

    >rambling roseさん
    『レスキューレメディ』、治療とか矯正とかいう意味らしい
    ですが、妊婦におすすめしているサイトを多く見つけたので
    確かに女性に効くのかも!あのときは気が動転していて
    じっくり匂いをかげなかったので、次入ったときに、少し
    自分で試してみますね♪性格改善されるかも~(笑)。

    >coco5628さん
    日本で2,000円前後なら、そう変わらないですね。アメリカ
    がすごく安いなら、個人輸入して儲けようと思ったのに(←安直な発想)。
    ただの水のような無味無臭なのですか。へー。お茶にいれて
    も、味は全然変わらないのですね?いやー、cocoさん、
    それにしてもすごく詳しい!
    アメリカでも子猫に人気が集まるのは日本と同じなのです
    が、大人の猫(も犬も)に対して、抵抗感がないのに
    私も最初とても驚きました。しかもね、年寄りで病気な猫
    ほど案外早くもらわれるのです。うちで余生を過ごさせて
    やりたいと思うらしい。アメリカ人は、人間の里子制度も
    しっかり根づいているように、大人の動物たちもどんどん
    里子にもらうので、感心します。
    アメリカは家が大きいから、余分な動物を飼う余裕がある
    からだろうか。
    3ヶ月過ぎると絶望的だなんて、かわいそうすぎる~!

    >bunnyさん
    さっそく拝見してきました。なんで、なんで~。
    bunnyさん、どうかお気を落とさず、元気を出してくださ
    い。応援しています。ファンがたくさんいると思いますよ。
    あぁ、どうかがんばってください!

    >ナンコさん
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    さっそくナンコさんのサイト、拝見しました~♪
    パン・おやつ・猫というタイトルが、たいへんそそられ
    ますねぇ(笑)。ミミちゃんもかわいい!まだ子猫なん
    ですか?やんちゃそうでいいですねー。うちのソフィーと
    似ているような気がします!
    サンディエゴは気候がいいのだけがとり得なのです。
    わざわざ観光にくるところではないのですが、いつでも
    天気はよくて暖かいです。そうなんですよ、定年後に引っ越
    してくる人も多いそうです。おかげで家賃も物価も高いこ
    と…(泣)。毎回毎回、全米一ガソリンも高いんです
    よ~~~~!!き~!!
    あぁ、つい興奮してしまった。こんなところですが、どうぞ
    また遊びに来てください。
    これからもよろしくお願いします♪

    >雅子さん
    あぁぁぁ、アクセントって悪いことではないの?
    ほんとに?よかったー。お前の英語は訛ってて聞きづらいん
    だよ!と言われているようでショックだったんですよ~。
    まぁアクセント以前に文法の問題も大なんですけどね(泣)。
    雅子さんがうらやましー。応援ありがとうございます。
    がんばりまーす。

  9. スプレー・ウォルターも熟女コスタももらわれて
    他の子達もすぐ里親さんが見つかって嬉しいですね♪
    レスキューレメディ…ウチはもう、スプレーされる心配ないけど
    車に乗るのに慣れていない子とかにいいかもしれないですね。
    LOFT売ってるのを見た記憶があります。ハンズだったかな…!?

    猫スプレー…強烈ですもんねぇ(笑)
    あのニオイは…嗅ぎたくないニオイNo.1かも…。

  10. >踊る運び人さん
    Loftで?それではけっこうメジャーなものなのですね。
    みなさんご存知でお恥ずかしいー。乗り物に乗るときとか
    確かにいいですよね。いずれ帰国時には飛行機に乗せなくては
    ならないので、そのとき使うのもいいかと思っております。
    スプレーの臭いは、一度嗅いだらほんとにこりごりですね(笑)。
    今でも思い出しくささが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください