木製爪とぎ

うちにはいくつか猫の爪とぎがあるが、ダンボールタイプの爪とぎは、以前あずきさんからいただいた愛用中のバーダンと、もう一つ斜めの立体爪とぎがある。これはいつ買ったものか検索してみたところ、2005年ノアの誕生日プレゼントだったことが判明した。もう6年以上使っていたのか。
もちろん爪とぎ部分は交換しているが、外側の枠はアメリカからわざわざ持ち帰ってきて、ガムテープで補強してまで使っていたがさすがに崩壊寸前。不安定になっていたため慎重なソフィーは乗らない状態が続いていた。

そこでこちら。

猫にごはん

奥が新しい木製斜め爪とぎ。手前が古いダンボール製斜め爪とぎ

木製立体型斜め爪とぎ(J作)。
余っていた材木でちゃちゃっと作ってくれた。普通、マンション住まいの家で材木が余っているのはおかしいだろ、とつっこみを入れたいところだが、余計なことは言うまい。
直角三角形の斜めの角度は正確に30度。ルートの計算が実生活で使われている!数学ってこういうときに役にたつものだったのか。
古い爪とぎの角度は約20度程度。猫たちに刺激を与えるため今度は45度くらいの急勾配ではどうか、と口出しをしたのだが(←無視された)、出来上がってこうして比べてみると、30度でもけっこうな急角度になった。

猫にごはん

ソ「大丈夫かしら」

台の下の支えになっている部分が、中央寄りなのが気になる。一番高いところに猫が乗っても傾かないのだろうか。しかし、綿密な計算に基づいて足の部分の位置を決めたのだから、絶対に大丈夫だと、自信満々なJ。
果たして猫たちの反応はいかに。

猫にごはん

ソ「なかなか具合がいいわよ!」

ソフィーは思っていたよりも、ずいぶん高いところで爪をとぐが、爪とぎは安定しているようだ。そして予想通り、2匹とも頭を下向きにして爪をとぐ。なぜこの人たちはいつも逆向きになって爪をとぐのだろう。
突如として現れた木製爪とぎに何の疑問も抱かず、猫たちは迷いなくばりばりと爪をといでいる。

猫にごはん

ノ「ぼくも斜めの爪とぎ好き!」

ありがとうJ。
木製爪とぎは、インテリアとしても悪くないように思える(←もはや猫バカが高じて、感覚がマヒしているだけなのかもしれないが)。そしてこれをオークションに出したら、いい値段がつくのではないかと妄想する私(←悪魔)。

12件のフィードバック

  1. さすが、Jさん。既製品みたいにきれいな仕上がりですね。
    もっと急勾配にしたら、さすがに上向きに爪をとぐのでは?何度までなら下向きで爪をとぐのか、ぜひ試して欲しいです(笑)。

  2. あら、素敵な爪研ぎですね。
    本当に売り物みたいに美しく仕上がっているわ!
    我が家は平置きと、テーブルの脚に縦に括り付けたものの二つがありますが、斜めにするっていう発想はなかったわ!
    今度あたしも日曜大工して斜め爪研ぎを作ってみようかしら?(笑)

    ちなみにあたしは職業柄しょっちゅうsin、cos、tanを使っています(関数電卓必須!)

  3. わ~とっても素敵な爪とぎ!!
    良い感じです~
    うちも欲しい(笑)
    Jさんはなんでもできるのですね~
    ふたりとも、頭を下にして研ぐのは、なんでだろう?
    うちだったら頭を上にしてとぎそうだけど、どうなのかなー
    バリバリといでる様子を見ると嬉しくなりますね!

  4. >マルコさん
    ふふふ。もっと急勾配も試してみたいですよねー。45度バージョンも作って
    もらおうかな(笑)。
    なぜ下向きに爪をとぐのかわかりませんが、しつこくばりばりと爪をといで
    いる様子をみると、頭に血がのぼらないか心配になります^^;

    >Kurageyakannnoさん
    私も売れるような気がします。しかし自分でつくったものではないので、
    売るときはこっそりやろうかと…^^;

    >がらさん
    ぜひ作ってみてくださいませ。家の中に余っている材木がありますか(笑?
    うち、あと10個くらいつくれそうなほど、材木あるのですよ。(どうに
    かしてー!)
    テーブルの脚に括り付けるって、いいですね。家具で爪とぎやらなく
    なりそうですねー。
    仕事でsin、cosなんかを使っているのですね。そういう単語、むかーし
    聞いたことあります(笑)。私、自分が持っている電卓が関数電卓であっ
    たことを先日知ったばかりです。

    >にゃうちろさん
    ほんと、どうして頭を下向きにして爪とぐのでしょうねぇ。
    この斜めの感じがそうさせたくなるのか。
    猫がバリバリといでいるのみるの、私もうれしいです♪
    なんだか一生懸命といでいるのが伝わってきますよね。こんなに全身で
    がんばったら、ストレス発散できそう。猫ってうらやましい。

    >momochinさん
    では出品時秘かにお知らせいたします。
    Jには内緒ですので、ごにょごにょごにょ…

  5. 素晴らしい爪とぎですね。
    ぜひ、製品化してください。

    その時は、角度可変タイプにしていただき
    猫さんが、爪とぎに飽きたら、人間の足のストレッチ台とか
    垂直にして、ガラスを入れて、額にも使えそうですよ。

  6. >クロpapaさん
    角度可変タイプは5000円増になります(←うそ)。
    垂直にして額にするのもいいですねー。裏面はガラス張りにしておいたら、
    ふいの来客時にはひっくり返してつかえそうです(笑)。
    可変タイプを製品化した際には、よろしくお願いします(^O^)

  7. おお!なんて素敵な爪研ぎ!
    私も買います買います!
    ぜひご一報を。

    うちのバーダンは今回2ヶ月で両面ぼろぼろになりました。
    段ボール集めてまた作らなくちゃ。

  8. >あずきさん
    ほんとですか!それでは製品化したあかつきには、ぜひとも購入者第一弾に
    なってくださいませ。(←売りつけるつもりか?!)
    あの丈夫なバーダンが2か月で両面だめになるなんて、ほんとに信じられませ
    ん。
    うちのはまだ片面だけですが、もったいなくて反対の面を出し惜しみして
    おります^^

  9. 相変わらずええ仕事してますねえ。Jさん。
    てっきり、買ってきた高級品だと思った。

    正確に30度なんてどうやってつくるのだろう。
    短い方とななめを1:2にすればいいんだったっけ?
    足の位置まで綿密に計算したなんて、Jさんらしい。

    それにしても見事に2匹とも下向きですね。
    この角度がいけるんだったら、
    スキーとかできるんちゃうかな。

  10. >Kさん
    正確に30度を出すには、√3とかつかってましたよ。ルートつかってどうや
    って計算するのか、説明してくれましたが、まったく覚えていません^^;
    確か直角三角形がどうの、と言っていました(←全然身につかない)
    この爪とぎ、人間も猫も気に入っておりますが、中が空洞なので、けっこう
    ばりばりと大きい音がします。それもまた猫たちが気に入ってる理由のひとつ
    のようですが、夜中に突然ばりばり聞こえるとびっくりします^^;
    スキーできますかね。やっぱり次はもっと鋭角にしてもらって、鍛えると
    するか(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください